現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 初体験の愛車を最後の伴侶に! 三菱「ランサーEX1800GSRターボ」のドッカンターボは病みつき注意です

ここから本文です

初体験の愛車を最後の伴侶に! 三菱「ランサーEX1800GSRターボ」のドッカンターボは病みつき注意です

掲載 13
初体験の愛車を最後の伴侶に! 三菱「ランサーEX1800GSRターボ」のドッカンターボは病みつき注意です

最初に乗った忘れられないクルマが「ランタボ」だった

今から30年前、免許を取って一番最初に買ったクルマがA175型の「ランタボ」だったという新美明直さん。やはり最初に購入したクルマというのは思い出深く、人生最後のセカンドカーとして三菱「ランサーEX1800GSRターボ」の購入を決意したという。オーナーに詳しくお話を伺った。

「インプレッサ」に「ランエボ」のラリーレプリカが富士に大集合! 初開催「ラリーファンミーティング」とは一体どんなイベントだった?

ファミリーカーの姿でぶっちぎりの速さ

スポーツカーさえもビックリさせた存在で、世界に類無き走りをみせて衝撃を与えたハコ車が三菱「ランサーEX1800GSRターボ」だ。

「ランタボ」の愛称で今でも人気が高いランサーEXターボがデビューしたのは1981年春。WRC参戦を睨み、まず海外専用として2.0Lモデルがデビューした。そして半年後、いよいよ国内モデルとして1.8Lモデルを導入。さらに2年後、インタークーラー付きターボとして160馬力バージョンが登場したのだ。ファミリーカーの姿をしていながらもじつは速く、スポーツカーをもぶっちぎる! そんな掟破り、型破りな意外性が魅力のクルマだった。

最初に乗った忘れられないクルマ

愛媛県在住、現在50歳を迎えた新美明直さんは今から30年前、免許を取って一番最初に買ったクルマがA175型のランタボだった。ただ、当時はトラブルが多く、クルマは気に入ってはいたが、維持するのに手間が掛かるという理由から手放すことを決意。当時のアウトドアブームに乗っかってトヨタ「カルディナ」を購入し、キャンプに目覚めてしまう。そこからキャンプ熱はエスカレートし、その後のクルマもいすゞ「ビックホーン」を2台乗り継ぎ、そこからもオフロード車を乗り続け、最終的にはボルボで落ち着いたのだそう。

ただ、そうした車歴の中で、やはり最初に購入したクルマというのは思い出深く、不思議と再び乗りたいという気持ちになった。そこで、人生最後のセカンドカーとしてランタボの購入を決意。ネットオークションを見ると、よく手入れされていそうな車体があったので落札したと話してくれた。

新美さんに再びランタボのステアリングを握って運転した感想を聞くと、

「昔と変わらず3000回転からブーストがイッキに立ち上がるドッカンターボの感触はたまりませんね。現代のクルマでは味わえない面白さです」

という。もちろん、この歳でガンガン飛ばしたりはしないが、かつて「羊の皮を被った狼」なんて表現されたように、いざとなったらクルマが豹変する強烈な加速は健在なのだ。これは、クルマの走りが好きな人にとっては中毒性があるので気をつけてもらいたいとだけ忠告しておこう。

当時のまま音楽もカセットテープで楽しむ

基本的にパーツについては購入した当時のまま。フロントグリルにマウントしたフォグランプやワタナベエイトスポークのホイールは購入時から付いていて、よい感じなのでそのままにしている。また、オーディオはCDに変わっていたが、この時代ならカセットデッキということで、中古パーツショップでアゼストのカセットコンポを購入して交換した。ちなみに懐かしのカセットテープ入れにはサザンオールスターズやEPO、森川美穂の録音テープが並んでいた。

今後の予定は現状維持ということだそう。すでに購入後、エアコンを修理してオルタネーターも新品に交換した。エンジンは今のところ絶好調なので、あまり飛ばさずに大切に乗り続けると話してくれた。

