現在位置: > > > > > なぜホンダて大衆メーカーなのに一般庶民が乗れる...

『なぜホンダて大衆メーカーなのに一般庶民が乗れる...』:ホンダ N BOX

解決済みなぜホンダて大衆メーカーなのに一般庶民が乗れるスポーツカーを作らないのですか。 NSXは一般庶民には無関係なスポーツカーです。

なぜホンダて大衆メーカーなのに一般庶民が乗れるスポーツカーを作らないのですか。
NSXは一般庶民には無関係なスポーツカーです。S660も安いとはいえ軽自動車に250万円で2シーターでは一般庶民には厳しいです。
S1000とかS2000とかホンダのスポツーカーの噂がありますが。
どれも高額な2シーターです。
シビックtypeRにいたっては500万円以上すると聞きます。

なぜホンダは大衆メーカーなのに一般庶民とは無縁のスポーツカーを作るのですか。
ホンダてしょせんはフィットやステップワゴンやN-BOXを作っている大衆車の会社でしょう。
なぜホンダは低価格な2+2のスポーツカーを作らないのですか。

ベストアンサーに選ばれた回答

ホンダというメーカーが、スポーツカーに対して頭でっかちになってしまったからであると思います。

例えば、初代のシビックタイプRは、かなり本格的な走りを披露する車でしたが、何が何でもの最速を目指す車ではなかったので、結果として、既存のコンポーネントを上手く流用した、手ごろなプライスの手ごろなスポーツハッチに仕上がった、という感じがします。

対する、現行のシビックタイプR。
ニュルブルクリンク北コース最速を狙う車を目指してしまい、結果として、「シビック」としては高額過ぎるプライスの車になってしまいました。
ホンダというメーカーが、自らの技術力を示すのにFF最速を目指すのは良い事であると思いますが、かつてのシビックのイメージから乖離した車作りを行ったことは、必ずしもメーカーのイメージ向上に繋がったとは言えないでしょう。

S660もしかり。
間接的なご先祖のビートは、走りは本格的でしたが、どちらかと言えば「シティコミュニケーター」といった側面が強かったです。
対するS660は、本格的なMRスポーツを目指してしまい、結果として、200万超えのプライスになってしまいました。
(まあ、内容を考えれば、決して高くはないのですが)

スポーツカーに求められるのは、決して、絶対的な速さだけではありません。
身の丈にあった、気持ち良くドライブ出来る感覚がむしろ重要です。
なので、ホンダには、速さだけを求めるのではなく、雰囲気や感覚を重視したスポーツモデルの開発にも力を入れるべきであると思います。
そうすれば、プライス的にも、フィーリング的にも、庶民感覚の強い車を生み出す事が出来るのではないでしょうか?

(余談)
フランス車びいきなので記入してしまいますが、そういう点では、近年のルノーは非常に上手いなあと常々思います。
メガーヌRSは、さすがに本格的な内容なので高額車の部類ですが、その後に出した旧型トゥインゴRSでは、決して安くはないが高すぎないプライス、必要にして十分なスペックで、しっかりと、メガーヌに手が届かない所得層に対してフォローしています。
それをベースにした、オープン2シーターのウィンドは、お見事の一言です。
新型のトゥインゴは、RRなので、安価なプライスでアルピーヌを再来してくれるかなあ、という期待を抱かせてくれますね。
ルノーは、日本ではマイナーですが、世界的には有数の、多様なスポーツモデルの車を提供するメーカーです。
ホンダも、かつてはその位置にいたので、まだまだ存在するであろうホンダ・スピリットを呼び起こして頑張って欲しいものです。

回答一覧

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

  • GTRにしてもNSXにしても手が届かなくなりましたよねぇ。買いたくても手が出ない人はハチロクやBRZ、インプなどに乗るのかなぁ?なんで思います。よく見かけますし。90年代ではFDやスープラですら350万、インプ、エボに至っては250万、シビックなどは200万。GTRですら500万くらいだったからこそ…スポーツカーに選択肢あったのに…なのに今は1000万越えますからね…。そこまで出せないっていう人は程度のいい中古の90年代スポーツカーを買うか、現行でも数百万規模のスポーツカーを選んで買わざるおえないんですよね…。大衆スポーツカー=安い、ショボいっていう発想ではなく、手の届きやすいスポーツカーっていう発想ですからね。貧乏人は普通車乗ってろっていう訳ではないですから。最近はスポーツカーが減ってもはやスーパーカーかよ!っていう桁違いの高いクルマが多いですよね

  • ホンダが、低価格な2+2のスポーツカーを作らないのは、
    無理に作っても、中途半端なコンセプトの車になるだけだし、
    そんな車を作った所で、今の時代では売れないからですよ。

    そもそも、2+2のスポーツカーというジャンルは、
    スポーツ性能+多少の日常使いの実用性を残した車であり、
    日常の生活手段として車を兼務させたスポーツカーなわけです。

    そして、そうしたコンセプトの車を必要とする人間の大部分は、
    結婚前の18~30歳くらいの若者になります。

    ですが、スマホやパソコンの普及で自由に使えるお金が大きく
    食われてしまい、その年代の若者は、車にお金をかける余裕が
    ないわけです。

    そのため、維持費がとにかく安く済んで、実用性がある車を
    希望している方が大半なわけです。
    ですので、仮に2+2のスポーツカーを作って、
    それを頑張ってフィットクラスに迫るような低価格で販売した所で、
    燃費や実用性に勝るフィットや他のHV車の方が、
    優れた車として大衆に評価されるし、販売数も足元にも
    及ばない数しか売れません。

