新車価格(税込)

185.0241.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

10.0139.8万円

中古車を検索

グレード情報プレマシー

ユーザーレビュー275件プレマシー

プレマシー

  • 実用性が高い
  • 運転が楽しい
  • 燃費が良い

平均総合評価

4.4
走行性能:
4.2
乗り心地:
4.0
燃費:
3.1
デザイン:
4.1
積載性:
4.1
価格:
3.9

所有者データプレマシー

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. 20S-スカイアクティブ(AT_2.0)
    2. 20C-スカイアクティブ(AT_2.0)
    3. 20S(AT_2.0)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    2.8%
  • 男女比

    男性
    90.1%
    女性
    8.4%

    その他 1.4%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 42.6%
    2. 近畿地方 19.3%
    3. 東海地方 9.7%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 プレマシー

平均値を表示しています。

プレマシー

プレマシーの中古車平均本体価格

44.5万円

平均走行距離66,511km

買取情報プレマシー

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値プレマシー

走行距離別リセール価値の推移

プレマシー
グレード:
20S-スカイアクティブ(AT_2.0)

5年後の売却予想価格

新車価格

226.0万円

売却予想価格

3.4万円

新車価格の 2%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 31万円 17万円

3万円

新車価格の
2%

0万円

新車価格の
0%

1万km 29万円 13万円 0万円 0万円
2万km 27万円 4万円 0万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて プレマシー

2013年1月

■2013年1月
マツダはプレマシーにSKYACTIV技術を搭載したほか、装備を充実化するなどのマイナーチェンジ実施し、2013年1月23日から発売した。

今回の改良では、高効の率直噴ガソリンエンジンであるSKYACTIV-G 2.0と高効率6速ATのSKYACTIV-DRIVEという2つのSKYACTIV技術を主力車種に搭載し、走りを進化させるとともに、2.0級ミニバンでトップとなる16.2km/Lの低燃費を実現した。

デザインは最上級グレードの20S-SKYACTIV Lパッケージに、ハーフレザーシートやピアノブラックで加飾したセンターパネル、高輝度塗装を施した17インチアルミホイールなどを装備し、内外装の質感を高めた。またSKYACTIV技術搭載車には、TFTカラー液晶を採用した専用メーターを設定した。


装備はアンダートランクの容量を拡大し、荷室の使いやすさを向上させほか、SKYACTIV技術搭載車と4WD車に乗降しやすい大開口の電動スライドドアを標準装備した。

このほか、SKYACTIV技術搭載車に新開発の15インチタイヤやインテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)などを採用した。15インチタイヤの装着車は16.2km/Lの燃費によってエコカー減税が75%減税に適合した。



■2013年12月
マツダはプレマシーにSKYACTIV技術を搭載したほか、装備を充実化するなどのマイナーチェンジ実施し、2013年1月23日から発売した。

今回の改良では、高効の率直噴ガソリンエンジンであるSKYACTIV-G 2.0と高効率6速ATのSKYACTIV-DRIVEという2つのSKYACTIV技術を主力車種に搭載し、走りを進化させるとともに、2.0級ミニバンでトップとなる16.2km/Lの低燃費を実現した。

デザインは最上級グレードの20S-SKYACTIV Lパッケージに、ハーフレザーシートやピアノブラックで加飾したセンターパネル、高輝度塗装を施した17インチアルミホイールなどを装備し、内外装の質感を高めた。またSKYACTIV技術搭載車には、TFTカラー液晶を採用した専用メーターを設定した。


装備はアンダートランクの容量を拡大し、荷室の使いやすさを向上させほか、SKYACTIV技術搭載車と4WD車に乗降しやすい大開口の電動スライドドアを標準装備した。

このほか、SKYACTIV技術搭載車に新開発の15インチタイヤやインテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)などを採用した。15インチタイヤの装着車は16.2km/Lの燃費によってエコカー減税が75%減税に適合した。

同年12月26日には20S-SKYACTIVをベースに、高輝度塗装を施した17インチアルミホイールやサンドベージュ&ブラックのシートなど、内外装の質感を向上する特別装備を施した特別仕様車「20S-SKYACTIV CELEBLE(セレーブル)」を発売した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。