現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > スズキのプチバン「ソリオ」にハイブリッド復活。燃費やCPは他車よりおトク?

ここから本文です

スズキのプチバン「ソリオ」にハイブリッド復活。燃費やCPは他車よりおトク?

掲載 18
スズキのプチバン「ソリオ」にハイブリッド復活。燃費やCPは他車よりおトク?

ソリオにモーター走行できるハイブリッドが復活
スズキのスライドドア・コンパクトカー「ソリオ」に、EV走行も可能なハイブリッド搭載グレードが登場しまし

搭載されたハイブリッドシステムは、1.2Lエンジンと10kWの小型モーター、5AGS(オートギヤシフト)を組み合わせたもの。ご存知の方も多いでしょうが、かつてソリオに採用されていたこともあるハイブリッドシステムが復活したというわけです。

>>スズキ「ソリオ」にフルハイブリッド復活。燃費は22.3km/L、価格は約222万円

これにより、ソリオのパワートレインは3タイプとなりました。

・1.2Lガソリンエンジン|FF:19.0km/L、4WD:17.8km/L
・1.2Lマイルドハイブリッド|FF:19.6km/L、4WD:18.4km/L
・1.2Lハイブリッド|FF:22.3km/L

>>スズキ ソリオのカタログ情報をチェックする
>>スズキ ソリオハイブリッドのカタログ情報をチェックする

>>スズキ ソリオのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>スズキ ソリオハイブリッドのユーザーと専門家のレビューをチェックする


パワトレのグレード感はソリオのほうが上に見える
ソリオは登録車市場で売れ行き好調な「プチバン」と呼ばれるカテゴリーのモデル。プチバンは2列シートのスライドドア車を指し、軽自動車で主流な「スーパーハイトワゴン」を一回り大きくしたようなクルマです。

このプチバン・カテゴリーの主役は「トヨタ ルーミー」と「ダイハツ トール」の姉妹車。ハイブリッドを採用する気配はまったくなく、ローコストなエンジンと低価格で確実に販売を伸ばしています。

しかし、ルーミー/トールはパワートレインが1.0L 3気筒ガソリンの自然吸気とターボの2種類で、いずれの仕様でも1.2L 4気筒エンジンを基本とするソリオのほうがワンランク上のイメージがあります。なぜソリオよりもルーミーのほうが高評価なのでしょうか。メカニズムがシンプルなぶんだけ価格競争力が高いのでしょうか。

>>トヨタ ルーミーのカタログ情報をチェックする
>>トヨタ ルーミーカスタムのカタログ情報をチェックする

>>トヨタ ルーミーのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>トヨタ ルーミーカスタムのユーザーと専門家のレビューをチェックする


ガソリンモデルはルーミーがわずかに安い
ソリオとルーミーの価格をFFモデルで比べてみましょう。

ソリオ(ガソリンエンジン)|158万1800円~
ソリオ(マイルドハイブリッド)|185万200円~
ソリオ(ハイブリッド)|222万2000円~

ルーミー(ガソリンエンジン)|156万6500円
ルーミー(ガソリンターボ)|187万4500円~

エントリーグレード同士で比較すると、ルーミーのほうがわずかに安価です。

このクラスでは数万円の違いを重視するユーザーが多い傾向にあるのはわかりますが、それでも2万弱の価格差で3気筒が4気筒になるのであれば、ソリオを選ぶのも悪くないとも感じます。

しかし、市場はそう判断せず、むしろ3気筒とはいえ走りに余裕がある1.0Lターボが1.2Lマイルドハイブリッドよりも安価になっていることを評価しているようです。

>>スズキ ソリオのカタログ情報をチェックする
>>スズキ ソリオハイブリッドのカタログ情報をチェックする

>>トヨタ ルーミーのカタログ情報をチェックする
>>トヨタ ルーミーカスタムのカタログ情報をチェックする


燃費はソリオのハイブリッドがトップ
一方、自動車税の区分は500cc単位なので、1.0Lエンジンのルーミー/トールは維持費の面で有利な面があるのは事実です。

燃費を含めたランニングコスト的にはどうなのでしょう。燃費性能(WLTCモード)は次のようになっています。

ソリオ(ガソリンエンジン):19.0km/L
ソリオ(マイルドハイブリッド):19.6km/L
ソリオ(ハイブリッド):22.3km/L
ルーミー(ガソリンエンジン):18.4km/L
ルーミー(ガソリンターボ):16.8km/L

