現在位置: carview! > 新車カタログ > スズキ(SUZUKI) > ソリオハイブリッド > みんなの質問(解決済み) > スズキのソリオ マイルドハイブリッドは、トヨ...

スズキ ソリオハイブリッド のみんなの質問

解決済み
回答数:
6
6
閲覧数:
440
0

スズキのソリオ マイルドハイブリッドは、トヨタやホンダのハイブリッド車と比べた場合、何故あそこまでパワーが出せていないのでしょうか?

一般的にマイルドハイブリッドは発進加速時にモーターによるアシストが基本であるのを考慮しても、力不足がひどいです。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

モーターによるアシスト分を燃費に全フリしています。
モーターアシストがあるとその分、エンジン出力を落とします。
パワーがでていないと感じるのは、正常といえます。

質問者からのお礼コメント

2022.1.22 20:33

回答ありがとうございました。

その他の回答 (5件)

  • コンピューターの設定の問題だと思います。燃費を稼ぐ目的です。

  • ホンダの営業に聞いたことがあります なんで 軽自動車のハイブリッド出さないんだって? あんな偽物出せませんって
    それが 正解みたいデス

  • 最大の魅力は、大きなコストアップなしに燃費を改善できることです。「コストアップ」とはユーザー視点から見れば「車両価格の上昇」と考えていいでしょう。

    ハイブリッドシステムの規模によりますが、簡易的なタイプのマイルドハイブリッドを備える車両であれば、ハイブリッドシステムのないクルマに対しての価格上昇が10万円に満たない車種も存在します。それでいて、確実な燃費向上効果があるのが魅力です。

    燃費例
    インプレッサ スポーツの場合、e-BOXER搭載グレード(2.0e-L EyeSight 4WD)とそうでないグレード(STI Sport 4WD)を比較すると、前者のWLTCモード燃費値が15.2km/Lなのに対し、後者は12.4km/L。

  • 出始めの頃なんか、走行アシストはほとんど考えておらず
    ・エンジン停止中にもエアコンが止まらないためのモーター
    ・ エンジン再始動をサポートする
    ためのモーターとエンジンのハイブリッドだったんじゃ・・・

    あれはたしかまだ平成のころ、1999年にノストラダムスでこの世が滅びるとかいう終末思想がはぴこってたころだったんじゃ・・・

    嫁子さん飯はまだかのう・・・
    おじいちゃんさっき食べたばかりでしょ!

  • そりゃあ簡易ハイブリッドだからです。
    トヨタやホンダの本格的なシステムと比較すれば出力だってオマケレベルの物。
    トヨタやホンダのHV車のモーターが16~20kgmを超えるトルクを発生させるのにスズキの5.1kgm。
    馬力だって全く異なりますよね。
    HVだったらなんでもモーターの強力なアシストが得られると思っているなら大きな勘違いですね。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

あわせて知りたい

スズキ ソリオハイブリッド 新型・現行モデル

スズキ ソリオハイブリッドのみんなの質問ランキング