現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック

ここから本文です

いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック

掲載 4
いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック

 ハンドリングに定評のあったミニバン、マツダ 3代目プレマシーがマイナーチェンジ。質の高いドライビングフィールとミニバントップの燃費を手に。その実力は?(本稿は「ベストカー」2013年4月10日号に掲載した記事の再録版となります)

文:片岡英明/撮影:平野 学

いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック

■マイナーチェンジで走りも燃費もレベルアップ! しなやかな乗り心地を手に

マイナーチェンジを果たしたマツダ 3代目プレマシー。顔は変わってないけどしなやかな乗り心地を手に

 スペース追求型のミニバンもいいが、走りの楽しさにこだわるならドライバーズミニバンがベストだろう。その先駆けとなったのがプレマシー。

 現行の3代目は後席スライドドアと高効率の優れたパッケージに加え、ワゴン感覚の気持ちいい走りもチャームポイントにしている。

 登場から3年目を迎えたプレマシー、気合の入ったマイナーチェンジを行なった。最大の注目点はパワーユニットに自慢のSKYACTIV技術をちりばめ、上質で気持ちのいいドライビングフィーリングにさらに磨きをかけたことである。

効率を追求したSKYACTIV-Gをミニバンで初搭載した。リニアなレスポンスが持ち味で鋭い加速性能を生み出す

 これまでにも2Lの直列4気筒DOHCを直噴化したDISIエンジンを積んだり、アイドリングストップ機構のi-stopを採用して燃費向上に努めてきた。

 今回は主役の座に高効率直噴エンジンのSKYACTIV-G2.0を据え、トランスミッションも6速ATのSKYACTIV-DRIVEにグレードアップしてドライバビリティと燃費を向上させている。

 JC08モード燃費はミニバンのなかではクラストップとなる16.2km/L(15インチタイヤ装着車)だ。DISIエンジンを積むマイナーチェンジ前の20Sは14.0km/Lだった。燃費は2km/L以上も向上している。

 メカニズムは大きく変わったが、エクステリアとインテリアの変更はわずかだった。エクステリアはホイールのセンターキャップが変わった程度だ。

 インテリアはメーターやシフトレバー周りのデザインが変わっている。が、これまた仔細に観察しないとわからない。

 エンジンを大きく進化させたのだから、もう少し化粧直ししてもよかったように思う。

リアビュー

■シャープなATに進化

ドライバーズシート

 ドライバーズシートに座ると、デミオやCX-5で見慣れたインテリジェント・ドライブ・マスター(i-DM)が目に飛び込んできた。モノクロ表示なのが残念だが、これを見ながら運転すると燃費向上を期待できる。

 SKYACTIV-Gを採用した1997ccのPE-VPS型エンジンは151ps、19.4kgmの実力だ。アクセルを踏み込むと回転の上昇とリンクして素直にトルクが立ち上がった。低回転域のトルク不足が心配だったが、出来のいい6速ATの助けもあり、充分なパワーとトルクを感じ取れる。

 マイナーチェンジ前のプレマシーよりアクセル操作に対する追従性がよくなった。だから発進直後の低回転域からリニアな加速を引き出すことができる。ちょっとアクセルを開けただけでスピードのノリもいいと感じるが、敏感すぎて気ぜわしいと感じる悪癖も影を潜めた。

 街中を中心とした走りのステージでドライバビリティがよくなったのも特筆できるところだ。横浜はゴーストップが多く、低速性能が重視される街だ。プレマシーはアクセルをちょっとだけ開けて加速するようなシーンで扱いやすさが光った。狙ったとおりにクルマが動くなど、コントロールしやすいのが美点だ。

スタート時のみトルコンですぐにロックアップするSKYACTIV-DRIVE。ダイレクトでスムースな変速が燃費向上に貢献

 6速ATも気持ちいい走りに大きく貢献している。つながりが滑らかで、応答レスポンスもシャープだからいい気分で運転できた。

 また、パドルシフトが加わったのも朗報だ。マツダのATはマニュアルシフトのとき、シフトアップとダウンの位置が他のメーカーとは違う。そのため操作に慣れを必要とした。パドルシフトの採用により、この弱点が解消されている。

■エコタイヤが凄い!

