スズキ スイフト のみんなの質問

解決済み
回答数:
34
34
閲覧数:
16,295
0

近年。なぜ魅力の無い車ばかりが増えてしまい、消費者もそのような車ばかり購入するのでしょうか?

メーカーも守勢に入り、堅実に需要のある軽自動車とミニバンばかり製造をし、
教習所も少子化による生き残りと顧客の確保に必死で、普通免許より利益率が高い限定免許を薦める始末。。。
このため、「面白みのある車」というものが、極端に減少しています。

メーカーは、若年層の車離れを見込んで、若者が好むであろうスポーツカーなどの生産を
切り捨てていますが、長い目でみると、この若者達がそのまま40代、60代と車を購入せずに進行し、
最終的には全世代による車離れを招いて、自動車メーカーは深刻な経営問題に直面しそうな気がします。

トヨタ、松田、日産、ホンダ等、目先の利益に目がくらみ、ミニバンや軽自動車(特に軽ワゴン)
ばかりの生産に走っていますが、長い目で見る全世代の車離れなどの懸念を見てみぬふりしているように感じます。

たとえば、
アクアはオールマイティーでよいと思います。
ですが、ノート、フィット、ミラージュ、スイフト、デミオ、ビッツ。。。
何が一体アクアと違うんだろう。。。
違いをほとんど見つけられません。画一的に同じ車を全てのメーカーが生産することに
車に対する娯楽性も見つける事ができません。


ボクシー、ノア、フリード、ベルファイアなどは物をそれだけ積める事を重視しているのでしょうけど、
この実用性重視の傾向が、車を単なる足としての位置づけとしてメーカーも理解し、
魅力的な娯楽性のある車の生産を見捨てている印象もあります。外見美も著しく損なわれます。

最近では、シフトレバーを1⇔6とガチャガチャいじる事自体が、ばかばかしいと思うドライバーも増えているようですが、

なんというか、最近の車には「夢」が無いと思うんです。

20年ほど前は、貧乏な若者でも必死に働いたり、ローンを組んで、
それこそ車のために働いている人も多数いたようです。

男の子なら、子供の頃、ミニカーやチョロQで遊んだり、
ミニ四駆でレースやチューニングの醍醐味を知ったり、タミヤ模型のカーシリーズで
NSX、RX7、スープラ、スカイラインGTRを組み立て、好きな塗装を施し憧れたと思います。
アバンテの様式美、機能美にうっとりしたものです。

大人になっても、そういう車に憧れるのは夢があり生きる上での喜びと原動力に繋がると思うのですが、
車に憧れや夢を抱く大人が減ったということなのでしょうか

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。

ベストアンサーに選ばれた回答

40代だけど反論あり。
魅力が無い車を皆買ってると言いますがそれは違うでしょ?

魅力を感じるポイントが変わったのです。

車に対する価値観って時代と共にかわるもんです。

車に夢を描く大人が減ったのでは無く夢の形が変わったのでは?

例えば今はアルファードに憧れる人多いようですがその人達の夢は家族や友人を広々ゆったりした車で皆でワイワイやりながら旅行やレジャー連れてってあげたいとか思っているのでは?

逆にスボーツカーなんてのは自己満足の車。家族の事より自分が愉しむ方が優先?

その他の回答 (33件)

  • 全てお前の主観じゃねーか。
    NSXやスープラに魅力を感じず、ミニバンに魅力を感じる人間もいるだろうに。

    それにな、会社ってのは目先の利益を最優先で考えるもんだ。
    どこの世界に利益を考えず、商売してるメーカーがあるんだよ。
    もしかして馬鹿なのか?

