現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 100万円で手に入る90年代欧州コンパクトカー5台のオシャレっぷりが突き抜けてる!

ここから本文です

100万円で手に入る90年代欧州コンパクトカー5台のオシャレっぷりが突き抜けてる!

掲載 更新 10
100万円で手に入る90年代欧州コンパクトカー5台のオシャレっぷりが突き抜けてる!

懐かしいけど古すぎない「ネオクラシック」なヨーロッパ車たち

 1990年代のクルマは国産輸入問わず、今のクルマにはない魅力があるし、年式的にもそれほど古くないので、ネオクラシックとしてちょうどいい立ち位置だったりする。それよりも古いと維持も大変だし、そもそも価格が高騰していることもあって、買うこと自体がハードルが高い。

「ハコスカバン」も「キャトル」も活躍! クラシックカーで「秋キャンプ」を楽しむ10台+α

 今回注目したいのはヨーロッパ車のコンパクトハッチたちだ。予算100万円で購入できるモデルもけっこうあるし、日本車にはないデザインや、コンパクトカーの本場である欧州ならではの実用性など、魅力はいっぱいだ。オススメのモデルを紹介しよう。

フィアット・パンダ(初代/1980~2003年)

 復活した2代目以降ではなく、オリジナルの初代。ジウジアーロデザイン全開となる平面多用のボディとシンプルかつ個性的な内装など、唯一無二だ。スバル製CVTを積んだ「セレクタ」は耐久性に問題ありつつも、現存台数はけっこうあるし、最後まで販売されていた4WDも同様だ。もちろんMTもある。シンプルゆえ直しやすいし、エンジンも当時のフィアットのメインだった「FIRE」エンジンなので、メンテもしやすい。

ミニ(1959~2000年)

 長きにわたって作られていただけに、古いモデルはビンテージ扱いだが、「97年モデル」と呼ばれる最終モデルはタマ数も多いし、100万円以下でも十分探せる。アフターパーツも豊富なのも維持する点では有利だ。

ルノー4(キャトル/1961~1992年)

 ルノーのワゴンといえばキャトル。1990年にはけっこうな数が輸入されていたので、現存台数もそこそこある。ワゴンなので実用性は高いし、インパネの真ん中から出ているシフトなどユニークだ。また、乗り心地もフランス車の王道的なふんわりとしたものが味わえる。

シトロエン2CV(1948~1990年)

 フランスらしさ全開といえば、シトロエンの2CV。ミニ同様、古いモデルはビンテージの領域だが、こちらも1990年まで作られていて、このあたりのモデルはタマ数もあるし、探せば100万円を切るものもある。ボディは錆びやすかったりするが、フレーム車なので走行に影響することはあまりない。

フォルクスワーゲン・ゴルフ3(1991~1997年)

 初代ゴルフが再評価されているが、ゴルフで狙い目は3代目だ。ちなみに2代目もけっこうな価格帯となっている。ゴルフ3だと、2でウイークポイントとされた振動もかなり減っていて、品質も上がっている。今やVWはプレミアムブランドになりつつあるが、1990年代はまだ素朴さも残っていて、国民車としてのゴルフを味わえる。

パーツの流通が厳しくなってきている点に要注意

 以上、5台を選んでみたが、中古車価格高騰の昨今のなか、100万円の予算で買えるのはうれしいところ。ただ注意したいのは故障で、細かいものも含めて避けられないし、メンテナンスフリーでもないのは事実。そこをかまってやるのが楽しいと思う、心の広さが大切だ。

 また気になるのが部品の供給で、欧州車はもともとは入手しやすかったが、昨今のコロナや半導体不足の影響もあって部品が続々と生産中止になっているので、注意したい。いずれにしてもメンテナンス&修理費用を別枠である程度確保しておくといいだろう。

こんな記事も読まれています

VCARB 01に好感触の角田「最初の走行はすべてスムーズ。全体的にハンドリングしやすい」と前年からの進歩を実感
VCARB 01に好感触の角田「最初の走行はすべてスムーズ。全体的にハンドリングしやすい」と前年からの進歩を実感
AUTOSPORT web
改訂されたルールにドライバーから不満。「すべての戦略を奪った」とハブル/バサースト12時間
改訂されたルールにドライバーから不満。「すべての戦略を奪った」とハブル/バサースト12時間
AUTOSPORT web
約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
くるまのニュース
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
AUTOSPORT web
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
AUTOCAR JAPAN
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
Auto Messe Web
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
motorsport.com 日本版
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
AUTOSPORT web
ステアリングスイッチでナビ操作が可能に! データシステムからホンダ「N-BOX」「ステップワゴン」用のステアリングリモコンアダプターが登場
ステアリングスイッチでナビ操作が可能に! データシステムからホンダ「N-BOX」「ステップワゴン」用のステアリングリモコンアダプターが登場
くるまのニュース
SF開幕前テスト、初日のトップは午前も午後も牧野任祐。悲願の優勝&王座に向けて好発進も「悪くはないけど、とにかくドライで走りたい」
SF開幕前テスト、初日のトップは午前も午後も牧野任祐。悲願の優勝&王座に向けて好発進も「悪くはないけど、とにかくドライで走りたい」
motorsport.com 日本版
「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか
「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか
レスポンス
「ステルス」感がハンパない斬新「SUVミニバン」実車展示!? ワイドボディ×マットブラックの謎マシン「ブラーバ オーカス」のベース車とは
「ステルス」感がハンパない斬新「SUVミニバン」実車展示!? ワイドボディ×マットブラックの謎マシン「ブラーバ オーカス」のベース車とは
くるまのニュース
マニュアルはやっぱり楽しい!──新型スズキ スイフト ハイブリッドMX(5MT)試乗記
マニュアルはやっぱり楽しい!──新型スズキ スイフト ハイブリッドMX(5MT)試乗記
GQ JAPAN
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
motorsport.com 日本版
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
グーネット
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
くるまのニュース
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
グーネット
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
レスポンス

みんなのコメント

10件
  • 2CVは100万ではもう無理。ここ数年で高騰している。
  • ゴルフ3は、いいクルマでしたね。
    まさに質実剛健。無骨でシンプルだが、どっしりした走りがさすがドイツ車という感じ。
    名車だと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索
MINIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村