新車価格(税込)

299.0447.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.9238.0万円

中古車を検索

グレード情報Bクラス

ユーザーレビュー73件Bクラス

Bクラス

  • 頑丈なボディ
  • 室内空間が広い
  • 車高が低い

平均総合評価

4.3
走行性能:
3.7
乗り心地:
3.8
燃費:
3.7
デザイン:
4.2
積載性:
4.2
価格:
3.7

専門家レビュー3件Bクラス

所有者データBクラス

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. B180 ブルーエフィシェンシー_RHD(AT_1.6)
    2. B180_RHD(DCT_1.6)
    3. B180 ブルーエフィシェンシー スポーツ_RHD(AT_1.6)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    5.6%
  • 男女比

    男性
    84.7%
    女性
    13.7%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 48.0%
    2. 近畿地方 18.4%
    3. 東海地方 11.0%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 Bクラス

平均値を表示しています。

Bクラス

Bクラスの中古車平均本体価格

91.7万円

平均走行距離52,247km

買取情報Bクラス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値Bクラス

走行距離別リセール価値の推移

Bクラス
グレード:
B180 ブルーエフィシェンシー_RHD(AT_1.6)

5年後の売却予想価格

新車価格

299.0万円

売却予想価格

11.8万円

新車価格の 4%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 26万円 19万円

12万円

新車価格の
4%

5万円

新車価格の
2%

1万km 25万円 17万円 9万円 1万円
2万km 24万円 14万円 3万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて Bクラス

2012年4月

■2012年4月
メルセデス・ベンツのBクラスがフルモデルチェンジを受け、Aクラスから独立してから2代目のモデルが登場した。ちょっと大きめのボディを持つ上級のハッチバック車という基本コンセプトは変わらず、デザイン、装備、走りなど、さまざまな面で進化させた。従来に比べて全高を65mm抑えて1540mmとし、これによってタワーパーキングへの入庫も可能とするなど使い勝手を高めるとともに、床下の空力にも配慮してCd値=0.26を達成した。ただ、そのために最低地上高が105mmとなっているので、段差などに神経を使う必要がある。

外観デザインは大きなスリーポインテッドスターを配置したフロントグリルが大型化され、LEDを配置したヘッドランプやボディサイドの明確なキャラクターラインなどが特徴。インテリアはシルバー加飾や幾何学シボを採用した立体的なトリムが採用され、オプションで本革シートやウォールナットのウッドパネルなどが用意されている。TFT液晶を使った7インチのコマンドディスプレーも全車に標準だ。

搭載エンジンは新開発の直列6気筒1.6リッターの直噴ターボ仕様で、7速のデュアルクラッチと組み合わされる。90kW/200Nmのパワー&トルクを発生するとともに、ECOスタートストップ機構の採用などと合わせ、JC08モードで16.0km/Lとなった。これにより平成27年度基準+10%を達成したので、2012年4月からの新エコカー減税に適合している。

安全面では世界初となるレーダー型衝突警告システムのCPAを標準装備するほか、アテンションアシスト、トルクベクトリングブレーキなども標準装備する。新型BクラスにはB180ブルーエフィシェンシーと同スポーツの2グレードで、スポーツには内外装の仕様に違いが設けられるほか、専用のサスペンションやタイヤが設定されている。


■2013年2月
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの多目的コンパクトカーのBクラスに、新開発の2.0リッター直噴ターボ仕様エンジンを搭載するとともに、大幅な標準装備の追加によって走行性能と実用性を高い次元で両立させたB250ブルーエフィシェンシーを2013年2月26日から発売した。

新しく搭載された直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様エンジンは、第三世代の直噴システムやECOスタート/ストップ機能などを採用し、155kW(211ps)/350N・mの余裕の動力性能を発生するとともに、14.6km/Lの燃費も実現した。

外観デザインも専用の18インチAMGマルチスポークアルミホイール(ブラック)や、随所にあしらわれたブラックペイントのアクセントによって、ハイパフォーマンスモデルらしい仕上がりとした。インテリアもクロームインサート付きの本革巻きスポーツステアリングを始め、ステンレスのアクセル&ブレーキペダルなどスポーティな装備、さらには木目を際立たせたブラックアッシュウッドのインテリアトリムなどが採用されている。

