現在位置: > > > > > ホンダからフィットのハイブリッドがもうじき出ると思...

『ホンダからフィットのハイブリッドがもうじき出ると思...』:ホンダ フィットハイブリッド

解決済みホンダからフィットのハイブリッドがもうじき出ると思うのですが、何月頃なのかご存知の方いらっしゃいますか? 見た目も大きく変わっているのでしょうか?

ホンダからフィットのハイブリッドがもうじき出ると思うのですが、何月頃なのかご存知の方いらっしゃいますか?

見た目も大きく変わっているのでしょうか?どんな仕様なのか、価格帯など、その他詳しく知りたいのですが、ご存知の方教えてください!

ヨロシクお願いします!

ベストアンサーに選ばれた回答

こんにちは。早ければ8月頃デビュー予定です。
外見はノーマルと殆ど同じですが、一目でハイブリッドと分かる様な演出はすると思います。おそらくホイールやテールランプ、グリルのデザインの差別化でしょう。
システムはインサイトと同じで、1.3Lエンジン+IMAシステムです。エンジン主体でモーターがアシストしますが、基本的にエンジンとモーターの動力を切り離せないシステムです。なのでモーターだけでの走行は出来ません。10・15モード燃費は32KM/Lくらいだそうですから、実燃費は20KM/Lを少し超えるくらだと思います。車両価格はボトムで150万円前後になると予想されています。この通りの仕様で本当に150万円以下なら欲しいですねぇ。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • カー雑誌間でも情報が異なっているようです。
    私が見たカー雑誌3誌では7月と8月と10月と全く異なる情報が書いていました。
    フィットHVも楽しみですが、どのカー雑誌の情報が正しいのか楽しみです。

    ホンダカーズに確認したら夏発売ならもう情報が来ても良いはずですが・・・ いまだ情報はありませんとのコメントでした。
    本当かどうかは分かりません。

  • 私の読んでる某雑誌では今年10月と書いてありました。

    価格は160万円位~らしいです。

    メカニズム的にはインサイト等と同じIMAが使用されるのではないでしょうか。

    フィットHVが出れば、インサイトが売れなくなってくるんじゃないかと思います。

    私の知りえる情報はこのくらいです。

    参考程度に。

  • 3月説と秋頃説がありますね。
    ただ3月デビューならばそろそろネット上でチラホラと情報が出てきてもおかしくない頃ですね・・・。やっぱり秋かな?

    外観はバンパーやグリル・ランプ・ホイールのデザイン等の小変更にとどまると思います。

    仕様は基本的にインサイトと共通でそれをフィットに合うようにチューンしたものになると思います。燃費に関してはインサイトより若干落ちるか頑張っても同等程度だと思います(空力的にはインサイトの方が有利)

    価格帯は150万〜170万くらいでしょう。できれば安くして多く売りたいでしょうけど、あんまり安くしてしまうとインサイトの売り上げに大きく響いてしまうので悩んでいる、といつかの新聞記事にありましたね。

  • ホンダがハイブリッド車戦略前倒し
    次はCR-Z、フィットを先行投入

    「ハイブリッド車戦略はすべて前倒しにする」
    (小林浩・ホンダ日本営業本部本部長)

    ホンダはインサイトをはじめとしたハイブリッド車ラインナップ計画を見直し、
    新モデル投入時期を予定より早めてハイブリッド車の普及を加速させる。

    2010年前半にCR-Zをベースとした新型スポーツハイブリッドカーを、
    同年後半に低価格のフィット・ハイブリッドを立て続けに投入するというもの。

    昨年発表された計画ではフィット・ハイブリッドより先に行なわれる予定だった
    シビック・ハイブリッドのリニューアルについては時期を検討中だ。

    背景にはまず、国内のハイブリッド車市場が予想以上の高まりを
    見せていることが挙げられる。インサイトは発表後、ホンダディーラーに
    客足を呼び戻し、4月の国内新車登録台数では1万0481台を記録して
    ハイブリッド車で初めて首位を飾った。

    今月18日にはついにトヨタ自動車が新型プリウスを発売、
    受注はすでに8万台を超えた。

    インサイトにしてもプリウスにしても、支持されるのは燃費のよさとともに
    圧倒的な低価格である。新型プリウスは205万円から、旧型プリウスは
    装備を簡素化し、インサイトの最低価格と同じ189万円で手に入る。
    このような販売状況を考えるとホンダが少しでも早く、安いハイブリッド車を
    たくさん投入したいという意図は想像に難くない。

    そしてまた別に急浮上したのが、政府の景気対策に盛り込まれた
    新車買い替え補助制度終了後の反動で、来年度以降、販売不振に
    陥ることへの危惧である。ホンダはこの制度による効果を「7万~8万台程度
    期待している」(近藤広一・ホンダ副社長)が、だからといって制度終了後、
    景気が急回復しているとは考えにくく、「そのようななかでディーラーや
    部品サプライヤーのことを考えると、少しでも販売台数を落としたくない、
    売れるハイブリッド車のラインナップを早く広げていかないと厳しい」
    (小林本部長)と判断している。

    ハイブリッド車戦略の前倒しで、よりいっそう開発が急かされるのが、
    ホンダとジーエス・ユアサコーポレーションの合弁会社ブルーエナジー産の
    ハイブリッド車用リチウムイオン電池だ。10年秋に量産を開始、「同時期に
    投入するクルマにブルーエナジー産の電池を使う」
    (福井威夫・ホンダ社長)ので、フィット・ハイブリッドにはそれまでホンダの
    ハイブリッド車に使われていたニッケル水素電池ではなく、リチウムイオン電池が
    使われる可能性もある。将来的にはプラグイン・ハイブリッド化も考えられる。

    経済環境の急変で、それ以前に立てた計画が通用しなくなったとき、
    世の中の動きにいかに早く徹底的に対応できるかが、自動車業界で
    生き残りのカギとなるのは言うまでもない。

    と、ご覧の通りで年内の秋以降のようですねぇ!

  • 10年後半と言われていますから秋くらいではないでしょうか。

    見た目はグリルが変わるそうです。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ フィットハイブリッドアクセスランキング
  1. 1位 1.3
    1.3
    120,000円(大阪)
  2. 2位
    1.3
    95,000円(埼玉)
  3. 3位
    1.3
    258,000円(岐阜)
  4. 4位
    1.5 RS
    759,000円(岩手)
  5. 5位
    1.3
    99,000円(福岡)

※2020年4月2日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)