現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > メルセデス・ベンツ Bクラスは、すべてを刷新して新世代に【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

メルセデス・ベンツ Bクラスは、すべてを刷新して新世代に【10年ひと昔の新車】

掲載 2
メルセデス・ベンツ Bクラスは、すべてを刷新して新世代に【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、メルセデス・ベンツ Bクラスだ。

メルセデス・ベンツ Bクラス(2012年:2代目フルモデルチェンジ)
メルセデス・ベンツのコンパクトMPV、Bクラスが2代目にフルモデルチェンジされた。シルエットは従来型を踏襲しているが、プラットフォームからパワートレーンまで一新。まったくのブランニューモデルに生まれ変わった。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

初代の登場から6年、全面的に刷新されたBクラス。最大の変更点は、初代の特徴だった二重フロア構造を廃したこと。これによりキャビンのフロアが一般的な乗用車のように低くなり、車高も65mm低くなった。反面、これまでなかったサイドシルの段差が乗降時に少々気になるものの、ヒップポイントが低くなったおかげで走行時の腰高な感覚は払拭された。なお、新たに後部のフロアパネルのみを交換することでバッテリーや水素タンクを搭載し、次世代自動車に対応できるようにしたモジュラー構造を採用している。

インテリアでは、X字型のエアコン吹き出し口や、i-パッドのようなディスプレイが目を引く。ソフトパッドを多用するなど質感は大幅に高められており、オプションだがこのクラスでウッドパネルまで用意されているというから驚く。

走りっぷりは意外なほどスポーティな味付けで、ワインディングロードではクイックなハンドリングを楽しむこともできる。リアサスペンションがマルチリンク式とされたのも大きな変更点だが、その恩恵もあってか、4輪がしなやかに路面を捉える感覚は初代よりも格段に上だ。

メルセデス・ベンツ初心者にも最適な1台だ
乗り心地は後席では若干の硬さを感じるものの、前席は快適そのもの。「スポーツ」に設定された「ナイトパッケージ」を選ぶと、さらにスポーティなルックスとなり、スタイリッシュな専用の18インチホイールが与えられ、よりシャープなフットワークを楽しむことができる。

従来型よりもスペックの向上した1.6Lの直噴ターボエンジンは、性能的には必要十分。7速DCTのつながりもスムーズで運転しやすい。アイドリングストップ機能も備わる。さらには空力性能も4ドアクーペのCLSと同等のCd値=0.26を達成。これら効率化によりJC08モードで実に19%もの燃費改善を果たしたというから立派なものだ。

安全面では、コンパクトクラスながら上級モデル並みにディストロニックプラス(自動追従型クルーズコントロール)が設定され、ミリ波レーダーを用いた衝突警告システム「CPA」が標準装備されたことも特筆できる。Bクラスの訴求点である実用性も、前後席とも各部のクリアランスが初代よりも増し、Eクラスを上回る居住性を実現した。

もともと広いラゲッジスペースも「イージーバリュープラス」を装着すると、さらにアレンジ性が向上し、より便利に使えるようになる。車両価格についても、内容を考えると実質的には大幅値下げといえるだろう。メルセデス・ベンツ車の所有歴はないが、興味はあるという人に、とくにオススメしたい1台だ。

メルセデス・ベンツ B180 ブルーエフィシェンシー 主要諸元


●全長×全幅×全高:4365×1785×1540mm
●ホイールベース:2700mm
●車両重量:1450kg
●エンジン:直4 DOHCターボ
●総排気量:1595cc
●最高出力:90kW(122ps)/5000rpm
●最大トルク:200Nm(20.4kgm)/5000rpm
●トランスミッション:7速DCT
●駆動方式:横置きFF
●燃料・タンク容量:プレミアム・50L
●JC08モード燃費:16.0km/L
●タイヤサイズ:205/55R16
●当時の車両価格(税込):299万円

[ アルバム : メルセデス・ベンツ Bクラス(2代目) はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

えええ、今は無きミニカがスゲー……1人乗り仕様あったってマジか!! エアコンすらなしの男前グレード!! もしや積載性能最強だったんじゃないか説
えええ、今は無きミニカがスゲー……1人乗り仕様あったってマジか!! エアコンすらなしの男前グレード!! もしや積載性能最強だったんじゃないか説
ベストカーWeb
「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
「お、パイザー♡」いやー今じゃ絶対NGよ!! そして絶対言いたいだけ!! パイザーのCMが攻めすぎてたの覚えてる?
ベストカーWeb
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
日向坂46 富田鈴花さん初登場!! 日向の似合うクルマとアイドル!
ベストカーWeb
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
発売秒読み! CX-80は人気の3列シート車になれるか? マツダの3列シート車の歴史を3分で振り返る!
ベストカーWeb
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
ふたりの偉業達成に、影薄まるドゥカティ勢。ドルナ買収による今後とレースの健全性/MotoGPの御意見番に聞くアメリカズGP
AUTOSPORT web
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
ついに出た!新型「ランドクルーザー250」発売!2種類の限定車もラインナップ!
グーネット
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
こんなクルマよく売ったな!!【愛すべき日本の珍車と珍技術】異業種合同プロジェクトで生まれたWiLL VS ステルス戦闘機を想わせる超個性派ハッチバック!
ベストカーWeb
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
なんちゃってセレブにヘリコプターで鈴鹿サーキットへ!「2024 F1日本グランプリ」の華やかなパドックをレポートするわよ
Auto Messe Web
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
「トヨタとフェラーリは調子を取り戻す」開幕戦表彰台独占のポルシェ、第2戦に向け楽観視はせず
AUTOSPORT web
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
進化型GRヤリスの外装を採用。トヨタGR、全日本ラリー3連戦の初戦唐津で意義ある6位完走
AUTOSPORT web
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
アコスタ、史上最年少での連続表彰台獲得「トップ選手たちと戦えて本当に嬉しい」/第3戦アメリカズGP 決勝
AUTOSPORT web
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
気取らないゴルフ的:フォルクスワーゲンID.3 反発意見も多い:テスラ・モデル3 カッコだけじゃない:ルノー・メガーヌ E-テック お手頃EV 12台比較(3)
AUTOCAR JAPAN
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
車高調に交換しても純正ダンパーは捨てちゃダメ! 加工してオーダーメイドのサスペンションに生まれ変わる「K-one DAMPERリプレイス」とは
Auto Messe Web
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
スーパーGT第1戦岡山のZFアワードはGT300優勝のmuta Racing INGINGが受賞
AUTOSPORT web
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
レスポンス
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
AUTOSPORT web
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
AUTOSPORT web
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
  • ********
    Bクラス→B級というイメージのせいか、あまり見かけなかった。
  • vja********
    ベンツ故に、安くも無い粗悪品。
    まあCクラスからだな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

537.0573.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

16.0550.0万円

中古車を検索
Bクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

537.0573.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

16.0550.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村