現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > トール軽の王道カスタムにダイハツが本気出したらこうなった! タントカスタムのコンセプトカーのデザイナーを直撃

ここから本文です

トール軽の王道カスタムにダイハツが本気出したらこうなった! タントカスタムのコンセプトカーのデザイナーを直撃

掲載 2
トール軽の王道カスタムにダイハツが本気出したらこうなった! タントカスタムのコンセプトカーのデザイナーを直撃

 この記事をまとめると

■東京オートサロン2023でダイハツはタントカスタムのコンセプトカーを展示

伸びる軽トラとか自由すぎだろ! ダイハツブースはもはやおもちゃ箱状態【東京オートサロン2023】

■このクルマについて担当デザイナーにインタビューを実施した

■あえて量産できないところまで表現しているという

 かつてのカスタムのイメージを新たに再現!

「DAIHATSU VILLAGE2023 夢ふくらむ、はじけるダイハツ」を共通テーマに、個性的な8台ものモデルを展示したダイハツブース。今回は、その中から「Custom is back」をテーマにした「TANTO CUSTOM」について、担当デザイナーの芝垣氏に会場で話を聞いてみました。

 ――では、よろしくお願いします。なかなかスゴい佇まいですが(笑)、この企画はどのように始まったのですか?

「90年代半ばに初めてカスタムモデルを発売したメーカーとして、その王道のカスタムを再現してみようと。当時、クルマのカスタマイズというと全塗装が一種の憧れだったこともあり、今回はとくに塗装にこだわってみました。最近では何でもプリントでできてしまうのですが、あえて塗装することがカッコいいという意図ですね」

 ――今回新たに起こしたパーツはどの部分になりますか?

「まずフロントグリルと、ランプの目尻のパッチ、それとサイドガーニッシュですね。あとはすべて純正パーツでまとめています。やはり、ベースのタントカスタムのポテンシャルを生かしたいので、手を入れる部分は最小限にしたんです」

 ――この眩しい赤のボディカラーは新色ですか?

「はい。『キャンディーレッド』という特殊な赤で、じつは海外から取り寄せた塗料なんです。夜の街中でも光が当たると浮かび上がってくるような輝度の高い色ですね。この塗装が難しくて、下地を何度も塗って段差を埋め、その後に何十回も塗りと磨きを繰り返しました」

 ――やはり、ボディサイドのブラックとのグラデーションが見所ですね

「ワンオフということもありますが、ここは手塗りなんですよ(笑)。単なるグラデーションではなく、リヤからナナメにブラックを入れていますし、よく見るとテーピングによる模様も入れていています。この塗りは社内では無理で、専門の業者を探してお願いしました」

 ――リヤはブラックでまとめた感じですね

「一見そう見えるのですが、じつは上下の部分に少しだけ赤を残しているんですね。ここもやはり手塗りで微妙なグラデーションを出していて、量産では絶対に無理な表現です(笑)。ただ、そういう特別感こそが、私たちの考えるカスタマイズの姿なんですね」

 ――今回このクルマを手掛けてみて、メーカーだからこそできたことはありますか?

「逆説的ですが、メーカーがここまでやったことはないと思います。やはり、メーカーには量産できないことは悪という発想がありますが、今回はユーザーさんであればこうしたいんじゃないか、というところまでやり切った。よく承認されたなあと思いますね(笑)」

 ――これは人気が出そうな予感がしますね。本日はありがとうございました。

こんな記事も読まれています

猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
AUTOCAR JAPAN
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ベストカーWeb
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
AUTOSPORT web
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
グーネット
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
グーネット
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
ベストカーWeb
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
Auto Messe Web
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
AUTOSPORT web
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
グーネット
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
グーネット
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
AUTOCAR JAPAN
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
Auto Messe Web
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
AUTOSPORT web
244名のモデルやコンパニオンを網羅「ギャルズ・パラダイス2024東京オートサロン編」発売!
244名のモデルやコンパニオンを網羅「ギャルズ・パラダイス2024東京オートサロン編」発売!
AUTOSPORT web
高速道路のSAとPA「違いってなに!?」実は施設の規模は関係ナシ! PAしかない高速道路も
高速道路のSAとPA「違いってなに!?」実は施設の規模は関係ナシ! PAしかない高速道路も
乗りものニュース
全長4.1mの「小さな高級車」発売! 超豪華「グレーレザー内装」×「“キョウト”ホイール」採用!? 質感向上した新コンパクトSUV「DS3」設定
全長4.1mの「小さな高級車」発売! 超豪華「グレーレザー内装」×「“キョウト”ホイール」採用!? 質感向上した新コンパクトSUV「DS3」設定
くるまのニュース

みんなのコメント

2件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索
タントカスタムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村