現在位置: carview! > 新車カタログ > スズキ(SUZUKI) > イグニス > 専門家レビュー・評価一覧 > デザインで勝負の個性派コンパクト

スズキ イグニス 「デザインで勝負の個性派コンパクト」の専門家レビュー ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

まるも 亜希子
まるも 亜希子
自動車ジャーナリスト
評価

3

デザイン
5
走行性能
3
乗り心地
3
積載性
3
燃費
3
価格
3

デザインで勝負の個性派コンパクト

2021.10.29

年式
2016年2月〜モデル
総評
軽自動車よりボディサイズは大きいですが、室内の広さは軽自動車より狭く、荷室もそれほど大きくないので、やはりデザインが気に入った人か、660ccでは物足りないという人向け。パーソナルカーとしてはよく走ります。
満足している点
全長3.7mというコンパクトサイズで、クロスオーバーSUVとして存在感のある個性的なデザイン。インパネも水平基調で、厚みを抑えたデザインで視界を広く確保しています。シンプルで使いやすいインテリアです。
不満な点
イグニスは5人乗り登録ですが、後席のヘッドレストが2つしか備わりません。オプション設定もないのは残念としか言いようがありません。それならば欧州車のup!や500などのように、4人乗り登録にすべきだと思います。
デザイン

5

軽自動車+αのサイズながら、SUVテイストをうまく盛り込んだ個性的なデザインに。とくにCピラーから後ろがぎゅっとすぼまったリアビューが大きな特徴で存在感を出しています。
走行性能

3

最低地上高が180mm確保されており、その分だけやや振動や左右に振られる感覚は大きめに感じるものの、シビアさのないハンドリングや軽快な加速フィールは扱いやすく、リラックスして運転できるコンパクトカー。
乗り心地

3

欧州ではAセグメントに属し、1人〜2人での移動を主眼とするモデルだけに、後席の乗り心地は割り切っている感があります。微振動が大きめで、ロングドライブするなら前席の方がおすすめ。ノイズもやや大きめです。
積載性

3

奥行きが狭く、フロアも高めなので大きな荷物は積みにくいですが、後席を使わないならばスライドすると広げることが可能。5:5分割で後席を倒すと、アウトドアレジャーの大荷物も積みやすいスペースが生まれます。
燃費

3

WLTCモード燃費で25.0km/Lは、マイルドハイブリッドのおかげもあって、市街地では実用燃費もそれほど悪化することはない印象です。ただ高速道路を飛ばすと、15km/L程度くらいの燃費になってしまいます。
価格

3

パッソやマーチなどが120万円台から買えることを考えると、160万円台からという価格はSUVでもちょっと強気な印象。でもジムニーシエラやクロスビーじゃ満足できない人には、サイズ感もデザインもライバル不在です。
まるも 亜希子
まるも 亜希子
自動車ジャーナリスト
映画声優、自動車雑誌編集者を経て独立。雑誌、ラジオ、TV、トークショーなどメディア出演のほか、モータースポーツ参戦や安全運転インストラクターなども務める。2006年より日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。日本自動車ジャーナリスト協会会員。YouTube「クルマ業界女子部チャンネル」、「おっさん on boad」にも出演中。
スズキ イグニス 新型・現行モデル