装備は、後席にバックレスト角度調節と前後スライド機構(最大140mm)によってラゲッジ容量の調整と用途に応じたアレンジが可能なEASY-VARIO PLUS、前席にアンダーシートボックスを備え、豊富な収納スペースを確保した。

左右独立して温度や風量の調整が可能なクライメートコントロールや、カップホルダーを備えた後席アームレストなども追加され、すべての乗員が快適な移動時間を過ごせる室内環境を実現している。

さらに縦列駐車時にステアリング操作を自動的に行うアクティブ・パーキングアシストの装備も注目点だ。

安全装備は、レーダー型衝突警告システムのCPAに加え、走行シーンに合わせてヘッドライトの照射範囲を制御して常に最適な視界を確保するインテリジェントライトシステム、超音波センサーによって車両と周囲の障害物との距離を測定して警告音とインジケータの点灯数で知らせるパークトロニックを標準装備する。

オプションとして、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告するブラインドスポットアシストなどの先進の安全運転支援システムを組み合わせたセーフティパッケージが用意される。



■2013年7月
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの多目的コンパクトカーのBクラスに、新開発の2.0リッター直噴ターボ仕様エンジンを搭載するとともに、大幅な標準装備の追加によって走行性能と実用性を高い次元で両立させたB250ブルーエフィシェンシーを2013年2月26日から発売した。

新しく搭載された直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様エンジンは、第三世代の直噴システムやECOスタート/ストップ機能などを採用し、155kW(211ps)/350N・mの余裕の動力性能を発生するとともに、14.6km/Lの燃費も実現した。

外観デザインも専用の18インチAMGマルチスポークアルミホイール(ブラック)や、随所にあしらわれたブラックペイントのアクセントによって、ハイパフォーマンスモデルらしい仕上がりとした。インテリアもクロームインサート付きの本革巻きスポーツステアリングを始め、ステンレスのアクセル&ブレーキペダルなどスポーティな装備、さらには木目を際立たせたブラックアッシュウッドのインテリアトリムなどが採用されている。

装備は、後席にバックレスト角度調節と前後スライド機構(最大140mm)によってラゲッジ容量の調整と用途に応じたアレンジが可能なEASY-VARIO PLUS、前席にアンダーシートボックスを備え、豊富な収納スペースを確保した。

左右独立して温度や風量の調整が可能なクライメートコントロールや、カップホルダーを備えた後席アームレストなども追加され、すべての乗員が快適な移動時間を過ごせる室内環境を実現している。

さらに縦列駐車時にステアリング操作を自動的に行うアクティブ・パーキングアシストの装備も注目点だ。

安全装備は、レーダー型衝突警告システムのCPAに加え、走行シーンに合わせてヘッドライトの照射範囲を制御して常に最適な視界を確保するインテリジェントライトシステム、超音波センサーによって車両と周囲の障害物との距離を測定して警告音とインジケータの点灯数で知らせるパークトロニックを標準装備する。

オプションとして、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告するブラインドスポットアシストなどの先進の安全運転支援システムを組み合わせたセーフティパッケージが用意される。

同年7月10日にはB180をベースに、メモリー付フルパワーシートやシートヒーターなど快適性を高める特別装備に加えて、人気のバリューパッケージを標準装備した特別仕様車「B180 ノーザンライツブラック リミテッド」を、250台限定で発売した。

■2014年1月
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの多目的コンパクトカーのBクラスに、新開発の2.0リッター直噴ターボ仕様エンジンを搭載するとともに、大幅な標準装備の追加によって走行性能と実用性を高い次元で両立させたB250ブルーエフィシェンシーを2013年2月26日から発売した。

新しく搭載された直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様エンジンは、第三世代の直噴システムやECOスタート/ストップ機能などを採用し、155kW(211ps)/350N・mの余裕の動力性能を発生するとともに、14.6km/Lの燃費も実現した。

外観デザインも専用の18インチAMGマルチスポークアルミホイール(ブラック)や、随所にあしらわれたブラックペイントのアクセントによって、ハイパフォーマンスモデルらしい仕上がりとした。インテリアもクロームインサート付きの本革巻きスポーツステアリングを始め、ステンレスのアクセル&ブレーキペダルなどスポーティな装備、さらには木目を際立たせたブラックアッシュウッドのインテリアトリムなどが採用されている。