  • 真面目に堅実に働いてるんですけどお給料が少なくてそんなことに使ってられません。

  • 「魅力のない車ばかりが増えた」ということには同感ですが、
    スポーツカー=魅力があるという考えには賛成できません。
    増えようがなくなろうが知った事ではない。
    子供の時はミニ四駆もラジコンもやりましたが、
    別にスポーツカー自体を所有したいと思った事はありません。
    おもちゃと車は別物。

    私にとっての「魅力的な娯楽性のある車」とは使い勝手です。
    積載性、多彩なシートアレンジ、便利な機能、アウトドア性能、
    SUVやキャンピングカーなんてその頂点にあるようなものです。
    次に燃費。

    あなたのいう「魅力の無い車」の特徴はひたすら燃費優先とかでしょうか。
    燃費にしか魅力を感じない人が多いから、
    メーカーもそのような車を作り、結果売れる。それだけのこと。

    ただし、最近の車は燃費や積載性にしか魅力がない車でも
    制限速度内で安全に走るだけなら苦労しないだけの走行性能がある。
    だから、法律違反(速度超過)の領域での走行性能に差が出るような
    スポーツカーを燃費や積載性を犠牲にしてまでも選ぶ人は少ない。
    それだけのこと。

  • クルマが趣味というのが、金持ちの道楽になりつつありますね。
    一般庶民では買えない、維持できないようなところに
    魅力的なクルマが多くあると思います。

  • 夢のある車は売れると思います。
    逆に、夢ないから車が売れない。

    ですから、過去に我々がスポーツカーと言っていた車も、夢が無くなってしまったので、売れなくなったのだと思います。

    では、憧れる夢のような車は、今はどのような車なのでしょうか。

    成熟した車社会で、そのような車を作るのは容易でないと思います。

  • 質問者さんでさえアクアとフィットの運動性能の違いが理解できないのです。デザインだけのスポーツカー需要などなくて当然です。
    30年前の車乗りはハッチバックで限界走行して、車種による違いを理解できていました。当時は自分でカローラなりスターレットなりの潜在能力を見つけて伸ばしていたのです。
    今は「与えてくれないからできないよ。」という若者ばかりです。
    運転できる人がいなくなってしまったのです。


    また、車はもうじき自動運転になります。
    免許取得の必要もなくなります。
    各社、乗車定員や積載量別に1種類あれば良くなります。
    生活基盤も経済もすべてが一新されてしまうでしょう。
    制限速度しか出ませんので、快適で乗りやすい、といった機能はすぐに1種類に落ち着きます。また、車の評価はそれだけになります。

    自動車メーカーはそういうことを考えているでしょう。

  • 簡単ですよ。

    自動車は生活の足・移動の道具以上でも以下でも無いと考える人が増えた。
    そして「今と今後の生活」が一番大事ですから、クルマごときに現を抜かしていられない時代になったと言う事です。
    先の見えない人が圧倒的に多い時代に、バブル期前夜みたいなクルマを誰が買いますか。

    メーカーは良くも悪くも正直です。
    売れる価格帯のモノをあの手この手で買って貰うため知恵を絞ります。
    自動車メーカーも例外ではありません。
    何せ一番のライバルはスマホですし、購入車種決定権のほとんどは奥様等の女性ですから生活家電のように何でも盛り込んで少しでもお得感を出すのに躍起です。
    ディーラーもカフェ以上にカフェのようにして、飲み物と一緒に出すおやつも一流品です。

    時代は変わったのです。
    次は完全電動化と自動運転で自動車の在り方を根底から変えるかも知れませんな。

  • まあ、持論を展開するのは悪くない行為ですが・・・・

    HVでも面白い車はありますし、クラウンだってレクサス、86、WRX,ロードスターだって、それなりに「最先端の製品」の面白さはありますよ?

    そんなことより

    マツダは、創設者は松田重次郎ですが、社名を「松田」としたことは一度もありません。

    叡智・理性・調和の神を意味する最高神マズダー (Mazdā)が語源であるMAZDAないしマツダ、日本の正式名称である東洋自動車工業のいずれかで呼びましょう。

  • 購入者がいるということは少なくともその人たちは一定の魅力を感じているものと考えるのが自然です。

    逆に言えば今の車に魅力を感じないのであればその人が時代の流れに乗れていない、あるいは特殊な車を求めていると考えていいのではないでしょうか?

  • 買わないから売れないのであって、スポーツカーが出ている段階で買わないオジサンが悪いんだろ!
    株式会社なんだから利益を出すのはアタリマエであってその利益が新型車の開発費用になるんでしょーが!

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の
「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
スズキ スイフト 新型・現行モデル

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

スズキ スイフトのみんなの質問ランキング

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離