こんな記事も読まれています

手放した三菱「ランサー」が夢にまで! 再び手に入れて「篠塚健次郎」仕様ラリーレプリカを再度作っちゃいました
手放した三菱「ランサー」が夢にまで! 再び手に入れて「篠塚健次郎」仕様ラリーレプリカを再度作っちゃいました
Auto Messe Web
歳の差21才! 平成ボーイが本気で惚れた旧車は日産「セドリックバン」でした。当時のエンケイマグホイールをセット!
歳の差21才! 平成ボーイが本気で惚れた旧車は日産「セドリックバン」でした。当時のエンケイマグホイールをセット!
Auto Messe Web
「ハコスカ」にバンがあった! シングルナンバー「4」にこだわり総剥離後オールペンしてワンオフ車高調いれました
「ハコスカ」にバンがあった! シングルナンバー「4」にこだわり総剥離後オールペンしてワンオフ車高調いれました
Auto Messe Web
アバルト「124スパイダー」でサーキットに目覚める! 装着パーツは数しれず、肝心のタイムはといえば…
アバルト「124スパイダー」でサーキットに目覚める! 装着パーツは数しれず、肝心のタイムはといえば…
Auto Messe Web
クルマ趣味でアガリの1台といえば「フィアット500」! 元ランチア「デルタ」乗りが「ヌォーヴァ・チンク」を手に入れた感想は?
クルマ趣味でアガリの1台といえば「フィアット500」! 元ランチア「デルタ」乗りが「ヌォーヴァ・チンク」を手に入れた感想は?
Auto Messe Web
ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます
ポルシェ「911」乗りのデイリーカーはフィアット初代「パンダ」! ほぼオリジナル状態に戻して通勤にも使ってます
Auto Messe Web
「M3」最後の自然吸気ストレート6! 1220万円と新車当時と変わらない落札はバリューがあるのか?
「M3」最後の自然吸気ストレート6! 1220万円と新車当時と変わらない落札はバリューがあるのか?
Auto Messe Web
サーキット遊び車を「R33 GT-R」から「アバルト500」に乗り換え!「うまいこと操ってる感がいいんです」
サーキット遊び車を「R33 GT-R」から「アバルト500」に乗り換え!「うまいこと操ってる感がいいんです」
Auto Messe Web
18歳、免許取っていきなり「TRUST」コンプリートカー!?「GReddy」パーツオンパレードでカスタム費用がかかりません!
18歳、免許取っていきなり「TRUST」コンプリートカー!?「GReddy」パーツオンパレードでカスタム費用がかかりません!
Auto Messe Web
初フィアットの「プント」は成田エクスプレスとして大活躍! ジウジアーロのデザインも冴えてました【忘れじの車】
初フィアットの「プント」は成田エクスプレスとして大活躍! ジウジアーロのデザインも冴えてました【忘れじの車】
Auto Messe Web
トヨタ「86」のエンジンを3センチ下げて楽しいコーナリングマシンに! TRUSTターボキットでパワーも十分
トヨタ「86」のエンジンを3センチ下げて楽しいコーナリングマシンに! TRUSTターボキットでパワーも十分
Auto Messe Web
運命の出会いから32年! 今や貴重となったシングルナンバー、どノーマル「ビートル」を譲り受けた条件とは?
運命の出会いから32年! 今や貴重となったシングルナンバー、どノーマル「ビートル」を譲り受けた条件とは?
Auto Messe Web
46年間水洗い洗車なし! 日産「セドリック」を新車から美しい状態で乗り続けてきた洗車術とは
46年間水洗い洗車なし! 日産「セドリック」を新車から美しい状態で乗り続けてきた洗車術とは
Auto Messe Web
ランボルギーニ「カウンタック」が破格の1125万円! 中身は399ccのエンジンを搭載した「キッズカー」でした
ランボルギーニ「カウンタック」が破格の1125万円! 中身は399ccのエンジンを搭載した「キッズカー」でした
Auto Messe Web
ISのエンジンは快感製造機!? スープラのフィーリングが最高! 最強エンジン搭載の国産車3選
ISのエンジンは快感製造機!? スープラのフィーリングが最高! 最強エンジン搭載の国産車3選
ベストカーWeb
ピニンファリーナが手掛けたベントレーは7420万円! ワンオーナー走行距離741キロの「ターボR ドロップヘッドクーペ」とは
ピニンファリーナが手掛けたベントレーは7420万円! ワンオーナー走行距離741キロの「ターボR ドロップヘッドクーペ」とは
Auto Messe Web
VW「ビートル」にスバル「サンバー」のスーパーチャージャーを装着! ドラッグレースでの念願の優勝は愛する嫁のおかげでした
VW「ビートル」にスバル「サンバー」のスーパーチャージャーを装着! ドラッグレースでの念願の優勝は愛する嫁のおかげでした
Auto Messe Web
「好きなのに乗っていいよ!」「じゃあ、フィアット8Vで!」博物館の貴重なクルマを極東のジャーナリストに預ける懐の深さよ【クルマ昔噺】
「好きなのに乗っていいよ!」「じゃあ、フィアット8Vで!」博物館の貴重なクルマを極東のジャーナリストに預ける懐の深さよ【クルマ昔噺】
Auto Messe Web

みんなのコメント

13件
  • ランタボね。学生時代に先輩が乗っててよくスピード違反で捕まってた(笑)
  • この時代のターボは上が凄くてドッカンというより圧縮比低すぎて低回転が話にならない車ばかりだった記憶
    知り合いのインタークーラー付き乗った時に自分のAE86パワステなしよりハンドルが重いのでGTだと思ったらパワステ標準装備のGSRで驚いた
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

182.7305.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.0119.8万円

中古車を検索
カルディナの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

182.7305.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

17.0119.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村