装備は、後席にバックレスト角度調節と前後スライド機構(最大140mm)によってラゲッジ容量の調整と用途に応じたアレンジが可能なEASY-VARIO PLUS、前席にアンダーシートボックスを備え、豊富な収納スペースを確保した。

左右独立して温度や風量の調整が可能なクライメートコントロールや、カップホルダーを備えた後席アームレストなども追加され、すべての乗員が快適な移動時間を過ごせる室内環境を実現している。

さらに縦列駐車時にステアリング操作を自動的に行うアクティブ・パーキングアシストの装備も注目点だ。

安全装備は、レーダー型衝突警告システムのCPAに加え、走行シーンに合わせてヘッドライトの照射範囲を制御して常に最適な視界を確保するインテリジェントライトシステム、超音波センサーによって車両と周囲の障害物との距離を測定して警告音とインジケータの点灯数で知らせるパークトロニックを標準装備する。

オプションとして、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告するブラインドスポットアシストなどの先進の安全運転支援システムを組み合わせたセーフティパッケージが用意される。

同年7月10日にはB180をベースに、メモリー付フルパワーシートやシートヒーターなど快適性を高める特別装備に加えて、人気のバリューパッケージを標準装備した特別仕様車「B180 ノーザンライツブラック リミテッド」を、250台限定で発売した。

2014年1月23日にはB180をベースに、先進の安全運転支援システム「セーフティパッケージ」に加えて、スタイル、快適性、安全性を向上させる「バリューパッケージ」等を装備した特別仕様車「B180モノレーベル」を300台限定で発売した。

■2014年11月
メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの多目的コンパクトカーのBクラスに、新開発の2.0リッター直噴ターボ仕様エンジンを搭載するとともに、大幅な標準装備の追加によって走行性能と実用性を高い次元で両立させたB250ブルーエフィシェンシーを2013年2月26日から発売した。

新しく搭載された直列4気筒2.0リッターの直噴ターボ仕様エンジンは、第三世代の直噴システムやECOスタート/ストップ機能などを採用し、155kW(211ps)/350N・mの余裕の動力性能を発生するとともに、14.6km/Lの燃費も実現した。

外観デザインも専用の18インチAMGマルチスポークアルミホイール(ブラック)や、随所にあしらわれたブラックペイントのアクセントによって、ハイパフォーマンスモデルらしい仕上がりとした。インテリアもクロームインサート付きの本革巻きスポーツステアリングを始め、ステンレスのアクセル&ブレーキペダルなどスポーティな装備、さらには木目を際立たせたブラックアッシュウッドのインテリアトリムなどが採用されている。

装備は、後席にバックレスト角度調節と前後スライド機構(最大140mm)によってラゲッジ容量の調整と用途に応じたアレンジが可能なEASY-VARIO PLUS、前席にアンダーシートボックスを備え、豊富な収納スペースを確保した。

左右独立して温度や風量の調整が可能なクライメートコントロールや、カップホルダーを備えた後席アームレストなども追加され、すべての乗員が快適な移動時間を過ごせる室内環境を実現している。

さらに縦列駐車時にステアリング操作を自動的に行うアクティブ・パーキングアシストの装備も注目点だ。

安全装備は、レーダー型衝突警告システムのCPAに加え、走行シーンに合わせてヘッドライトの照射範囲を制御して常に最適な視界を確保するインテリジェントライトシステム、超音波センサーによって車両と周囲の障害物との距離を測定して警告音とインジケータの点灯数で知らせるパークトロニックを標準装備する。

オプションとして、ドアミラーの死角範囲をレーダーによってモニターして危険性を警告するブラインドスポットアシストなどの先進の安全運転支援システムを組み合わせたセーフティパッケージが用意される。

同年7月10日にはB180をベースに、メモリー付フルパワーシートやシートヒーターなど快適性を高める特別装備に加えて、人気のバリューパッケージを標準装備した特別仕様車「B180 ノーザンライツブラック リミテッド」を、250台限定で発売した。

2014年1月23日にはB180をベースに、先進の安全運転支援システム「セーフティパッケージ」に加えて、スタイル、快適性、安全性を向上させる「バリューパッケージ」等を装備した特別仕様車「B180モノレーベル」を300台限定で発売した。

同年11月11日には、ヤナセグループが2015年5月25日に迎える創立100周年を記念する「創立100周年記念限定車」となる限定200台の「B 180 Sports 100th Anniversary Edition」を発売した。


※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。