現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産V35型「スカイラインクーペ」をまさかの「アゲスタイル」に! カスタムの常識を打ち破るワイルドな見た目が自慢です

ここから本文です

日産V35型「スカイラインクーペ」をまさかの「アゲスタイル」に! カスタムの常識を打ち破るワイルドな見た目が自慢です

掲載 19
日産V35型「スカイラインクーペ」をまさかの「アゲスタイル」に! カスタムの常識を打ち破るワイルドな見た目が自慢です

スカイラインクーペをアップスタイルに仕上げた

映画『ワイルド・スピード』の世界観を再現! そんなテーマで製作された日産V35型「スカイラインクーペ」を発見。通常であれば車高を低くすることが当たり前のなか、あえてリフトアップさせた「アゲスタイル」にこだわるタイボーンさんの愛車について詳しく話を伺った。

鬼の形相「クラウン」はアメ車ダッジ「チャレンジャー」も意識! オリジナルにこだわるVIPカスタムの完成形です

SUVやRV以外でもリフトアップ

昔からカスタムシーンにおいて、車高を低くすることがクルマのカッコ良さを引き出すポイントといわれていた。しかし、近年のワイルドオフローダーブームによって、カスタムスタイルの流れが大きく変わり、車高を上げるオフロードスタイルに注目が集まっている。

これまでは、「アゲスタイル」といえば四駆やSUVこそが主流だったが、ストリートで映えるルックスとしてオフロード系がカッコ良いと評判を呼び、カスタムを楽しむオーナーの発想が大きく変化。スタイルの意外性を狙って、セダン、クーペ、ミニバンベースでアップスタイルを楽しむオーナーたちが増えている。

映画『ワイルド・スピード』を観てカスタムした

今回紹介するV35スカイラインクーペをベースにアゲな仕様に作り込むタイボーンさんもそのひとり。これまでの車歴は、「ワゴンR」、「コロナプレミオ」、「RX-8」、「R33スカイライン」、「CR-Z」であり、どのクルマもシャコタン化を前提にカスタムを施していた。当然、新たに購入したV35スカイラインクーペも当初は車高を低くすることを考えていたが、映画『ワイルド・スピード』に登場した空からパラシュートで降りてくるオフロード・カスタムカーを見てしまったことをきっかけに、その影響をモロに受けてしまったと話す。

これまではシャコタン化ばかり考えていたが、アゲなスタイルも作り込み次第でカッコ良くなる。そんなイメージがタイボーンさんの中で芽生え、自分の愛車もクーペ×クロカン仕様として、規格外で面白い発想が詰まったアゲスタイルを目指そうと決意した。

映画をきっかけにひらめきが降りてきたタイボーンさんのスカイラインクーペは、頭の中でイメージしたオフロードスタイルを再現するため、同じカスタム好きの仲間にも協力してもらい、意見をもらいながら製作に挑んだ。

徹底したオフロードスタイルに

アゲスタイルを作るにあたっては、「ラッシュ」というメーカーのフルタップ車高調キットを前後に装着。フロントはもともとストローク量があったので、車高調キットのダンパーをフルストローク状態になるように設定。リアはアルミ製ブロックスペーサーを追加装着させた仕様になっている。また、これだけではオフロードマシンとしてインパクトが弱かったので、タイヤ外径にも注目し、タイヤのハイトを厚くするべく前後に225/60-17をセット。履かせたタイヤがヨコハマのオフロード系タイヤの定番であるジオランダーという点も注目してもらいたい。

また、このクルマの場合、見た目からもワイルドなオフロードカーらしさを表現するために、スポーティな純正バンパーを取り外し、そこにパイプで作ったオリジナルフレームバンパーをセット。他にもグリルを社外品に交換し、ノーズブラを取り付けて、USスタイルのオフロードクーペ仕立てにしている。

カスタムの常識を打ち破ってワイルドさを追求

一方、リアについてもインパクト高めのカスタムを施し、テールランプは数ある中からUSスタイルの社外品を選択。このテールは、最近流行の左右に光が広がる高輝度のスモールチューブモデルで、その独特の形状がリアに睨みを効かせた感じになるのでお気に入りだとタイボーンさんは言う。

また、トランクには全体を覆う形で装着させた跳ね上げ式ダックテールを装着。左右フェンダーに装着させたオーバーフェンダーと同様にワイルドさを強調するべくリベット留めを採用した。

徹底的に見た目のワイルドさにこだわったタイボーンさんのスカイラインクーペ。オフロード走行でダメージを受ける車体を保護する役割はもちろん、見た目もタフなイメージが与えられた仕立ては、これまでにないアプローチが斬新だった。スカイラインのカスタムの常識を打ち破るタイボーンさんのワイルド・アドベンチャー仕様のカッコ良さを見れば、その試みは狙い通り成功だったといえるだろう。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

