現在位置: carview! > 新車カタログ > ホンダ(HONDA) > N-BOX > 専門家レビュー・評価一覧

ホンダ N-BOX 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
ホンダ N-BOX 新型・現行モデル
2 件中 1~2件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 西村 直人
    西村 直人
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    5
    走行性能
    4
    乗り心地
    3
    積載性
    5
    燃費
    4
    価格
    4

    軽四輪車のトップセラーであり続ける容積型ミニバン

    2022.1.17

    年式
    2017年9月〜モデル
    総評
    日本の国民車となった容積型の軽自動車。N-BOXはそのトップセラーとして世の中に貢献し続ける。小さいが衝突安全ボディは優秀。試験場で「アコード」とオフセット衝突させた直後のN-BOXを取材したが前ドアだけでなくスライドドアもスッと開いた。ただ、ボディが小さいため分散しきれない衝突エネルギーは同乗者へと向かう。軽自動車全体の課題だ。
    満足している点
    容積型の軽ミニバンが不得意だった安定した走行性能の確保と、3パターンから選べるシートアレンジ、ボトムグレードからHonda SENSINGが標準装備である点に加えて、2021年の一部改良では全車にEPBを採用しACCに渋滞追従機能が追加。NO.1セールスにあぐらをかかず、地道にユーザーが求める改良や装備追加を継続している点こそ最良ポイントだ。
    不満な点
    運転席に座るとよくわかるがスイッチの類いが非常に多い。これだけの充実装備をサイズに制約がある軽自動車に詰め込んだわけでスイッチが多くなるのは当然ながらも慣れるまで時間がかかる。小物類が各所に収納できるのはありがたいが、それだけに意識して収納していかないと物が車内に散らかりがちになる。
    デザイン
    存在感あるマスクに腰高感を抑えたサイドシルエット、そして発光面積が大きく取られた縦長のテールレンズ。「標準」モデルのすっきり感と「カスタム」モデルの押し出し感を両立する優れたデザインだ。この成功は新型となった6代目ステップワゴンにも受け継がれた。可能な限り横方向に張り出させたテールレンズは見た目だけでなく被視認性も高い。

    続きを見る

  • 伊達 軍曹
    伊達 軍曹
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    2

    売れてる理由がよくわかる「移動可能な私のお部屋」

    2021.1.14

    年式
    2017年9月〜モデル
    総評
    今、軽自動車のなかではもっとも売れているジャンルの一番人気モデルだけあって、「価格」以外は文句なし。もしも価格に納得できるのであれば、非常に良い選択です。
    満足している点
    背の高さを最大限活用した、抜群の居住性と積載性。そして背の高さをほとんど感じさせない安定した乗り味は、この車の大きな武器です。
    不満な点
    使い勝手や走行性能に関してはかなり高い平均点を誇る車ですが、その分だけ価格は高め。軽自動車にこれだけのお金を投じることに疑問を感じる人もいるでしょう。
    デザイン
    初代のイメージを受け継ぎながらも各部を洗練させたデザインはなかなかお見事。ボディのサイドを貫くキャラクターラインが、背の高い箱型の車に伸びやかな印象を与えています。ややワイルド系な「N-BOXカスタム」も、ワイルド過ぎないちょうど良さがあります。

    続きを見る

1

N-BOXを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!