現在位置: > > > ベルランゴ

シトロエン ベルランゴグレード・価格・口コミ情報

プレミアムコンパクトかくあるべし。新型Audi A1 Sportbackの全方位進化に驚いた

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

pitte

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

マイカー登録はこちら

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

  • 口コミ・評価
  • アクセスランキング
    414
  • カタログ燃費
    - km/L

シトロエン ベルランゴの概要

大きく、自由に、おもしろく、家族を楽しむための車

シンプルで機能的なボディデザイン、センスあふれる実用的なディテール、スライドドアなど、家族と人々のための「レジャーアクティビティヴィークル」として開発されたモデル。MPV、ミニバンセグメントにコンフォート性能という新たな価値を提案するモデルであるという。リアシート頭上後方に配された容量約60Lのリアシーリングボックスをはじめ、多数の収納スペースを用意。ルーフの大半をガラスとするパノラミックルーフも装備され、開放感も両立されている。アクティブクルーズコントロールをはじめとする、先進運転支援機能、「ADAS」も装備されている。エンジンは1.5Lのクリーンディーゼルで、8速ATが組み合わされる。(2019.10)

シトロエン ベルランゴ 2019年10月フルモデルチェンジ グレード一覧

現行 表の見方 表の見方
グレード デビューエディション ディーゼルターボ(AT)
比較 比較表に追加
価格 新車価格(税込) 325.0万円
基本情報 発売年月 2019年10月
駆動方式 FF(前輪駆動)
車両形式 -
トランスミッション 8AT
ハンドル
寸法・重量・その他 全長×全幅×全高 4403×1848×1844mm
車両重量 -
乗車定員 5名
タイヤ(前輪) 205/60R16
タイヤ(後輪) 205/60R16
エンジン 過給器 ターボ
総排気量 1498cc
使用燃料 軽油
燃料タンク容量 50L
性能 燃費(10.15モード) -
燃費(JC08モード) -
燃費(WLTCモード) -
最高出力(ps(kw)/rpm) 130(96)/3750
最大トルク(kg・m(N・m)/rpm) 30.6(300)/1750
最小回転半径 5.5m

