現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > これぞ究極の実用性!! 日本市場がミニを育てた!? 90年代クラシックミニを愛でる【いのうえ・こーいちの旧車探訪】

ここから本文です

これぞ究極の実用性!! 日本市場がミニを育てた!? 90年代クラシックミニを愛でる【いのうえ・こーいちの旧車探訪】

掲載 更新 3
これぞ究極の実用性!! 日本市場がミニを育てた!? 90年代クラシックミニを愛でる【いのうえ・こーいちの旧車探訪】

 旧車への造詣が非常に深いいのうえ・こーいち氏。今回の旧車探訪はクラシックミニ。純英国産のミニは独自の足回りや小さいながらも実用性抜群のボディ、そして想像以上の運転感覚で多くのファンを持つ名車中の名車だ。部品供給面や比較的安価な維持費もあり、クラシック入門としても最適な車種とも言える。

 数多のバリエーションを持つクラシックミニだが、今回はキャブレターからインジェクションに変わり、維持しやすくなった90年代のクラシックミニを振り返ります。

これぞ究極のグランドツーリングカー! 輸入ステーションワゴン5選

文/いのうえ・こーいち、写真/いのうえ・こーいち、BMW

■ミニ(1992~00)

BMWミニになる以前の英国製のミニは今も人気だ

 ミニといっても、いまも趣味のクルマとして高い人気を保っているのはクラシック・ミニ、いまのBMWミニになる以前の英国製のミニである。

 「革新の小型車」などといわれ、多くのエポックメイキングなメカニズムを備えたミニは、1959年にデビュウし、連綿と2000年までつくられつづけた。そのヒストリーも辿っていけばそれだけで一冊の本になってしまうほどだ。

 ここでは、いま身近かな趣味のアイテムとして注目されている「最終期のクラシック」、1990年代のミニについて紹介しよう。括りとすれば、それまでのキャブ仕様からインジェクションに変更、クーラーなども装着可能となった時期のミニ、である。

■実用的になったミニ

BMW MINIの登場から20年以上経った今でもクラシックミニは世界中で愛され続けている

 ミニにインジェクションが導入されたのは1992年のことである。デビュウ時には848ccだったエンジンは、998ccを経て、1990年代に入ってからはすべて1275ccになっていた。

 「998」や「1275」はミニ好きにはピンとくるお馴染みの数字なのだが、わが国の登録時には「999」になっていたり「1271」になっていたりする。ともに届出時の数字というだけで、基本的には変わることなく連綿と受継がれているものだ。

 直列4気筒OHVエンジンをフロントに横置き搭載し、エンジン下方に収めたギアボックスを介して前輪を駆動する。いまでは小型車がエンジン横置き前輪駆動なのは当たり前、ひとつの「公式」になっているが、そのルーツがミニ。

 60年以上前に突如として出現、それゆえに「革新の小型車」と呼ばれ、設計者であるアレック・イシゴニス(1906~1988)の名前が自動車史にしっかりと記されている、というわけだ。

 そして「Aシリーズ」と呼ばれたそのエンジンには、SUキャブが装着され、それを2基に増強して強力版、ミニ・クーパーがつくられたりしてきた。寒い時などチョーク・レヴァを引いてガスを濃い目にしてエンジンを始動する、などという「儀式」は、ミニをはじめとする英国車の多くに共通するものであった。

 便利にはなったけれど、その分、英国車らしくなくなったという硬骨の英国車党も少なくなかったが、キャブに代わるインジェクションの導入は、ミニの寿命を延ばすことになったのは事実であった。1992年6月、その名もミニ1.3i、ミニ・クーパー1.3iとして生産がつづいた。

 かつて、英国車はチェンジするごとにMk-I、Mk-IIなどと称することが多く、ミニもMk-IIIまでしっかりと名付けられていた。その後は特別「Mk」は付けられなくなっていくのだが、数えていくと1992年のチェンジ以降はMk-IXに当たる。

■日本市場がミニを延命

コンパクトなボディが日本の道路事情に適していたという理由もあり、日本での人気は特筆すべきものがあった

 日本におけるミニの人気は特別なものがある。コンパクトなボディ、可愛さの漂うスタイリング、それにキビキビとした走り振りは、趣味と実益の両方を賄えるクルマとして、長く人気を保ってきた。

 1989年9月に現地法人である「ローバー・ジャパン」が発足すると、広く一般にまで浸透し、毎年10000台もが輸入される異色の存在になっていた。

 考えてみれば、もともとはその当時でさえすでに誕生から30年も経過したクルマだ。いくら「革新の…」といっても、すべてがクラシカルなメカニズムに終始していた。逆にそれが、ミニの独特の雰囲気をつくっていて魅力になっていたのではあるが。

 先のインジェクション導入も、実は日本市場のリクエストによる部分が大きかった、という。

 つまり、クーラー必須の日本市場で、クーラー装着時の、エンジン・コントロールなどを考えたら、インジェクションの利点が大きかった。これにより、ミニ・クーパー1.3i(4段MT)が62PS、その他のモデルは53PSでラインアップされた。

