現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの国産車 34】トヨタ カルディナはワゴンであることを忘れさせるほどパワフルなドライバーズマシン

ここから本文です

【懐かしの国産車 34】トヨタ カルディナはワゴンであることを忘れさせるほどパワフルなドライバーズマシン

掲載 更新 9
【懐かしの国産車 34】トヨタ カルディナはワゴンであることを忘れさせるほどパワフルなドライバーズマシン

今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回は「トヨタ カルディナ」だ。

トヨタ カルディナ(2002年)
トヨタのワゴン、カルディナが3代目にフルモデルチェンジされた。スタイリングは従来型から一新。つり目風のヘッドランプや、三角形のリアクオーターウインドーとDピラー、そしてリアコンビランプも三角形と、デザインのモチーフには三角形を多用して、スポーティさを強調しているようだ。

【くるま問答】最近のクルマにテンパータイヤはない。パンク修理キットをどう使う? 最高速は?

サイズ的には、全長は従来型よりわずかに短く全高も少し低められているが、全幅は1740mmに広げられ、全グレードで3ナンバーボディとなった。ホイールベースも120mm延長されている。シャシはプレミオ/アリオンと共通だが、走りの質を高めるために車体は大幅に強化されている。

インテリアも、センタークラスターやシフトまわりも三角形(トヨタではV字型と呼んでいるが)をモチーフにしたデザインを採用し、独特のスポーティな雰囲気を醸し出している。アグレッシブなスタイルだがワゴンとしての機能性は十分に考えられているのは、トヨタらしいところ。

ホイールベースを延長したおかげでキャビンスペースは前後とも広くなった。ラゲッジスペースもタイヤハウスの出っ張りが少ないスクエアでフラットだ。は6:4の分割可倒式のリアシートは座面を引き起こして背もたれを倒すダブルフォールディングを採用し、最大荷室長は1720mmまで広がる。ワゴンとしての使い勝手は申し分ないだろう。

搭載されるエンジンは、2L DOHCターボの3S-GTEを筆頭に、2Lと1.8Lも設定されるが、今回は3S-GTEで4輪を駆動するトップグレードのGT-FOURを中心に試乗した。1986年に登場したセリカ GT-FOURに搭載されてから、長い歴史を誇るツインカムターボエンジンだが、改良を重ねながら現在もGTレースなどで活躍するユニットだ。

最高出力260psと最大トルク33kgmを発生する3S-GTEに、パワー的にはまったく不満はない。十分に速く、しかもフレキシビリティに富んでいるので、どの回転域からでもアクセルを踏めば即座に加速してくれる。とくに中回転域でブーストが立ち上がるあたりが最も元気が良く、気持ちいい。

ミッションは全グレードで4速ATのみだが、GT-FOURはマニュアルモードを備える。シフトストロークは短く、レスポンスも良いのでマニュアルシフトを楽しみながら走ることができるのだが、4速ではプレミアム性を保つのは難しい。商品力はもちろん、実用面でもクロスレシオの5速が欲しくなるところだ。

従来型より剛性がアップしたおかげで、ハンドリングもしっかりしている。ステアリングを切ってからクルマが反応するまでの一体感が、かなり高くなっている。このワゴンとは思えないハンドリング特性は、FRを含めたトヨタのスポーティモデルの中でも特筆ものといえるだろう。

2LのFFモデルにも少し乗ってみた。パワフルさではGT-FOURにおよばないが、普通に使うなら高速でも不満のない性能を持っている。静粛性や安定性も十分で、長距離ツーリングも楽しめるワゴンであることは間違いない。

■トヨタ カルディナ GT-FOUR 主要諸元
●全長×全幅×全高:4510×1740×1445mm
●ホイールベース:2700mm
●車重:1480kg
●エンジン形式:直4・DOHCターボ・横置き4WD
●排気量:1998cc
●最高出力:191kw(260ps)/6200rpm
●最大トルク:324Nm(33.0kgm)/4400rpm
●ミッション:4速AT
●タイヤ:215/45ZR17
●当時の価格:271万円

