現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 一見純正風のダイハツ「タントカスタム」は「シルビア」用インタークーラー装着! 内外装ともにポルシェをイメージして作り込みました

ここから本文です

一見純正風のダイハツ「タントカスタム」は「シルビア」用インタークーラー装着! 内外装ともにポルシェをイメージして作り込みました

掲載 16
一見純正風のダイハツ「タントカスタム」は「シルビア」用インタークーラー装着! 内外装ともにポルシェをイメージして作り込みました

目標はいかに純正風に見せるか、大技連発のスラムド軽ワゴン

2023年8月13日(日)に千葉県の幕張メッセで開催された「A-MESSE TOKYO」は、国内トップクラスのカスタムカー、ショーカーが集まるイベント。スタンス系から大がかりなボディモディファイ系、そしてラグジュアリー系など、あらゆるカスタム車両が2000台以上集まった。今回は一見すると純正風のボディだが、細部を見れば見るほど、そして話を聞けば聞くほど、あらゆる部分に手が入りオーナーの愛情を感じる手数満載のダイハツ「タントカスタム」を紹介しよう。

昭和テイスト満載のダイハツ「ミラジーノ」は懐かしの「クレージュホイール」に「スペアナ」搭載! おじさん感涙モノの仕上がりでした

シンプルなエアロを加工して自然なラインを目指す

タントカスタムは軽自動車に軽スーパーハイトワゴンというジャンルを確立したダイハツ「タント」の派生モデルで、初代モデルは2005年に登場する。標準のタントに対して精悍なフロントマスクと大型のエアロバンパーを装着しているのが特徴で、車内の広さから人気を博したモデルだ。

オーナーの“あむたん”さんは、そんなスクエアなタントカスタムを大胆にスラムドしている。前後バンパーは社外エアロを加工して装着しており、リアはマフラーの出口に合わせて形状を加工。フロントは後述するインタークーラー装着のために加工をしている。

これらバンパーのチョイスや加工もできるだけ純正風に見えるよう工夫されているのだ。ちなみにボディカラーも純正風だがオリジナルの白いボディに対してポルシェのプラチナシルバーをチョイス。じつはカスタムペイントなのだ。

駆動系や足まわりにも隙なく手が入る

エンジンまわりは「シルビア」用の社外インタークーラーをフロントバンパー内に設置すべく、社外のフロントバンパーを加工。さらにパイピングも全て金属製でワンオフ製作している。

標準装着サイズは14インチまたは15インチとなる足まわりは、17インチのGARBINOのG-TUNE FORGED NR-X2という3ピースのスポークホイールを装着したうえで、ワンオフの車高調を装着してスラムドしている。なにより大きなキャンバーをつけたりツライチセットアップにするのではなく、控えめなキャンバー角でフェンダー内側に収めているのも、シンプルに見える大きなポイント。

ちなみに余計なスペースがない軽自動車でこのセットアップを実現するのは、大型セダンやスポーツカーのスラムドよりもハードルが高いのはいうまでもないだろう。さらにホイールの大径化に合わせてブレーキもENDLESSで特注の大型ローター&キャリパーを製作。目立たない部分にも抜かりなく手が入れられている。

全体のカラーコーデはポルシェをオマージュ

“あむたん”さんのタントカスタムはインテリアも抜かりなし。シートは前述のポルシェのボディカラーに合わせて、明るいタンレザーで張り替えている。これはシルバー外装のポルシェの内装色をオマージュしている。ドアパネルやダッシュもタンとブラックの2トーンでコーディネイト。カーペットもタンで統一することで車内は明るい雰囲気だ。

もともとスペーシーなセンターメーターデザインのタントカスタムだけに、内装をカスタムしたことで高級感も生まれている。

ここまでリストアップしたとおり、とにかく外装、内装はもちろん、足まわりやエンジンルームまであらゆる箇所に手が入っているのが判っていただけただろうか。それでいてコテコテのカスタムになっていないのは、ひとえに“あむたん”さんのセンスのなせる技なのだ。

こんな記事も読まれています

F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
F1 Topic:上位勢も混戦か? トップ5に続くのは? テストを取材した各国のジャーナリストが勢力図を予想
AUTOSPORT web
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
名車『ルノー5』の名が復活。ジュネーブショーでルノーが『5 E-TECHエレクトリック』を公開
AUTOSPORT web
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
日産が「ドライバーレス」自動運転サービスへの取り組みを発表【レベル4自動運転】
グーネット
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
猫の手も借りたい? 需要に応えきれない! ランボルギーニ・ジャパンのヘッドが語る近況と戦略
AUTOCAR JAPAN
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ホンダ4輪進出60周年! 改めて見ると「スゴいクルマ」が多すぎ!? 時代を動かした名車たち
ベストカーWeb
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
アストンマーティン、新型バンテージGT4を発表。GT3と並行開発もロードカーと多くを共用
AUTOSPORT web
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
ホンダ 新型「CR-V e:FCEV」世界初公開!2024年夏発売予定の燃料電池SUV
グーネット
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
キャンプフェス「GO OUT JAMBOREE」 ジープほか、出展ブランド第1弾発表!
グーネット
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
ポルシェが3セッション連続でトップタイム。LMGT3ではDステーションが最速に【WECプロローグ】
AUTOSPORT web
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
GR86に4ドアモデル登場ってマジ!?!? 3気筒ハイブリッド搭載で350馬力を目指し2026年デビューなるか
ベストカーWeb
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
学生が40日でフルレストア! トヨタ「70スープラ」がまるで新車のようなコンディションに蘇りました
Auto Messe Web
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
ハスクバーナ『Vitpilen401』『Svartpilen』シリーズの2024年型モデルを発表。2018年以来のアップデートを実施
AUTOSPORT web
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
“想像もつかなかった”ドゥカティ初ライドで4番手。水野涼「まだまだ詰められると思う」/全日本ロード 鈴鹿2&4 事前テスト
AUTOSPORT web
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
【24’ 2/26最新】レギュラーガソリン 7週ぶりの値上がり 平均価格は174.7円
グーネット
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
砂漠の911!? 世界限定の「ダカール」を体験してみた
グーネット
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
625馬力!V8はマイルドHVに BMW X6 M コンペティションへ試乗 公道では力を発揮しきれない
AUTOCAR JAPAN
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
構想5年以上、世界初! 文字が光るステアリング登場! 色もデザインも選べて9万7900円
Auto Messe Web
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
豪州上陸の『フォード・パフォーマンス・スーパーバン4.2』が伝統のマウントパノラマでEVラップレコードを樹立
AUTOSPORT web

みんなのコメント

16件
  • 本人が気に入ってるならご自由にとしか
    そんな改造費掛けるなら普通に中古911 買えるとは思うけど
  • 純正風?
    俺の目が悪いのだろうか。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索
タントカスタムの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

174.9199.1万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.8252.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村