現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レクサス純正色のレッドが決め手! 小技が効いたダイハツ「タントカスタム」が「KING OF K-CARミーティング」総合優勝しました!

ここから本文です

レクサス純正色のレッドが決め手! 小技が効いたダイハツ「タントカスタム」が「KING OF K-CARミーティング」総合優勝しました!

掲載 30
レクサス純正色のレッドが決め手! 小技が効いたダイハツ「タントカスタム」が「KING OF K-CARミーティング」総合優勝しました!

イベントに参加してハートに火がついた

 最初はクルマ好きの仲間同士が集まり、気軽な気持ちでドレスアップカーのイベントに参加。そこに参加するクルマの凄さに衝撃を受け、カスタムの世界にどっぷりハマッてしまうオーナーは少なくない。誰よりもカッコ良く、目立つことを考えていくなかで、他人との差別化を図って自分だけのオリジナルカーを求めてパーツを製作する。最初は参加するだけのドレスアップカーコンテストだったが、参加するなら頂点を目指したくなるのが人の性であろう。

平成のスズキ「アルトワークス」を昭和ボーイズレーサーに! 赤鬼フェイスはワンオフで作りました

総合優勝したのは「タントカスタム」

 ここで紹介するダイハツLA600S「タントカスタム」のオーナーである和崎岳男さんはまさにそのひとり。クルマを購入するまで何も知らなかったオーナーが、フルカスタマイズ車を作り、ついには「KING OF K-CARミーティング」において総合優勝を果たした。誰よりもカッコ良さを追求して作り込み情熱を注いだ、そのカスタムカーの歩みに迫る。

 全国各地の軽カーカスタムの猛者たちが集まるドレコンとして有名なのが、大阪のカスタムショップ、ハーテリーが主催する「KING OF K-CARミーティング」だ。このレベルの高いドレコンで見事に総合優勝の栄冠に輝いたタントカスタムは、どのようなカスタム歴を歩んできたのだろうか。

 一番最初の製作テーマは、ただ普通にイベントや通勤にも使えるカスタムカーとして市販のボディキットを装着し、エアサスをセットしてロワードした程度の仕様だった。しかし、ドレスアップカーコンテストに出るうちに次第に考えも変わり、よりオリジナル性の高いカスタムの方向を目指すようにエスカレートしていった。

 もともと、他人と被るようなクルマには乗りたくない性格だったので、ドレコン会場や街中でよく似た外装キットの装着車を見かけると、もっとオリジナルカーとしての主張を施したいと思いはじめる。ただ、多くの予算もかけられないので、カスタムはすでに装着しているパーツを無駄に使わず、これをベースにオリジナル加工のボディキット製作に挑んだそうである。

市販エアロキットをオリジナル加工

 現在のタントカスタムは、スペック!製のエアロキットを装着している。フロントバンパー、グリル、サイドステップ、リアバンパーのフルキットをベースに、より立体的にメリハリを強める工夫が施されている。具体的には、エッジを立たせてプレスラインを強調する大幅加工を施している。

 また、フロントフェンダーは約5cmワイドのFRP製オーバーフェンダーを自ら作ってセット。リアは、スライドドアの逃げを考慮しながら5.5cmワイドのオーバーフェンダースタイルを鉄板の切った貼ったで作り出してセットしている。

 サスペンションはエアフォースジャパンのエアサスを使ってベタベタに車高を落として、オーバーフェンダーをより強烈にアピールしているが、もうひとつのポイントとしてホイールの選択がある。

 最近のドレスアップホイールのトレンドは、段付きリムのホイールが主流になっているが、これだとどうしてもホイールが大きく見せられない。そのため、より迫力を重視するなら、段が無くリムが真っすぐに立ち上がるリバースリムの方がよりホイールを大きく見せる効果が高くなる。そこで、リバースリムのロールフランジを持つ、クレンツェ・エルマークラインフォルム(フロント8J×17、リア8.5J×17)をセット。

 かなり考え尽くして製作された和崎岳男さんのタントカスタムだが、最近、ボディカラーも「ラディアントレッド コントラストレイヤリング」というレクサス「LC」純正色にオールペンしたことで、より華やかに目立つようになって大満足とのこと。しかし、これでカスタムが終わりというわけではない。今後はまだオーディオ系が未完成なので、ロックフォードのスピーカーとアンプを軸に魅せるオーディカーとして作り込む予定だそうだ。

 すでにKING OF K-CARミーティングの頂点に立ったクルマであったが、この先もカスタムカーとしてさらなる高みを追求するという。

「まだまだ、やりたいことはたくさんあり、ドレスアップカーとしては道半ば、これからです!」と最後にコメントしてくれた。

こんな記事も読まれています

ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
グーネット
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
グーネット
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
ベストカーWeb
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
Auto Messe Web
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
AUTOSPORT web
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
グーネット
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
グーネット
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
AUTOCAR JAPAN
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
Auto Messe Web
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
AUTOSPORT web
244名のモデルやコンパニオンを網羅「ギャルズ・パラダイス2024東京オートサロン編」発売!
244名のモデルやコンパニオンを網羅「ギャルズ・パラダイス2024東京オートサロン編」発売!
AUTOSPORT web
高速道路のSAとPA「違いってなに!?」実は施設の規模は関係ナシ! PAしかない高速道路も
高速道路のSAとPA「違いってなに!?」実は施設の規模は関係ナシ! PAしかない高速道路も
乗りものニュース
全長4.1mの「小さな高級車」発売! 超豪華「グレーレザー内装」×「“キョウト”ホイール」採用!? 質感向上した新コンパクトSUV「DS3」設定
全長4.1mの「小さな高級車」発売! 超豪華「グレーレザー内装」×「“キョウト”ホイール」採用!? 質感向上した新コンパクトSUV「DS3」設定
くるまのニュース
“インディ500の愛称”に類似した表現を繰り返し使用するF1に対し、IMSは「知的財産を保護するための措置を用意」
“インディ500の愛称”に類似した表現を繰り返し使用するF1に対し、IMSは「知的財産を保護するための措置を用意」
AUTOSPORT web
決着は0.003秒フォトフィニッシュ! ダニエル・スアレスが3ワイドで王者を撃破/NASCAR第2戦
決着は0.003秒フォトフィニッシュ! ダニエル・スアレスが3ワイドで王者を撃破/NASCAR第2戦
AUTOSPORT web
GR「スープラGT4EVO」で開幕戦デイトナに参戦! 服部茂章率いる「ハットリモータースポーツ」がIMASAシリーズに挑戦
GR「スープラGT4EVO」で開幕戦デイトナに参戦! 服部茂章率いる「ハットリモータースポーツ」がIMASAシリーズに挑戦
Auto Messe Web

みんなのコメント

30件
  • 良さがわからないが、軽には軽の世界があるんだろうな。
  • ライターの名前が載っていない。
    自信持って名前載せてみろよ。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索
タントカスタムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村