 遅れて本国仕様もインジェクションが導入されるが、それは日本仕様とは異なる「MPI(マルチポイント・インジェクション)」というもので、同時にラジエータ搭載位置が前向きに変更になったことで識別できる。

 この頃、1994年にはローバー・グループはBMWに買収され、その下でミニは生産がつづけられる。ローバーのエンブレムに代わって、ミニ独自の「ウイング・エンブレム」になったのは、この少しのちである。

■限定モデルの数々

 話が少し前後するが、1990年代のミニの大きな特徴のひとつに「特別仕様車」のオンパレード、というのがある。順にまとめてみよう。

1994年6月:ミニ「35thアニヴァーサリー」 1000台限定
   8月:クーパー1.3iオートマティック 300台限定
   11月:ミニ・クーパー1.3i「モンテカルロ記念限定車」 1000台限定
1995年7月:ミニ・タータン 2000台限定
1996年6月:ミニ・クーパー「35thアニヴァーサリー」 グリーン 2500台限定
1998年1月:ミニ・クーパー「スポーツ・リミテド」600台限定
   6月:ポール・スミス・ミニ 1500台限定
   8月:ミニ・クーパー「BSCCリミテド」 750台限定
1999年6月:ミニ「40thアニヴァーサリー」 800台限定
   9月:ミニ・クーパー「40thアニヴァーサリー・リミテド」1000台限定

 といった具合である。この間、1997年にはエアバックなど安全基準を向上させたマイナーチェンジ(これがMk-X)を受けた。

 一方では1997年秋に新型ミニのプロトタイプが発表されるなど、着実にBMWミニの開発が進められ、まだまだ人気はあったにもかかわらずクラシック・ミニは2000年10月でフェードアウトした。

【著者について】
いのうえ・こーいち
岡山県生まれ、東京育ち。幼少の頃よりのりものに大きな興味を持ち、鉄道は趣味として楽しみつつ、クルマ雑誌、書籍の制作を中心に執筆活動、撮影活動をつづける。近年は鉄道関係の著作も多く、月刊「鉄道模型趣味」誌ほかに連載中。季刊「自動車趣味人」主宰。日本写真家協会会員(JPS)

関連タグ

こんな記事も読まれています

スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
くるまのニュース
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
レスポンス
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
AUTOSPORT web
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
motorsport.com 日本版
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
OPENERS
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
カー・アンド・ドライバー
トヨタ新型「カローラ“SUV”」初公開! 斬新「レクサス顔」採用!? 豪華すぎ“赤内装”もアリ!? もはや“小さな高級車”な400万円超え「カロクロ」泰で発表
トヨタ新型「カローラ“SUV”」初公開! 斬新「レクサス顔」採用!? 豪華すぎ“赤内装”もアリ!? もはや“小さな高級車”な400万円超え「カロクロ」泰で発表
くるまのニュース
かつて日本でも人気を誇ったアメリカンSUV フォード新型「エクスプローラー」2025年モデルが米国登場! どんなクルマに進化した?
かつて日本でも人気を誇ったアメリカンSUV フォード新型「エクスプローラー」2025年モデルが米国登場! どんなクルマに進化した?
VAGUE
人生アガリの車はマセラティ「3500GT」で。「ディーノ246GT」ではなく難ありトライデントを選んだ理由とは
人生アガリの車はマセラティ「3500GT」で。「ディーノ246GT」ではなく難ありトライデントを選んだ理由とは
Auto Messe Web
2代目のアウディ R8は、快適なスーパーカーというコンセプトを初代から継承【スーパーカークロニクル/116】
2代目のアウディ R8は、快適なスーパーカーというコンセプトを初代から継承【スーパーカークロニクル/116】
Webモーターマガジン
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
パニック!駐車場で「どこに停めたか忘れた」どう対策? クルマの位置がすぐ分かる「裏ワザ」とは 便利アイテムも活用できる!?
くるまのニュース
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
シャンデリアに金華山がデコトラ野郎の矜持! 「昭和な煌びやかさ」にこだわるデコトラ内装の世界
WEB CARTOP
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
最近「影薄め」だけどWRCは75勝! グレーな噂がありつつもヤバイぐらいカッコイイ珠玉のマシンを一挙紹介!!
WEB CARTOP
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
京王バス「中野‐中野新橋‐永福町」を新系統に置き換え 稲城長峰循環も廃止 3月にダイヤ改正
乗りものニュース
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
日産最大! 超巨大な「高級SUV」お披露目! 斬新すぎる“点滅ライト”採用!? 「QXモノグラフ」カナダ初公開
くるまのニュース
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
東京浅草にレーシングシミュレーターショップ『ZENKAIRACING TOKYO』がオープン
AUTOSPORT web
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
VERTEX PARTNERS CERUMO・INGINGが2024年SF参戦体制とマシンカラーを発表
AUTOSPORT web
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
自動で人を避ける! 他のクルマに道を譲る! ホンダの協調人工知能搭載のモビリティとロボットが凄い
WEB CARTOP

みんなのコメント

3件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索
MINIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村