シトロエン ベルランゴ 歴代モデル一覧

シトロエン ベルランゴ 口コミ

4.7
  • デビュー・エディション
    投稿日: 2020年2月22日 総合評価: 4.0

    メーカー・モデル: シトロエン ベルランゴ

    グレード: デビューエディション_RHD(EAT_1.5) 2019年式 乗車形式: マイカー

    納車から日が浅いのでまだ評価には不十分ですが、取りあえずファーストインプレッション。 先ずは乗り込む前から。 ドアは今時のスマートキーによる認証とドアハンドル内側にタッチすることでロック解除出来ます。 この辺は国産車と何ら変わりませんがカングーから比べるとだいぶ新しい感があります。 しかし、リレーアタックで狙われる可能性があるのでキーの保管等には気を付けたいところ。 ドアの開閉はスムーズで閉める時の音も静かでジェントルな音です。 スライドドアもカングーより軽くスムーズに開閉できます。 取りあえずシートとドライビングポジションに違和感はありません。ペダルの位置も自然です。 エンジンをスタートして感じたのは同じエンジンを積んだプジョー308よりもエンジンノイズが室内に入ってくること。低速域ではディーゼルエンジンを感じます。 ま、商業車ベースですから遮音性能は乗用車とは違うのかも知れませんが、ラジオ等のBGMを鳴らしておけば全く気になりません。 慣れない電動パーキングブレーキをリリースしてアクセルを踏むと発進します(パーキングブレーキはDレンジでアクセルを踏めば自動で解除されます)が、素直な反応でスタートします。 この辺はカングーのEDCよりもリニアな印象を受けました。 ステアリングはカングーのそれと比べると軽いです。 静止中の据え切りも軽々と回ります。 以前試乗したことのあるC4 CACTUSの感じに似ています。 CITROENはこういった味付けなのかも知れませんが全般的にルノーより軽い印象を受けます。 レーンキープやパーキングアシスト等の機能制御も必要な為に電動パワステのトルクが大きいのかも知れませんが、私は個人的にカングーの重さくらいの方が好きです。 ディーラーから家路の途中で通過した路面での印象。 乗り心地は悪くない。 でもピッチング方向の動きでダンパーの緩さが気になりました。 猫足と表現されることの多いフランス車であり、CITROENですが、かつての油圧制御ではない普通の金属スプリングとダンパーの組み合わせなので特別変わったところは感じません。 しかし、SACHSダンパーを組んでいた以前のカングーに比べると動きがうまく制御出来ていない印象です。 BERLINGOにもSACHSダンパーが欲しいと思ったのが正直なところ。 もしかしたら空気圧が足りていないのかも知れないので後日確認して変化をチェックします。 ブレーキはカングーに比べて一回り大きい径のローターでしっかりした剛性感が有り、効きはじめの感触も良いですが、これもサーボは強めなので個人的にはもうちょっと堅めのパッドにでも交換したいところです。 エンジンはたったの1.5Lとは思えないほど実にトルクフルで8速ATと相まってとても扱いやすいパワートレインです。 驚いたのはアイドリングストップからの再スタート時のクイックさです。ブレーキから足を緩めた瞬間にエンジンが掛かり、爪先がアクセルペダルに移動する前に走行可能な状態に戻ります。 これまで私が国産車で経験したアイドルストップは結構なディレイがあり、ストップ直後の出発がワンテンポ遅れ、アイドルストップ機能は積極的に使いたくないものばかりでしたが、この BlueHDi 1.5L エンジンはそれを感じさせません。 取りあえず第一印象を書きました。 もしろん100点満点とはならず欠点もありますが、以前のカングーに比べれば安全装備も含めいろんな面で優位に立つ新しさや工夫があります。 ライバルであるカングーをしっかり研究して巧く整理して作り込まれたクルマだと感じました。

    続きを見る
  • アウトドアに最適なクルマ
    投稿日: 2020年1月29日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: シトロエン ベルランゴ

    グレード: デビューエディション_RHD(EAT_1.5) 2019年式 乗車形式: マイカー

    ①同乗者を含めてゆったり快適にドライブできて、荷物もたくさん積めるところが私のお気に入り! ②走行性能がしっかりしているうえに安全デバイスがいっぱいついていることも心強いです。 ③シトロエンならではのスタイリングもグッドです。職場の女性陣からも「オシャレなクルマですね♡」って褒められました。

    続きを見る
  • ちょうどいい ”シトロエン”
    投稿日: 2019年6月9日 総合評価: 5.0

    メーカー・モデル: シトロエン ベルランゴ

    グレード: 不明 2016年式 乗車形式: マイカー

    ディーゼル+MT+スライドドア車に乗りたくて、これにたどり着きました。個人的にディーゼル音が大好きなのです。長ーく乗るつもりです。 高級すぎず、気兼ねなく使えるちょうどいい「シトロエン」

    続きを見る

シトロエン ベルランゴ みんなの質問

シトロエン ベルランゴのみんなの質問をもっと見る(2件)

※当情報の内容は各社により予告なく変更されることがあります。(株)リクルートおよびヤフー株式会社は当コンテンツの完全性、無誤謬性を保証するものではなく、当コンテンツに起因するいかなる損害の責も負いかねます。コンテンツもしくはデータの全部または一部を無断で転写、転載、複製することを禁じます。

※表示されている価格は販売地域や装備内容によって変わります。また消費税を含まない場合もあります。詳細はメーカーまたは取扱販売店にお問い合わせください。

※新車時価格はメーカー発表当時の価格です。

カタログ情報は「カーセンサーnet」から情報提供を受けています。カーセンサー