現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 東京ASがもうすぐ開幕。家族で楽しめそうなダイハツの7台をおさらい

ここから本文です

東京ASがもうすぐ開幕。家族で楽しめそうなダイハツの7台をおさらい

掲載 18
東京ASがもうすぐ開幕。家族で楽しめそうなダイハツの7台をおさらい

毎年のように自由な発想のカスタマイズカーを東京オートサロンに出展するダイハツですが、今回も力作ぞろい。5台のカスタマイズカーと2台の市販車(用品装着車)、ラリージャパンに出走したコペン1台を展示します。今回は購入目線にこだわり、あえて市販車の2台から先にチェックしていきましょう。

●ムーヴキャンバス セオリー ビター+
1台目はムーヴキャンバスの用品装着車である「ムーヴキャンバス セオリー ビター+」。カスタムベースとしても人気のムーヴキャンバスですが、アクセサリーをパッケージ装着した3種類のアナザースタイルもされています。

かなり売れてます! ダイハツ ムーヴ キャンバスはどのグレードが買い?

ボディカラーがモノトーンとなる「セオリー」をベースに、ダイハツが提案する「ビタースタイル」の用品パッケージ(12万406円)が装着されているのが、「セオリービタースタイル」です。東京オートサロンに出展されるのは、それにさらなるアイテムがプラスされた「セオリービター+」とのこと。まるでひげが生えたようなファニーなルックスを生むウイング形状のフロントエンブレム、クラフト感のあるルーフラック、無骨な雰囲気のブラックホイールといったところが特徴のようです。

>>ダイハツ ムーヴキャンバスのカタログ情報をチェックする
>>ダイハツ ムーヴキャンバスのユーザーと専門家のレビューをチェックする


●タフト ダーククローム ベンチャー
2台目はタフトの用品装着車である「タフト ダーククローム ベンチャー」。タフトも最初から用品をパッケージ化したアナザースタイルが何種類か存在し、今回のモデルはダークブラックメッキを採用した「マッドスタイル」が一番近い雰囲気のようです。

写真でわかる明らかな違いはフロントアンダーガーニッシュの色で、マッドスタイルが金属調であるのに対して、タフト ダーククローム ベンチャーは文字通りダーククロームっぽい抑えた色味に変化しています。

>>ダイハツ タフトのカタログ情報をチェックする
>>ダイハツ タフトのユーザーと専門家のレビューをチェックする


さあ、ではここからは夢のある奇抜なショーカーから、会場での反響次第では市販化もあり!? と思えるモデルまで、個性的な5台のカスタマイズカーを紹介していきましょう。

●アトレー ワイルドレンジャー
まずダイハツの東京オートサロン2023/大阪オートメッセ2023特設サイトでもトップを飾るのが、アトレーをベースとする「アトレー ワイルドレンジャー」。

最大の特徴はひっくり返したボートがルーフにスポッと載っかっていること。実際にボートを脱着できるのか、ボートとして使用可能なのか、そのあたりの詳細は紹介されていませんが、イベント本番では人気YouTuberうな丼さんの車両紹介動画も展開されるそうですので、楽しみに待ちましょう。

>>ダイハツ アトレーのカタログ情報をチェックする
>>ダイハツ アトレーのユーザーと専門家のレビューをチェックする


ハイゼットトラックとコペンのコンビ展示
お次はハイゼットトラックの「ハイゼットトラック ジャンボエクステンド」とコペンの「コペン クラブスポーツ」をコンビで展示。コペンは文字通りサーキットの走りを楽しむクラブレーサーとして、ハイゼットはそのサポートトラックという設定です。

見た目にユニークなのはハイゼットトラック ジャンボエクステンドの方で、なんと荷室部分を手前に引っ張ると延長できるため、作業スペースにしたり、出走前に精神集中するための瞑想スペースにしたりと、使い方は¬レーサー次第というおもしろい提案がなされています。

また、20周年の記念特別仕様車が発表直後に即完売したことでも話題となったコペンですが、コペン クラブスポーツはロールケージやRAYS製のアルミホイール、スポーティなエアロパーツや大径のツインテールなどを装着しており、ぜひそのまま市¬¬¬販化して欲しい完成度を誇ります。20周年特別仕様車を買いそびれてしまったファンも多いと聞きますので、もしも市販化されれば大きなサプライズになるでしょう。