15インチは転がり抵抗を従来より10%低減するダンロップのエナセーブ採用。グリップもいい

 新型プレマシーは静粛性も高い。とくにクルージング時は静かだ。直噴エンジンに多い不快な燃焼音も耳に付かなかった。また、燃費の悪化を防ぐのに効果が大きいアイドリングストップも洗練度を高めている。

 今までは意識してブレーキペダルを強く踏まないとエンジンが停止しなかったが、最新モデルは違和感なくエンジンが停止する。

 マツダ自慢の冴えたフットワークと正確なハンドリングにも磨きがかけられた。標準装着は195/65R15サイズのダンロップ・エナセーブだ。

 今までより1インチ引き下げられたが、専用タイヤを開発し、ボディやサスペンションにもメスを入れている。

 狙ったのは、タイヤの横力を効率よく引き出せ、接地荷重も増やせるセッティングだ。走り出してみると、足がしなやかに動いているのが実感できた。ロールは許すが、コーナリングしたときの動きに無駄はない。

 しっかりとした接地フィールが得られ、速いスピードのコーナリングでもしたたかな接地感と安心感がある。

 エコタイヤだが、思いのほかグリップレベルは高く、コントローラブルだ。ハンドリングと乗り心地の妥協点も高かった。

 最近は電動パワステを採用するクルマが多い。プレマシーは油圧制御のパワステだが、応答レスポンスは軽快だし、操舵の切り始めにあいまいなゾーンがない、リニアな操舵フィールはプレマシーの魅力のひとつである。後席でも乗り心地は上質だ。

 17インチタイヤ装着車にも乗ったが、こちらも意のままに操ることができた。

 軽やかなフットワークと懐の深いコーナリングを持ち味とするなど、スポーティ度は一歩上をいっている。乗り心地も思ったほど硬質ではなかったが、日常の取り回し性とバランス感覚で優位に立つのは15インチタイヤ装着車だ。

 渋滞に見舞われた横浜の街で、燃費は難なく12km/Lを記録した。高速道路を主体とした走りなら20km/Lの燃費をマークするのも夢ではないだろう。魅力的なミニバンの登場だ。

プレマシー価格。SKYACTIV搭載グレードは3タイプ。廉価版の20Cは200万円を切る設定だ。20Cと20Sは15インチ、Lパッケージは17インチタイヤ標準装備

■マツダ 3代目プレマシー(20S-SKYACTIV)主要諸元

・全長:4585mm
・全幅:1750mm
・全高:1615mm
・ホイールベース:2750mm
・車重:1490kg
・エンジン形式:直4DOHC
・総排気量:1997cc
・最高出力:151ps/6000rpm
・最大トルク:19.4kgm/4100rpm
・JC08モード燃費:16.2km/L
・価格:220万5000円
・エコカー減税:75%減税

(写真、内容はすべてベストカー本誌掲載時のものです)

【画像ギャラリー】マツダ 3代目プレマシー 試乗の様子をギャラリーでチェック!(8枚)

投稿 いいクルマだったなぁ…… 「走り」にこだわったマツダ3代目プレマシー新車時試乗記プレイバック は 自動車情報誌「ベストカー」 に最初に表示されました。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