[ アルバム : トヨタ カルディナ はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

アウディスポーツ、高性能EV『e-tron GT』の生産に3Dプリント…蘭アルティメーカーの技術活用
アウディスポーツ、高性能EV『e-tron GT』の生産に3Dプリント…蘭アルティメーカーの技術活用
レスポンス
マツダ[ルーチェ]の怪! 広島ベンツは本家を超えたのか 当時の評価はいかに?
マツダ[ルーチェ]の怪! 広島ベンツは本家を超えたのか 当時の評価はいかに?
ベストカーWeb
招待枠からル・マン参戦でいきなりLMGT3ポール獲得! インセプション・マクラーレン「WEC常連組と戦えるパッケージ」
招待枠からル・マン参戦でいきなりLMGT3ポール獲得! インセプション・マクラーレン「WEC常連組と戦えるパッケージ」
motorsport.com 日本版
クルマに備わる「謎のA/C」何のボタン? いつ押したらいい? 意外と知らない“2つの重要な機能”とは?
クルマに備わる「謎のA/C」何のボタン? いつ押したらいい? 意外と知らない“2つの重要な機能”とは?
くるまのニュース
米ファクトリアルがメルセデスベンツにリチウム金属個体電池のサンプルを納入…有料会員記事ランキング
米ファクトリアルがメルセデスベンツにリチウム金属個体電池のサンプルを納入…有料会員記事ランキング
レスポンス
[ランクル250]は想像超えの走破性! [納期2年以上]の噂も実際に買えるのか!?
[ランクル250]は想像超えの走破性! [納期2年以上]の噂も実際に買えるのか!?
ベストカーWeb
クルマ好きの心に突き刺さる歌詞に「涙あり」「笑いあり」! ドライブシーンの描写が見事すぎる名曲を独断と偏見で5曲選んでみた
クルマ好きの心に突き刺さる歌詞に「涙あり」「笑いあり」! ドライブシーンの描写が見事すぎる名曲を独断と偏見で5曲選んでみた
WEB CARTOP
「狭い道30キロ規制化」それでは困る? 生活道路だけじゃない「実態に即して」と国家公安委員長 改正の背景に“コスト削減”
「狭い道30キロ規制化」それでは困る? 生活道路だけじゃない「実態に即して」と国家公安委員長 改正の背景に“コスト削減”
乗りものニュース
新車買うなら[加入必須]?! 最近激推しされる[メンテナンスパック]って本当にいる?
新車買うなら[加入必須]?! 最近激推しされる[メンテナンスパック]って本当にいる?
ベストカーWeb
日産「新型コンパクト“ミニバン”」世界初公開! “まるで部屋”な「オシャ木目内装」採用! 「大本命」な車中泊仕様「バネット“マイルーム”」に反響集まる
日産「新型コンパクト“ミニバン”」世界初公開! “まるで部屋”な「オシャ木目内装」採用! 「大本命」な車中泊仕様「バネット“マイルーム”」に反響集まる
くるまのニュース
日産 ノートオーラのマイチェンと90周年記念モデルも同時発売
日産 ノートオーラのマイチェンと90周年記念モデルも同時発売
Auto Prove
トヨタ「ハイエース車中泊仕様」をお披露目! めちゃワイルドな「オーバーランダー」がカッコいい! タフ感あふれる「新モデル」の魅力とは
トヨタ「ハイエース車中泊仕様」をお披露目! めちゃワイルドな「オーバーランダー」がカッコいい! タフ感あふれる「新モデル」の魅力とは
くるまのニュース
最近話題の「私人逮捕」! たとえばバイクの違反者にも適応されるのか?
最近話題の「私人逮捕」! たとえばバイクの違反者にも適応されるのか?
バイクのニュース
[リッター36km]を記録で燃費1位に!! 軽量ボディの[ヤリス]は走りも軽快だった!
[リッター36km]を記録で燃費1位に!! 軽量ボディの[ヤリス]は走りも軽快だった!
ベストカーWeb
おかえりLMP2! ル・マン24時間は変わらず競争激しい中間クラスにも注目
おかえりLMP2! ル・マン24時間は変わらず競争激しい中間クラスにも注目
motorsport.com 日本版
【ホンダ N-VAN e:】新型軽商用EV発売…実質的な価格は200万円以下、一充電走行距離245km
【ホンダ N-VAN e:】新型軽商用EV発売…実質的な価格は200万円以下、一充電走行距離245km
レスポンス
ホントに軽自動車!? めちゃワイルドな「超ゴツゴツ」ボディがカッコいい! タフに使える「悪路も走れる軽自動車」3選
ホントに軽自動車!? めちゃワイルドな「超ゴツゴツ」ボディがカッコいい! タフに使える「悪路も走れる軽自動車」3選
くるまのニュース
ユーザーの不満は「充電関連」がほとんど! 電気自動車にまつわる「ここを改善してよ」なポイント
ユーザーの不満は「充電関連」がほとんど! 電気自動車にまつわる「ここを改善してよ」なポイント
WEB CARTOP

みんなのコメント

9件
  • レガシィに負けたモデルだったな
  • クルマ単体で見ると、高性能の良くできたクルマでしたが、ちょうどスポーツモデルが消え始めた2002年に出したというのは遅きに失したとも感じられましたね。
    他メーカーからも高性能を売りにするワゴンがある中、カルディナでなければというものが希薄だったのがセールスが振るわなかった原因でしたね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

182.7305.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.0214.0万円

中古車を検索
カルディナの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

182.7305.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

24.0214.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村