現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 軽自動車では対応できない5人家族に最適。売れてるトールワゴン「スズキ ソリオ」のグレード選びを解説

ここから本文です

軽自動車では対応できない5人家族に最適。売れてるトールワゴン「スズキ ソリオ」のグレード選びを解説

掲載 92
軽自動車では対応できない5人家族に最適。売れてるトールワゴン「スズキ ソリオ」のグレード選びを解説

スズキの登録車で一番売れているのはソリオ!
突然ですが、スズキのラインナップにおいて登録車(軽自動車より大きな乗用車)でもっとも売れているモデルが何か、ご存知でしょうか。スイフトやジムニーシエラではなく「ソリオ」です。2021年度の販売台数は次のようになっていて、スズキの登録車をけん引するモデルとなっています。

・ソリオ:3万8453台
・スイフト:2万4033台
・ジムニーシエラ:1万3800台

スズキ ソリオ Gグレード以外がおすすめ。シートアレンジならトヨタ ルーミーだが、走りの質感は圧勝

ソリオは1.2Lエンジンを積んだ、後席スライドドアのスモールミニバンといえるモデルですが、このように売れている理由は、コストパフォーマンスの高さと優れたパッケージングにあります。

軽ハイトワゴンのほうが安いが、5人乗りの余裕は魅力
まずコストパフォーマンスについて。なんと、エントリーグレードの価格は158万1800円となっています。軽自動車で同様のスライドドアモデルである「スペーシア」のエントリーグレードと比べると20万円程度高くなりますが、150万円台でスライドドアの利便性が手に入るのは、登録車のスモールカーとして十分にリーズナブルといえるでしょう。

また、軽自動車は4人乗りが上限となりますが、ソリオは登録車ですから後席が3人掛けとなり、5人乗りのパッケージを実現しています。家族が増えて軽自動車では全員が乗り切れないというファミリーにとっても適切なモデルとなっています。

もっともソリオの後席中央にはヘッドレストもなく、実際に座るとエマージェンシー的な印象は否めないのですが、それでも合法的に5人が乗れるというのは大きなアドバンテージと言えます。

>>スズキ ソリオのカタロググレードをチェックする
>>スズキ ソリオ ハイブリッドモデルのカタロググレードをチェックする

標準車かバンディットか、ガソリンかハイブリッドか?
そんなソリオの選び方としては大きく2つの基準があります。

まずは外観。標準車のほかに、カスタム仕様といえる「バンディット」が用意されています。標準車の最上級グレードのメーカー希望小売価格が202万2900円で、バンディットは200万6400円となっています。装備の違いがあるので単純比較はできませんが、予算感としてはどちらを選んでもさほど変わらないといえます。ですから外観については好みで選べばいいともいえるでしょう。

もうひとつの基準となるのがパワートレインで、標準車の廉価グレードは1.2Lガソリンエンジン、上位グレードは1.2Lエンジンのマイルドハイブリッド仕様となっています。とはいえ、WLTCモード燃費でいうとガソリンエンジン仕様が19.0km/L、マイルドハイブリッドで19.6km/Lと大して変わりませんから、燃費重視であれば絶対にハイブリッドにすべき! ということはありません。

前述したようにエントリーグレードであれば160万円以下の価格帯となりますので、予算に応じて選べばいいでしょう。

>>スズキ ソリオのカタロググレードをチェックする
>>スズキ ソリオ ハイブリッドモデルのカタロググレードをチェックする

中&上級グレードはACCが標準装備される
むしろ中&上級グレードには全車速対応のACC(追従クルーズコントロール)が標準装備される点が、グレード選びにおいてはポイントになるかもしれません。高速道路を使ったドライブの機会が多いようであれば、ACCは必須アイテムといえるからです。
・バンディット・・・・全グレードで標準装備
・標準車・・・・・・・ハイブリッド車は標準装備
※先進安全装備のレスオプション車は除く

あらためてソリオの選択肢を整理すると以下の3タイプになります。
・バンディット(すべてハイブリッド車)・・・・200万6400円~
・標準車(ハイブリッド車)・・・・・・・・・・185万200円~
・標準車(ガソリンエンジン車)・・・・・・・・158万1800円~
※価格は先進安全装備のレスオプション車は除く

いずれもボディサイズは、全長3790×全幅1645×全高1745mmとコンパクトで、最小回転半径も4.8mと取り回しやすいものとなっています。

5人家族にはもちろん、4人家族であっても子どもの成長によって軽自動車では手狭に感じるようになってきたファミリーにもおすすめできる、ファミリーカーの新定番として注目したいモデルが、スズキ ソリオというわけです。

>>スズキ ソリオのカタロググレードをチェックする
>>スズキ ソリオ ハイブリッドモデルのカタロググレードをチェックする

文:山本晋也
写真:
1枚目:ソリオ ハイブリッド MZ
2枚目:ソリオ G
3枚目:ソリオ バンディット MV
4枚目:ソリオ ハイブリッド MX
5、6枚目:ソリオ ハイブリッド MZ
7枚目:ソリオ G

こんな記事も読まれています

ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
懐かしくて涙モノ! レトロ風がしびれる! エンケイがクラシックホイールを続々復刻してるぜ!
ベストカーWeb
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
大切な愛車に傷が! 知らなくて後悔……ペットやチャイルドシートで傷つかない画期的な道具2選
ベストカーWeb
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
【開幕前テストの要点/3日目】リザルト以上に感じたチーム勢力図。打倒レッドブルの最右翼はどこか
AUTOSPORT web
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
レクサスLM 詳細データテスト 後席は快適至極 不足気味のパワートレインとシャシー 静粛性に盲点
AUTOCAR JAPAN
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
フィットの代わりにこれはどう? VTECターボもあり! ホンダ シティが東南アジアでバリバリ元気な件!
ベストカーWeb
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
念願のデイトナ24時間!「M4カブリオレ」で現地入りしてM社長と朝のランデブー【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
4種の「スイートスポット」はコレ! レンジローバー・スポーツ P400へ試乗 雰囲気に合うマイルドHV 
AUTOCAR JAPAN
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
世界に10台のみのオースチンヒーレー!「ル・マン スプライト プロトタイプ」をオーナーが購入した動機がなんとも羨ましい
Auto Messe Web
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
名車リバイバル 成功と失敗 ハマー、ブロンコ、Tバード… 新型の評価は?
AUTOCAR JAPAN
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
テスト最終日は5番手。前年の同時期と比べると「マシンはとてもコンペティティブ」と角田裕毅/F1インタビュー
AUTOSPORT web
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
サーキット派必見! 性能だけじゃないグラムライツ「57FXZリミテッドエディション」は美しくもありました
Auto Messe Web
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
フェラーリF1、タイムシートでトップ2独占&欠点改善の手応えも、ライバルたちを警戒
AUTOSPORT web
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
ベントレーMkV コーニッシュ(2) 設立100周年へ向けた再現 残されていたオリジナル図面
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

92件
  • 日本では、軽かこれくらいのサイズの車がベストだね。アルファードとかヴェルファイアとか図体ばかりデカい車は、日本の狭い道では邪魔なんだよね。見た目も無駄に厳つくてカッコ悪いし。いい笑いものだよ。アルファードとかヴェルファイアとかは、ダサい車の代表だよねw。
  • 現行バンデッドを買うときにルーミーとかなり比較したけど、走行性能、室内環境含めてソリオの圧勝だったよ。ここのコメントを見ていると偏見だけで書いているエアーが沢山いることが良く分かる。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

192.2231.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索
ソリオハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

192.2231.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村