現在位置: carview! > カタログ > 日産 > スカイラインクーペ > みんなの質問 > 新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60...

『新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60...』:日産 スカイラインクーペ

解決済み新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)の価格差について。 海外での価格は下記の通り、450万から600万くらい。(110円換算) https://car-topic.com/skylinecoupe-infinitiq60#i-2

新型スカイラインクーペ(インフィニティQ60)の価格差について。

海外での価格は下記の通り、450万から600万くらい。(110円換算)
https://car-topic.com/skylinecoupe-infinitiq60#i-2http://syachiraku.com/archives/20160913/v37-skyline-coupe-news.html#Q60V37-2

一方で日本円の予想は下記の通り400、600、700万。
https://carbikenews.xyz/post-1550/#i-4

これについて質問です。

出所が違いますし、あくまで予想なので何とも言えませんが、海外に輸出している車両も日産栃木工場で製造していて、輸送費や為替の影響等があるにも関わらず、海外の方が安く、日本国内販売の方が高いのはなぜですか?
特にV6 3リッターローパワーモデルは海外460万に対して日本600万とかけ離れすぎてませんか?

このカラクリをお教えください。
よろしくお願いします。

ベストアンサーに選ばれた回答

あなたの言う海外、とは=アメリカだけでしょう。海外では安く、日本では高いからぼったくっている…と、大きな間違い。

アメリカの車の総販売台数、年間1800万台、対する日本は400万台です。大量に売れれば値段は下がる、コレ資本主義経済の大原則です。

同じ缶コーヒーが、スーパーの大量販売では特価69円で売られ、コンビニでは120円で販売されています。これで、コンビニはぼったくっていると言いますか?

ということ。大量に販売されれば単価も下がるし、物流費も下がるわけ。

日本で運搬するのは、キャリアカーにせいぜい5~6台を積載。これに対してアメリカでは10台とか20台を積載して一度に運搬できます、道路の広さからして違う。
大量に運搬できれば、当然人件費も下がれば燃料代も下がります。

海外の価格と比較するのなら、EU域内やアジア各国とも比較しなければ、全く意味がありません。

ドイツ車など、アメリカは安く日本は高くぼったくっている、という書き込みを見かけますが、ドイツ本国の価格は調べたのか?と言いたい。
為替の差のみで、日本の価格とほとんど変わりませんよ。

日本で年間800万台が売れていたバブル期、カローラなどでも今のレクサスに相当する技術が使われていたのです。つまりは、値段変わらずにコストがかかる技術が投入できるくらいに、台数が売れていたというわけ。

たくさん売れるということはそういう意味を持ち、消費者にも大きなメリットが生じるのです。

回答一覧

2件中 1~2件
  • 為替の関係も絡みますし、
    販売戦略も。

    そもそも今の日産国内市場
    力入れてませんからね。
    バカにしてます。

  • 設定した価格で売れるからです。

    販売台数が多く成ると値段は下がります。

    それからマーケットの大きさも関係します。

    アメリカと比べて日本での販売台数が少ないので日本仕様のコストの回収から価格が高い設定に成ると思います。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。