現在位置: > > > > > 全ての道で使い切れる楽しさ!

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『全ての道で使い切れる楽しさ!』の口コミ

  • 全ての道で使い切れる楽しさ!

    総合評価:10点満点中10点

    投稿日:2019年3月1日

    投稿者:KITANO さん

    乗車形式:過去所有

    メーカー・モデル:ミニ ミニ
    グレード:Cooper_S_RHD(MT_1.6) (2002年式)

    総評
    人生において一度は乗ってみると楽しいクルマです。私のように走りにばかり気にかかる人や、もっとデコりたい人。いかにノーマルの状態を奇麗に保つように部品を交換するか、またはけっこうボロくなってもシティーハンターの冴羽遼の相棒みたいに味が出てくる人。きっとあーだ、こーだやりたくなってまさに「愛」を貴方にもたらしてくれます。私はこのクルマを通じて初めて「ああ、愛車ってこういうものか」としみじみ思ったりしました。
    満足している点
    ポップすぎるデザインに抵抗感がないならこれほどバリューフォーマネーの優れたクルマは無いでしょう。2019年現在でこのR53(R56でも!)モデルを手に入れるのであれば、100万円を切ってくることは確実です。
    私が買った当時2011年でも100万ちょっとでしたから、中古車を買うことに抵抗がなければ、新卒社員やセカンドカーでも十分検討可能な範囲だと思います。

    さて、一番満足している部分はエンジン、シャシー、ボディーのパッケージが完全におもちゃみたいであることです。良くミニの走りは「ゴーカート」と言われますが、シャシーに関しては全くその通りで、まるでトミカにそのまま乗っているような「跳ねる」「突き上げる」「アンダーでる」を味わうことができます。
    それに加えてR53の奏でるスーパーチャージャーの猫のような「ミャーミャー音」がさらにおもちゃ感を高めてくれます。
    これは決してネガティブに書いているわけではありません、このかわいいけどクルマとしてなんか足りていないようなおもちゃ感が、ミニをペットや相棒のように愛着を持たせてくれるワケであり、よしよし「もっと良くしてあげる」とカスタマイズに熱が入ったりできるわけです。
    いじりだすと最終的に外観、内装、走り含めてユーザーによってかなり違った結果になるのがミニがこれほど愛されている理由の一つではないかと思うのです。
    不満な点
    ノーマル状態では過去貴方がどのようなクルマに乗ってきたかで不満が出ると思います。(なんせおもちゃ感あるので)
    乗り心地に不満があるなら、真っ先にタイヤを替えると劇的に変化をもたらしてくれます。
    パワーがない、エンジン排気サウンドが気に入らないということであれば、マフラーをスポーツタイプに変更すると、またしても違いを感じることができます。R53はノーマルマフラーでも音だけは大きいので、音色を替えるだけでも楽しめます。と、書いているとキリがないくらい「もっと良くしたい」欲が湧いてくるクルマなので、不満があるなら各種メーカーさんや、チューニングショップなど膨大で「そこに解決策はある」と思える懐の深いクルマだと思います。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする

口コミを書く

口コミを投稿する(外部サイト)

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)