ソリオに復活したハイブリッドの燃費性能は、圧倒的というわけではありませんが、高止まりしているガソリン価格を考えると魅力的に見えます。それでもルーミーのターボ車と比べても40万円近い価格差を埋めるほどのコストメリットは感じられるかといえば微妙というのが、プチバンを狙うようなユーザーの正直な印象かもしれません。

>>スズキ ソリオのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>スズキ ソリオハイブリッドのユーザーと専門家のレビューをチェックする

>>トヨタ ルーミーのユーザーと専門家のレビューをチェックする
>>トヨタ ルーミーカスタムのユーザーと専門家のレビューをチェックする


文:山本 晋也
写真:
1~4枚目:スズキ ソリオ ハイブリッドSZ
5~7枚目:トヨタ ルーミーカスタム G-T

こんな記事も読まれています

ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
ハミルトン後継も噂のフェルナンド・アロンソ「僕は交渉で良い立場にある」 まずは序盤戦に集中姿勢
motorsport.com 日本版
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
トヨタ「“V8ターボ搭載”SUV」発表! 700万円超え&MT設定もあり! 3つのボディタイプ用意の「新ランクル」南アで発売
くるまのニュース
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
ルノーのSUVの頂点『エスパス』はハイブリッドのみ
レスポンス
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
EV鈍化やトランプ前大統領再選浮上でどうなる米国市場 マツダは2027年までメキシコのEV生産なし
日刊自動車新聞
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
【VWゴルフの中古車をチェック!】フォルクスワーゲン「ゴルフ5」「ゴルフ6」「ゴルフ7」その現状と市場価格は?
AutoBild Japan
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
F1次期PU開発、アウディやレッドブルら新規メーカーにとっては「大きな挑戦」とフェラーリ。現規定ではホンダが過去に大苦戦……歴史は繰り返される?
motorsport.com 日本版
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
「えっ…納期は1年以上先!?」 途中で“キャンセル”出来る? 過去には高額キャンセル料トラブルも? 昨今の事情とは
くるまのニュース
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
「実践! 初めてのカーオーディオ」 本格システムの構築をライトに楽しむのもアリ!
レスポンス
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
新しい「道の駅」が秋田、長野、熊本、鹿児島で誕生! どこにどんな外観の施設ができる?
くるくら
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
アストンマーティン DB11 クーペ/ヴォランテ【1分で読める輸入車解説/2023年版】
Webモーターマガジン
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
【新車価格情報】国産車 デビュー&改良情報(ダイジェスト)※2024年2月20日時点
カー・アンド・ドライバー
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
ホンダがレトロ顔の「新型シティ」実車公開!? “丸目二灯”の「80年代デザイン」に注目! 懐かしすぎる「サステナシーC」に反響あり!
くるまのニュース
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
トライアンフ「タイガー1200」 アップデートされた2024年モデルを発表
バイクのニュース
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「HAWK 11」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
今見ると小っさ!! セドグロ風の顔もイイね!! エルグランドの先祖ラルゴってもしや爆安だったんじゃないか説
ベストカーWeb
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
レザー調のシートが超オシャレ! トヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
FFなのにエンジン縦置き? トヨタ車初の前輪駆動車ターセルの変態っぷりにマイッタ!
ベストカーWeb

みんなのコメント

18件
  • こうして比較すると、ハイブリッドよりも
    1リッターターボを積めば良かったのでは?
    と思うのだが
  • スズキにしては珍しい復活パターンだね
    前作は純粋に客が費用対効果を見いだせず売れなかった、この額と燃費ならマイルドでいいって
    でも今回も同じような感じなんだけど、どんな勝算を見出したのか知りたい
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

192.2231.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索
ソリオハイブリッドの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

192.2231.8万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.9281.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村