ポルシェの走りがさらに進化する!? 新駆動システム部門設立、新型『カイエン』開発から稼働
ポルシェの走りがさらに進化する!? 新駆動システム部門設立、新型『カイエン』開発から稼働
レスポンス
VW『Tロック』『Tクロス』向けデジタルインナーミラー用ステー、MAXWIN「MR-KIT58」発売
VW『Tロック』『Tクロス』向けデジタルインナーミラー用ステー、MAXWIN「MR-KIT58」発売
レスポンス
モータースポーツで「快進撃」! ヒョンデのスポーツブランド「N」は市販車も速くて楽しい!! リーダーが語る「躍進の原動力」とは
モータースポーツで「快進撃」! ヒョンデのスポーツブランド「N」は市販車も速くて楽しい!! リーダーが語る「躍進の原動力」とは
VAGUE
「ハイオクとレギュラー」は何が違う? ハイオクが「高い」のはなぜ? “ハイオク指定車”にレギュラーを入れたらどうなる?
「ハイオクとレギュラー」は何が違う? ハイオクが「高い」のはなぜ? “ハイオク指定車”にレギュラーを入れたらどうなる?
くるまのニュース
ベントレー最強の4ドアセダンに、新型『フライングスパー』に「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」搭載へ
ベントレー最強の4ドアセダンに、新型『フライングスパー』に「ウルトラパフォーマンスハイブリッド」搭載へ
レスポンス
トヨタが2戦連続、今季4度目のワン・ツー達成。メーカー選手権首位に1点差に迫る/WRCラトビア
トヨタが2戦連続、今季4度目のワン・ツー達成。メーカー選手権首位に1点差に迫る/WRCラトビア
AUTOSPORT web
EV新時代の第3戦予定だったヘルシンボリ港湾地区ラウンドが急きょ2025年に開催延期へ/STCC
EV新時代の第3戦予定だったヘルシンボリ港湾地区ラウンドが急きょ2025年に開催延期へ/STCC
AUTOSPORT web
想像どおりトラックは空気抵抗の塊! この先は空気抵抗を減らす「デザイン」が重要視される時代がくる
想像どおりトラックは空気抵抗の塊! この先は空気抵抗を減らす「デザイン」が重要視される時代がくる
WEB CARTOP
GQ DRIVE──Vol.1 速水もこみち×マセラティ・グレカーレ
GQ DRIVE──Vol.1 速水もこみち×マセラティ・グレカーレ
GQ JAPAN
三菱SUVで45度の急坂にチャレンジ!4WD試乗会を奈良で8/31・9/1開催
三菱SUVで45度の急坂にチャレンジ!4WD試乗会を奈良で8/31・9/1開催
グーネット
『ギャラン』や『トレディア』オーナーの参加を三菱UKが募集中! 50周年記念ラリーを9月開催へ
『ギャラン』や『トレディア』オーナーの参加を三菱UKが募集中! 50周年記念ラリーを9月開催へ
レスポンス
タイトルを考えたノリス「首位を譲るのは辛かったが、僕はチームプレイヤー」/F1第13戦
タイトルを考えたノリス「首位を譲るのは辛かったが、僕はチームプレイヤー」/F1第13戦
AUTOSPORT web
夢のF1初優勝を達成したピアストリ、チームオーダーに翻弄され「緊張したが、チームが正しいことをしてくれた」
夢のF1初優勝を達成したピアストリ、チームオーダーに翻弄され「緊張したが、チームが正しいことをしてくれた」
AUTOSPORT web
Juju、真夏の富士戦で感じたレベルアップと自信「地味だったかもしれないですけど、すごくいいレースができた」/第4戦決勝
Juju、真夏の富士戦で感じたレベルアップと自信「地味だったかもしれないですけど、すごくいいレースができた」/第4戦決勝
AUTOSPORT web
スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
スバル「プロジェクト・ミッドナイト」新写真を公開、グッドウッドを爆走した異次元の『WRX』
レスポンス
ヒョンデ『コナ・エレクトリック』にインドネシア製電池を初搭載
ヒョンデ『コナ・エレクトリック』にインドネシア製電池を初搭載
レスポンス
トヨタ、メガバンクや損保から自社株をTOB 発行済み株式の2%を8068億円で取得
トヨタ、メガバンクや損保から自社株をTOB 発行済み株式の2%を8068億円で取得
日刊自動車新聞
スズキの新型「“2階建て”ジムニー“5ドア”」初公開! 超スゴイ「自動モデル」! 日本発売はある? 実車公開の目的とは
スズキの新型「“2階建て”ジムニー“5ドア”」初公開! 超スゴイ「自動モデル」! 日本発売はある? 実車公開の目的とは
くるまのニュース

みんなのコメント

4件
  • ニコルズ
    プレマシーは利用者目線だとマジで名車だと思う。
    内装や標準装備は標準もしくはそれ以下かもだけど、走行性能は一切妥協しない車作りがとても好感持てる。
    楽しさが詰まった車だったけど、ロールーフミニバンて需要ないんだろうな。
  • noc*****
    の車を紹介するのにOEM供給された日産ラフェスタハイウェイスターに全く触れないのは違和感しかないです。

    知らないでネットで調べた情報だけで適当に記事を書いてるのか、もしくはスポンサーへの配慮なのか。残念な記事ですね。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

185.0241.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8157.5万円

中古車を検索
プレマシーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

185.0241.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

9.8157.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村