>>ダイハツ ハイゼットトラックのカタログ情報をチェックする
>>ダイハツ ハイゼットトラックのユーザーと専門家のレビューをチェックする

>>ダイハツ コペンのカタログ情報をチェックする
>>ダイハツ コペンのユーザーと専門家のレビューをチェックする


タントカスタムとファンクロスにも注目
最後はタントカスタムの「タントカスタム レッド/ブラック」、タントファンクロスのカスタマイズカーです。22年10月にタントカスタムのマイナーチェンジと同時にタントファンクロスが追加された流れを受けての東京オートサロン出展と思われますが、それぞれの世界観をショーカーに落とし込んだ派手な演出が目を引きます。

>>ダイハツ タントカスタムのカタログ情報をチェックする
>>ダイハツ タントカスタムのユーザーと専門家のレビューをチェックする

>>ダイハツ タントファンクロスのカタログ情報をチェックする
>>ダイハツ タントファンクロスのユーザーと専門家のレビューをチェックする


それらに加えてラリージャパンに出場したコペンGRスポーツが展示されるほか、特設サイトによるとハイゼットトラックのカスタマイズカーも多く出展される模様。ぜひ会場に足を運んで、実車を確認してみてください。

文:小林秀雄
写真:
1枚目:ムーヴキャンバス セオリー ビター+
2枚目:タフト ダーククローム ベンチャー
3枚目:アトレー ワイルドレンジャー
4~5枚目:ハイゼットトラック ジャンボエクステンド
6枚目:コペン クラブスポーツ
7枚目:タントカスタム レッド/ブラック
8枚目:タントファンクロス

こんな記事も読まれています

やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
やっぱり小さなFRがお望み? BMW 1シリーズ(2代目) 多彩なエンジンも魅力  UK中古車ガイド
AUTOCAR JAPAN
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
今こそV8! ランドローバー新型「ディフェンダー」はオンロードでは高級サルーンのような乗り心地でした
Auto Messe Web
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
F1テスト3日目にふたたび排水溝の蓋が外れるトラブル発生。最終日は休憩なしの“ノンストップセッション”に
AUTOSPORT web
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
WEC公式テスト“プロローグ”の延期が正式発表。物流の問題により2日遅れで開催へ
AUTOSPORT web
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
えっ、おもちゃがクルマを変えた? レゴから生まれた「独特すぎる」ハイブリッド技術とは
AUTOCAR JAPAN
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
新車AMR24は「間違いなく進歩している」も他陣営を警戒するアロンソ。頂点に立つには「現実的な視点が必要」
AUTOSPORT web
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーマガ 今週のダイジェスト【2/17~2/23】最新SUV情報たっぷりの一週間!
グーネット
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
愛車の履歴書──Vol31. 佐野勇斗さん(番外後編)
GQ JAPAN
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
優雅で洗練されたマセラティのスーパースポーツ「グラントゥーリズモ トロフェオ」が魅せる世界
@DIME
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
なんという場所に…「日本一低い」信号機を見てきた 低さもだけどスゴイのは「迫力」?
乗りものニュース
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
メルセデスW15の進化に興奮するハミルトン「明らかに改善したし、はるかにドライビングしやすい」
AUTOSPORT web
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
変わるのはヘッドライトだけじゃない!「中身」が大胆に進化するメルセデスベンツのフラッグシップBEV
レスポンス
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
レッドブルF1はただ勝つだけじゃ満足出来ない? リカルド「彼らは競争相手を完膚なきまで打ち砕くことを望んでいる」
motorsport.com 日本版
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
新田守男&高木真一のK-tunes Racing大ベテランコンビが目指す2024年の目標は「まずは1勝」
AUTOSPORT web
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
レッドブルF1代表、進行中の内部調査について問われるも「プロセスや期間については自由にコメントできない」
AUTOSPORT web
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
「デカいSUVは駐車料金3倍にしろ」パリ市民の怒りは車の潮流を変える? “際限ない巨大化”を止められるのか
乗りものニュース
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
HKSのブーストコントローラー「EVC‐S」 が視認性に優れたカラー液晶を採用した「EVC‐S2」に進化!
くるまのニュース
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VW「ID.7ツアラー」世界初公開! 新時代のフラッグシップモデルは荷物満載で長距離も走れるEVワゴン
VAGUE

みんなのコメント

18件
  • ASとか、せめて記事タイトルぐらい正式名称で書いてよ。
  • キャンバス、アトレー、ファンクロスは良いと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

146.3192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8252.8万円

中古車を検索
ムーヴキャンバスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

146.3192.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

29.8252.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村