    「だったら、そんな車いらないでしょ・・・」というわけで
    消滅したし、現在、作る気もないわけです。


    ですが、世の中には、過去のF1から続くホンダのイメージや
    当時の車の印象から、今でもホンダが本気で作るスポーツカーを
    高くたって欲しいというニーズが少なからずあります。

    そのため、スポーツ性がさらに高められる
    2シーターで、価格も最低限の採算が取れる高価格にして、
    市場にだしているにすぎません。

    ですから、現在のホンダのスポーツカーは、
    ホンダファン向けのプレミアムサービス目的車輌として
    販売されているだけです。

    大げさな例えになりますが、フェラーリでいったら、
    エンツォやラ・フェラーリみたいな
    フェラーリのお得意様向けだけに売ることを意識した
    車ですね。

    特に、S660の発売時もその姿勢は顕著でしたが、
    年間製造台数が少ないため、購入するためには、
    全国のディーラーで抽選やくじ引きが行われました。

    注文数に見合う数を無理に増産して、
    売ろうと言う気は最初からない車ですよ。
    ようは、そこまでしてでも、ホンダのスポーツカーが
    欲しい方にしか売る気はないという象徴的な車で
    はないでしょうか?

    つまり、現在販売されているホンダのスポーツカーは、
    ホンダファン向けの特別な車輌なだけであって、
    普通の一般庶民に向けに通常販売されている車としては、
    スポーツカーは、すでに絶滅しています。

    よって、大衆販売において、すでに販売を取りやめている
    ジャンルの車を、今更、大衆向けのスポーツカーをなんで
    作らないの?って考えるのは、そもそも無理があると
    思いますよ。


    参考にしていただけたら幸いです。

  • 今思えばEK9が200万切ってたのは立派
    過去に戻って買うかな
    どうせ戻るならトヨタ2000GTが良いかな

  • 君どんだけ暇なの?ねえどんだけ暇なの?

    あとさ、一般市民の為のスポーツカーってさ、何のためのフィットRS?

    いじらずワインディングでソコソコ遊べて、いじれば耐久レースやジムカーナ対応できて、フィットで充分じゃない?

  • 確かに、自分の中ではEGやEKは庶民のスポーツカーだったと思います。今のは高くて手が出せないですね。大好きなのにな〜ホンダは・・・

  • マーケティング。
    どんな客層に何を幾らで売れば一番儲かるか。
    (会社として成り立っていけるか)
    今、廉価スポーツカー作っても儲からないと経営陣が判断してるのでしょう。
    それは正しいと思う。

    若者はスポーツカーに興味ないし
    オッサンは家族のために買えないし
    各社、ミニバンを少しスポーティーにするとかチョイ悪にするくらいが
    そのセグメント(今のスポーツカー好きな客層)の消費者に合ってると見ているんだと思う。

    NSXやS660はブランドイメージのための戦略製品のひとつで
    現段階で売る気なんてさらさら無いのでは?売れたらラッキーみたいな。

  • 庶民が乗れる、というのはどれくらいの値段層を指しているのでしょう? 100万円台? 100万円以下?

    とりあえず、私個人としてはスポーツカー=高級車ばりに高いものっていうイメージがあります。だから故かもしれませんが、いつか乗りたいと思えるのであって、100万円以下でいつでも買える、みたいなのだと逆に要らないって思ってしまいますね。

    それに、中古で探せば新車当時300万も400万もしたスポーツカーだって100万切って売ってたりするんですし…。

  • 最近のホンダは本当に迷走している気が。nsxなんか作る前に在庫を売れと。
    シビックにタイプR、インテグラにタイプRと大衆車にスポーツモデルが溶け込んでいたころは象徴としてnsxのようなスーパーカーが出ても良かったのですが
    今はいきなりバンと出されても受け入れがたい。シビックも高い上に少量生産。

  • 一般庶民はスポーツカーより燃費優先だからです

  • シビックタイプRを、原点回帰で、1.6Lで作って、バカみたいな値段つけなきゃ、それなりに売れるかもしれんが、ベースはただの、FF大衆車だからな。

    やっぱり、走る、曲がる、止まるが素直な、FRスポーツカーの方が、受け入れられ安い。
    駆動と操舵が、別々の方が、素直にうごくし。

    FF大衆スポーツじゃ、あんまり売れない。
    ホンダもそれを、分かってるから作らない。

    ホンダは、エンジンがいいのに、車体作るの、上手くないからな。

    S2000みたいだけどオープンじゃないFRか、2000CC位のMRでも作れば、売れそうだけど、頑なに作らないし。

15件中1~10件を表示

2ページ [先頭前へ12次へ最後]

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

中古車ホンダ N BOXアクセスランキング
  1. 1位 660 G Lパッケージ
    660 G Lパッケージ
    200,000円(福岡)
  2. 2位
    660 G
    497,000円(埼玉)
  3. 3位
    660 G Lパッケージ
    248,000円(栃木)
  4. 4位
    660 カスタムG
    675,000円(千葉)
  5. 5位
    カスタム 660 G L ホンダセンシング
    1,579,000円(福岡)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)