2025年のスプリント増加なしに安堵するF1チーム。オーストリアの“脱週末2レース”はメリットの消失か
2025年のスプリント増加なしに安堵するF1チーム。オーストリアの“脱週末2レース”はメリットの消失か
AUTOSPORT web
ピレリ、来年導入予定のより柔らかい『C6』タイヤをモンツァでテストへ。2026年仕様のタイヤも9月にテスト開始
ピレリ、来年導入予定のより柔らかい『C6』タイヤをモンツァでテストへ。2026年仕様のタイヤも9月にテスト開始
AUTOSPORT web
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
5ナンバーセダン[ドマーニ]の衝撃!! [シビック]の兄弟車なのに内外装完全オリジナルってマジか!! 
ベストカーWeb
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
アルファードの買取価格高すぎ!! クルマ好きにあえて人気車種を激推したいワケ
ベストカーWeb
いつかはトヨタ「ハリアー」の夢を実現! さり気ないエアロ加工でカスタム道まっしぐら…思わず唸る小技アイデアを紹介します
いつかはトヨタ「ハリアー」の夢を実現! さり気ないエアロ加工でカスタム道まっしぐら…思わず唸る小技アイデアを紹介します
Auto Messe Web
いい訳に耳を貸さない「冷徹さ」を感じる……ってそりゃ当たり前! 駐車違反を取り締まる「緑の人」の中身とは
いい訳に耳を貸さない「冷徹さ」を感じる……ってそりゃ当たり前! 駐車違反を取り締まる「緑の人」の中身とは
WEB CARTOP
古代神話、そして宇宙が5つの特別仕様車を生んだ!「レンジローバー・スポーツSVセレスティアル・コレクション」受注開始!
古代神話、そして宇宙が5つの特別仕様車を生んだ!「レンジローバー・スポーツSVセレスティアル・コレクション」受注開始!
LE VOLANT CARSMEET WEB
横浜ゴム、XAI活用のタイヤ設計支援システムを開発 開発者の知識・経験不足を補完
横浜ゴム、XAI活用のタイヤ設計支援システムを開発 開発者の知識・経験不足を補完
日刊自動車新聞
ミシュラン、複合材料を開発中と発表「レースは重要な実験場」
ミシュラン、複合材料を開発中と発表「レースは重要な実験場」
レスポンス
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
レッドブルのPU開発支えるフォード、その関与を日に日に強める。協力するのは電動分野にとどまらず……しかも押し付けがましくない?
motorsport.com 日本版
テスラ 新型「自動運転タクシー」発表、10月まで延期 土壇場でデザイン変更
テスラ 新型「自動運転タクシー」発表、10月まで延期 土壇場でデザイン変更
AUTOCAR JAPAN
5速MT搭載! トヨタが「超スゴい86」を初公開! 伝説の“パンダトレノ”ボディに「画期的エンジン」採用!? 「GRトレノ」な「強強マシン」を披露
5速MT搭載! トヨタが「超スゴい86」を初公開! 伝説の“パンダトレノ”ボディに「画期的エンジン」採用!? 「GRトレノ」な「強強マシン」を披露
くるまのニュース
バイク用もあるって知ってた? コインパーキングなどで見られるフラップ式駐車場
バイク用もあるって知ってた? コインパーキングなどで見られるフラップ式駐車場
バイクのニュース
EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
EV需要落ち込み アウディQ8 eトロン「工場閉鎖」を検討、早期生産終了の可能性も
AUTOCAR JAPAN
BMWの二輪世界販売が新記録、0.2%増の11万台超え 2024年上半期
BMWの二輪世界販売が新記録、0.2%増の11万台超え 2024年上半期
レスポンス
車両区分を変化させることができる eバイク「ENNE F750」の先行受け付け整理券を7/19まで配布中!
車両区分を変化させることができる eバイク「ENNE F750」の先行受け付け整理券を7/19まで配布中!
バイクブロス
クルマの原価50%以上をソフトウェアが占める時代に? メカ製品"だけじゃない"デンソーが戦うための戦略とは
クルマの原価50%以上をソフトウェアが占める時代に? メカ製品"だけじゃない"デンソーが戦うための戦略とは
くるまのニュース
「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
「F1技術の成果」レッドブルが市販ハイパーカー『RB17』発表…900kgのボディに1200馬力V10搭載
レスポンス

みんなのコメント

19件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

397.4516.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.22200.0万円

中古車を検索
スカイラインクーペの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

397.4516.2万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

32.22200.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村