現在位置: > > > > > 日産サファリY61について。現在ランクル60ディーゼ...

『日産サファリY61について。現在ランクル60ディーゼ...』:日産 サファリ

解決済み日産サファリY61について。現在ランクル60ディーゼルターボに乗っています。近々車を乗り換えようと思い、車種はサファリのY61に決めました。そこで、ガソリン4500ccにするか、ガソリン4800ccにするか迷っていま

日産サファリY61について。現在ランクル60ディーゼルターボに乗っています。近々車を乗り換えようと思い、車種はサファリのY61に決めました。そこで、ガソリン4500ccにするか、ガソリン4800ccにするか迷っています。
本格的なオフロード走行は考えていません。ガレた林道でのキャンプ、街乗り、休日の高速道路での長距離移動に使用します。現在のランクル60では高速道路で快適な長距離移動とはいかないので特に高速走行での快適性を重視したいです。4500cc、4800ccで走り的にはどれほどの差があるのでしょうか。燃費は気にしません。
両方乗ったことがある方、片方でも乗ったことのある方の意見をお聞きたいです。よろしくお願いします。
長文失礼しました。

ベストアンサーに選ばれた回答

日産サファリY60/Y61は、オフロード走破性もさることながら、オーナー間ではノーマル シャシーの高速安定性が良いと評判です。

あとは動力・制動性能の違いになります。

ご質問のTB45E車とTB48DE車の違いについて、ひとつの目安ですが、日産自動車発行の新型車解説書に記載されている最高速ではTB45E車が165km/hに対してTB48DE車は180km/h(リミッター設定値)となっています。海外のカタログではTB48DE車の最高速は190km/hと記載されています。日産のことですから、テストコースなどでこれら速度域での走行安定性評価はきちんと実施されています。

ブレーキもTB48DE車は強化されており、ベンチレーテッドディスクブレーキのローター径は、TB45E車は前306mm/後316mmでTB48DE車は前316mm/後330mmとなっており、ブレーキのポッド径もTB45E車がΦ48mmに対してTB48DE車はΦ51mmと若干大きなものが採用されています。これらの強化もあって、TB48DE車のブレーキは良く効きます。
サイドブレーキはTB48DE車のみリア-ディスク-イン-ドラム-ブレーキとなっており、サファリ伝統のセンターブレーキではありません。ただ、TB48DE車はセンターブレーキをつける箇所がそのまま空いていてLHD用サイドブレーキレバーの位置も空いているので、純正のサイドブレーキを残したままセンターブレーキを増設することは不可能ではありません。

純正で履いているタイヤもTB48DE車では見直されています。TB45E車までは265/70R16が標準ですが、TB48DE車は2002年~2004年が275/70R16、2004年以降が275/65R17と若干大径のタイヤを履いています。先に記したブレーキ強化により、TB48DE車では履けるホイールの条件が厳しくなっています。Y61純正8Jホイールは問題ありませんが、社外品は場合によってはブレーキキャリパーにあたることがありますので注意が必要です。

燃費はTB48DE車とTB45E車では大差ありません。

余談ですが、TB48DEエンジンは近年レーダー探知機の付加機能などで話題になっているOBDⅡモニターで一部のデータが読み出し可能です。TB45Eエンジンの診断コネクタは日産独自仕様のためOBDⅡモニターでのデータ読み出しができません。

気にはされていないようですが維持費の違いについて触れておきます。
自動車税は、TB45E車は高年式割り増し含めて84,150円/年ですが、TB48DE車は割り増し無しで88,000円/年で高年式割り増し(車齢11年超)がつくと96,800円/年になります。(TB48DE車は2002年にリリースしましたから、そろそろ高年式割り増しが付き始めます)
自賠責保険料や重量税ではTB48DE車とTB45E車では差はありません。
ただ、任意保険料に関してはTB48DE車はイモビライザー標準装備なので割引が受けられます。

TB48DE車は高速走行を乗用車並みに走れる本格四駆です。
この言葉の意味するところは、L/C60にお乗りであればお分かりになると思います。

維持費を気になさらないのであれば、TB48DE搭載車がお奨めです。
耐久性を重視されるのであれば、TB45Eのほうがギミックが多いTB48DEより優れています。

サファリの中古車選びの際の注意点として、メーカーオプションがあります。
サファリの装備で有名なスタビ解除機構はリヤデフロックとセットのメーカーオプションです。通常仕様はリヤはLSDでスタビ解除機構は付いていません。また、サファリ最終型はフロントワイパーデアイサーが付くのは寒冷地仕様のみで通常仕様にはつきません。

求められているカーライフに合ったサファリが見つかることを祈念しています。

回答一覧

2件中1~2件を表示

  • Y61の最終型、通称スーパーサファリですと、エンジン以外にも相当改良されています。

    特に重要なのがブレーキです。それまでのサファリは車重に対して能力が低く、まるで止まらないブレーキでしたが、最終型サファリのブレーキは一転して当時の四駆の中でも最良の物に進化しています。

    その点だけを考えても、買うなら最終型が良いのでは?

  • どっちでも大差ないんじゃないですか?

    税金の差でしょう。

2件中1~2件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

強力洗浄&撥水効果 クリーン&リペル

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車日産 サファリアクセスランキング
  1. 1位 4.2 ハードトップ グランロード ディーゼル 4WD
    4.2 ハードトップ グランロード ディーゼル 4WD
    2,350,000円(福島)
  2. 2位
    4.2 エクストラハイルーフグランロード ディーゼルターボ 4WD
    1,458,000円(北海道)
  3. 3位
    4.8 グランロードリミテッド 4WD
    1,950,000円(北海道)
  4. 4位
    4.8 グランロードリミテッド 4WD
    1,390,000円(新潟)
  5. 5位
    4.5 グランロードリミテッド 4WD
    1,150,000円(埼玉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)