カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『5年乗って』の口コミ

  • 5年乗って

    総合評価:10点満点中6点

    投稿日:2015年5月21日

    投稿者:sabo3 さん

    乗車形式:マイカー

    メーカー・モデル:ホンダ フリードスパイク
    グレード:スパイク G・ジャストセレクション(CVT_1.5) (2010年式)

    総評
    車に300万は無理という40代サラリーマン。小型スポーツタイプからファミリーカーへ。
    ラフェスタ、プレマシー、シエンタと比較した(2010年当時)。贅沢装備はほぼオプションで相当高くなるため、一回り大きいプレマシーと最後まで迷ったが、最後は装備を諦め総支払額の低さで決めた。
    プレマシーや他のホンダのミニバンが走りを一定程度アピールしているのに対し、あくまで日常の足、道具という感じ。走りの楽しさは全くない(名前と雰囲気は変わったが、概念は「モビリオ」である)。
    広さ、質感、快適性ならセダンか大型ミニバン、価格なら軽、走りなら他の車、という全く特徴のない車ともいえるが、この価格で、スライドドアで、この室内空間で、大きな欠点がない、というのが最大の特徴である(スパイクは個性もあるが)。実際その意味でライバル車も少ない(儲からないのだろう)。
    このままもう少しだけ、乗り心地か走りのどちらかでもよければ逆に完璧だったかもしれないが、この価格では土台無理だろう(世の中的にはアル・ヴェルの方がはるかに売れているのだから)。
    満足している点
    スライドドア。狭い駐車場や風の強い日など良さを実感した(前席にもほしいくらい)。子供がいる場合は特に有効だろう(今回選ぶ際のポイントだったが、この価格帯では車種が少ない)。
    広々感。小型車からの乗り換えだが、かなりある(7人乗フリードでもライバル車よりある気がする)。
    高さ。運転(視点)、車内での移動がラク。広々感にも影響は大きい。普通のミニバンよりは低く、乗り降り、洗車、雪下ろしで多少ラクかもしれない(背の低い人には同じか)。機械式駐車場はダメだが。
    価格。当時は発売直後だったが、自動スライドドアやナビ、エアロなどは付けなかったので、価格そのものは低く抑えられた。細かいオプションと諸経費込みで200万以下。セレナ等のクラスとの価格差はやはりそれなりにある(当然装備により価格帯は重なるし、当時と今では違うだろうが)。
    大きさ的に小型車とミニバンの中間で、広いとも安いとも燃費がいいとも言えないが、「ミニバンとしては小さい」ことがウリであり、取り回しのラクさなどその意味での利点は充分感じる。
    不満な点
    Aピラーが視界を若干妨げる。可能な限り運転位置を調整してみたがダメだった。(個人の体格の問題かもしれない)。そもそも私のグレードでシートの高さ調節とテレスコピックがなく、運転位置の調整範囲が限られることもあるかもしれない(グレードの選び方の問題だが、設定に不満はある)。
    前席のヘッドレストが前傾していて違和感がある(個人の体格の問題かもしれない)。
    運転席のヒザ周りが狭い(個人の体格の問題かもしれない)。
    運転席周りの収納が少ない。
    ダッシュボードの上が平らでスペースがあるのに、手前側に傾斜していて物が置きづらい。
    燃料計の表示。少なくなってから急に減るのが早くなる印象がある。
    小型車からの乗り換えだが、高さが相当ある(171cm)ので雪下ろしはそれなりに大変になった。背の低い人は覚悟が必要かもしれない(車の問題ではないが、ミニバンの大きなデメリットではある)。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)