ダイハツ タントカスタム 2017年12月モデルの新車情報・カタログ

ダイハツ タントカスタム 新型・現行モデル
マイカー登録
愛車や気になる車を登録するとマイカーページで情報の管理・収集を行うことができます。
中古車価格帯

19.5 万円 179.0 万円

中古車を検索

新車価格(税込)

152.8 万円 187.4 万円

新車見積もりスタート

新車見積もり依頼&ご成約でPayPayギフトカード10,000円相当プレゼント
  • アクセスランキング 232
  • 総合評価 4.4
  • ユーザーレビュー (詳細) 567
  • みんなの質問 (詳細) 758
車体寸法
(全長×全幅×全高)
3,395×1,475×1,750mm 燃料消費率 24.6〜28.0km/L(JC08モード走行)
乗車定員 4名 排気量 658cc

概要

■2017年12月
ダイハツは、タントカスタムを一部改良して、2017年12月18日に発売した。

今回の一部改良では、4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」を採用し、安全性能を向上させた。

あわせて「カスタム X“トップエディション SA III”」をベースに、両側パワースライドドアを標準装備した特別仕様車「カスタム X“トップエディションリミテッド SA III”」を追加設定した。

■2018年8月
ダイハツは、タントカスタムに特別仕様車「カスタムRS“トップエディションリミテッド SA III”」を設定して、2018年8月20日に発売した。

「カスタムRS“トップエディションリミテッド SA III”」は「カスタムRS“トップエディション SA III”」をベースに、4箇所のカメラにより車両の前後左右を映すことで、上から見下ろしたような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター対応カメラ」を標準装備して、安全性を向上した。

■2018年12月
ダイハツは、タントカスタムに特別仕様車「VSシリーズ」を設定して、2018年12月3日に発売した。

「VSシリーズ」は「カスタムX“トップエディション SA III”」と「カスタムRS“トップエディション SA III”」をベースに、フロントグリルLEDイルミネーションや専用アルミホイールを特別装備して、堂々とした存在感をさらに向上した。

ボディカラーはレーザーブルークリスタルシャインを新たに設定した。

おすすめのグレード 比較表を見る すべてのグレードを見る タントカスタム 2017年12月一部改良

※すべての新車価格はメーカー発表当時の税込価格です。

マイナーチェンジ一覧 タントカスタム 2017年12月一部改良

専門家レビュー タントカスタム ※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 後席の広さに驚かずにはいられない

    2022.6.21

    工藤 貴宏
    工藤 貴宏
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    3
    走行性能
    2
    乗り心地
    4
    積載性
    2
    燃費
    5
    価格
    3
    年式
    2019年7月〜モデル
    満足している点
    広い後席やスライドドアによる実用性の高さ。それはホンダN-BOXやスズキ スペーシアなどライバルにも同じことが言えてしまうのだが、ライバルにない飛び道具として、助手席ドアと助手席側スライドドアを同時に開けるとBピラーレスの大開口部が実現するという「特技」を持っている。また助手席の背もたれを前に倒すと水平なテーブルとして活用できるなど、使い勝手を語るうえで特徴的なポイントだ。また、助手席に半ドアを防ぐクローザーを組み込むなど、痒い所に手が届く的な便利装備も光る。
    不満な点
    ライバルに差をつけている装備の「Bピラーレス開口部」だが、これを有効活用できるのはどんなシーンかと考えた場合にパッと思い浮かばないのがなんとも惜しい。実際のところスライドドアを開けただけの乗り降りでも開口幅がわずかに広がるのは事実であり、人によってはそこに価値を見出せるだろう。ライバルに比べて明らかに弱点と感じられるような部分は見当たらない。
    デザイン
    軽自動車は全長や全幅の制約があり、その中で高効率なパッケージングを求めるスーパーハイトワゴンのジャンルは各車ともプロポーションが似てしまうのを避けられないところだ。そのため、個性を出すデザイン要素は顔つきなどに限定されてしまうのだが、プレーンな標準仕様タントに対してタントカスタムは大型ヘッドライトや開口部の大きなバンパーにメッキを組み合わせることで差別化。以前に比べると押し出しの強さは控えめで上品方向にキャラクターを向けている。

    続きを見る

  • まさに新時代のライフパートナー

    2022.6.20

    まるも 亜希子
    まるも 亜希子
    自動車ジャーナリスト
    評価

    5

    デザイン
    5
    走行性能
    5
    乗り心地
    5
    積載性
    5
    燃費
    5
    価格
    4
    年式
    2019年7月〜モデル
    満足している点
    運転席が最大54cm、助手席が38cmと大きくスライドする世界初の運転席ロングスライド機構を採用した「ミラクルウォークスルーパッケージ」が目玉。ミラクルオープンドアと合わせて、車内動線の自由度が増し、雨の日や小さな子供のお世話など、いろんなシーンで飛躍的に便利になっています。
    不満な点
    オプションですが全車速追従機能付きACCがスーパーハイトワゴンとしては初めて搭載され、「次世代スマートアシスト」と「スマートアシストプラス」を合わせると全15機能と安全性能が充実したのは素晴らしいところ。ACCのステアリング制御がやや気忙しいので、もう少し精度が高くなるとさらにいいと思います。
    デザイン
    クルマを超えた、幅広い世代のライフパートナーとなるべく誕生した4代目タント。カスタムはより上質感をアップするエアロパーツが特徴的です。台形に踏ん張るようなフロントマスクで、先代までの背高ノッポ感が少し弱まっているデザインだと思います。

    続きを見る

専門家レビュー一覧を見る

リセール価値 タントカスタム

走行距離別リセール価値の推移

グレード
カスタムRS“トップエディション SA III”(CVT_0.66)
新車価格
174.0万円
年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2023年
1年後
2025年
3年後
2027年
5年後
2029年
7年後
5千km 99万円 92万円 85万円
新車価格の
49%
78万円
新車価格の
44%
1万km 97万円 87万円 76万円 66万円
2万km 94万円 76万円 59万円 42万円

※リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

所有者データ タントカスタム

  • 人気のカラー

    1. 30.3%
    2. 23.8%
    3. 11.5%
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    18.6%
  • 居住エリア

    1. 関東地方
      23.3%
    2. 近畿地方
      19.1%
    3. 東海地方
      13.0%
  • 男女比

    男性
    75.9%
    女性
    22.6%
    その他
    1.3%
  • 年代

  • 年収

※車両データと所有者データの数値はマイカーデータとYahoo! JAPANカードのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車アクセスランキング タントカスタム

中古車相場 タントカスタム

ダイハツ タントカスタム
平均価格 98.6万円
平均走行距離 54,320km

平均値を表示しています

もっと詳しく見る

査定を依頼する

複数社の査定額を比較して愛車を最高額で売却!

愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

  1. STEP1

    お見積り依頼

  2. STEP2

    買取店から
    電話・メールでご連絡

  3. STEP3

    査定実施

  4. STEP4

    査定額を比較し
    売却先を決定

  • メーカー

  • モデル

  • 年式

  • 走行距離(km)

歴代モデル一覧 タントカスタム

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

/