現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 赤黒グラデーションのド派手タントカスタム出現! テーマは「裏タント」|東京オートサロン2023|

ここから本文です

赤黒グラデーションのド派手タントカスタム出現! テーマは「裏タント」|東京オートサロン2023|

掲載
赤黒グラデーションのド派手タントカスタム出現! テーマは「裏タント」|東京オートサロン2023|

1月13日から幕張メッセで開催された「東京オートサロン2023」。自動車メーカーが本気でカスタムカーを製作して出展する点も東京オートサロンの魅力だが、そのなかでも毎年驚くような仕掛けを持ったカスタムカーを精力的にリリースしているダイハツにスポットを当ててみた。

■グラデーションのモチーフはあの楽器!?

カロッツェリア、ホームページで新製品予告。1月19日にうれしいサプライズが訪れる!?|パイオニア|

ブースの中でも明らかにほかのゾーンより暗めな照明で、異様な雰囲気のコーナーがステージ側の右端に設けられていた。ここの主は、赤と黒のグラデーションペイントが特徴的な「タントカスタム レッド/ブラック」。アウトドアブーム真っ只中の現代では少し珍しくも映る、ローダウン系のカスタムカーだ。マイナーチェンジしたばかりの新型タントカスタムが少し妖艶な雰囲気に変わってしまったその真意を、ダイハツ くるま開発本部 デザイン部 第2デザインクリエイト室 主査の松井潤二氏にうかがってみた。

「かつて裏ムーヴというキャッチコピーでムーヴカスタムを販売していた時期がありましたが、このタントカスタムにはその頃の初心に戻ってカスタムを作ってみようという狙いがあります。コンセプトはCustom is Back!、もしくは、“裏タント”とでも言いましょうか」。懐かしいワードを使って話し始めた松井氏によれば、カスタムにはいろいろな要素が盛り込まれていたようだ。

「ロックな感じにしながら、妖艶な雰囲気も持ち合わせる。そんなところが市場で受け入れられて、カスタムがヒットし今の定番化につながりました。その頃を思い返しながら、現代の技術を投入して仕上げたのがこのタントカスタム レッド/ブラックなのです」。

こだわりはズバリ、ボディの塗装だと松井氏は続ける。「まるで暗闇から赤の世界へ一気に出てくるようなイメージで、フロントからリヤにかけた赤から黒へのグラデーションを表現しています。グラデーションとサイドの模様は、ギターの塗装をモチーフにしました。クリア塗装も、じつは5層で仕上げています。リヤスポイラーは上下で塗り分けをするなど、細部までこだわった塗装です」。

たしかに塗装はメーカーだからこだわれるポイントでもあり、素人がおいそれと真似できるレベルではなさそうだ。だが、塗装以外のエクステリアなら意外に簡単に再現できると松井氏は教えてくれた。「今回オリジナルとしてワンオフで製作した部分は、フロントグリルの太い横桟、ヘッドライト後方のサイドガーニッシュ、ボディサイドのブレード風メッキ加飾の3ヶ所だけ。あとはオプションパーツで揃えているものからチョイスしています」。なんとも意外な回答! オプションパーツでできるのなら、あとは2インチのローダウン、さらにアルミホイールを16インチにインチアップするだけ。コンセプトカーと近い仕様に、誰でもできるということは嬉しいと感じる人もいるだろう。

■助手席のサイドにこだわる!

インテリアにも、タントをベースにしているからこそのこだわりが見られる。助手席側にセンターピラーのないミラクルオープンドアは、開けたときに助手席のシート側面が一番目につく場所となる。タントならではのインテリアの一等地とも言うべき場所へ、カスタムポイントを持ってきているところがおもしろい。「シートカバーは既製品のオリジナルアレンジです。高級感のあるカバーの側面だけ特別に作り変えて、そこにボディと同じ模様を入れながら、見る角度によって色が変わるように特殊な加工を施しました」。

タントカスタム レッド/ブラックには、コンセプトカーならではの面もありつつ、ユーザーがすぐにカスタムの参考にできる部分も含まれている、カスタムコンセプトの新しい形を見せてくれた。アウトドアブームのなかで、まわりがみなリフトアップに目を向けているこのときに、あえてローライダーカスタムを持ってきたことも逆に目立っていた。このようなカスタムで個性を出すことも悪くないのでは?

<文と写真=青山朋弘>

カスタムカー詳細 “タントカスタム レッド/ブラック”
ベース車:タント カスタムRS
エンジン:660ccターボ
駆動方式:FF
ボディカラー:オリジナルグラデーション2トーン塗装

カスタムポイント
<エクステリア>
・オリジナルフロントカスタムグリル
・オリジナルヘッドライトエンドガーニッシュ
<インテリア>
・オリジナルフロントインパネレザー加飾
・オリジナルボディ同色アクセント加飾
・オリジナルシートカバー
<足回り>
ローダウン(2インチ)
アルミホイール(16インチ)

こんな記事も読まれています

メルセデスAMG「Gクラス」 ゴールドのアクセントが際立つ特別仕様車が登場!
メルセデスAMG「Gクラス」 ゴールドのアクセントが際立つ特別仕様車が登場!
グーネット
マクラーレン 新型「アルトゥーラスパイダー」誕生!最速330キロのHV車【動画あり】
マクラーレン 新型「アルトゥーラスパイダー」誕生!最速330キロのHV車【動画あり】
グーネット
F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
AUTOSPORT web
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
AUTOSPORT web
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
グーネット
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
AUTOCAR JAPAN
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ベストカーWeb
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
AUTOSPORT web
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
グーネット
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
グーネット
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
ベストカーWeb
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
Auto Messe Web
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
AUTOSPORT web
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
グーネット
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
グーネット
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索
タントカスタムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村