現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【スクープ】高性能JCWもあるぞ! MINIエレクトリックモデル第2世代は内外デザインを大刷新!

ここから本文です

【スクープ】高性能JCWもあるぞ! MINIエレクトリックモデル第2世代は内外デザインを大刷新!

掲載 更新
【スクープ】高性能JCWもあるぞ! MINIエレクトリックモデル第2世代は内外デザインを大刷新!

最高出力は初の200ps超えも!

BMW MINIは現在、「MINI」ファミリー次期型を開発しているが、フルエレクトリック「クーパーSE」市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが捉えた。

【スクープ】ド派手なカモフラージュが目立ちすぎ!? ロールスロイス初EVスポーツ「スペクター」の最新プロトタイプが豪雪に登場!

第3世代となる現行型MINIは2013年に発売し、2019年にはフルエレクトリックモデル「クーパーSE」が登場、2021年にはベースモデル、EVともども大幅改良が行われている。

フィンランドの氷上で捉えたプロトタイプは、フルカモフラージュながら、現行型と比較して幾つかの変更点がみられる。フロントエンドでは、微調整されているヘッドライトを装備、ライト周辺がグレーの円で囲まれているが、これは現行型より大型化される可能性もあるが、おそらく単なる偽装で、內部には円形のLEDデイタイムランニングライトが組み込まれる。

後部では、四角い楕円形のテールらいとが、横向きのピラミッドのようなアウトラインに置き換えられているほか、テールゲートのシャープな開口部も確認できる。

コックピットの画像は、先日捉えた「クロスオーバー」(海外名:カントリーマン)次期型のものだ。ダッシュボード中央には、現行型とは異なる突き出た巨大なフローティング・ラウンドスクリーンが配置されている。円形のタッチスクリーンは、小さなデジタル・インストルメントクラスターと、ヘッドアップディスプレイを操作する。おそらく基本的コンポーネントはSEと共有することになるだろう。

現行型SEのEVスペックは、フロントに電気モーターを搭載、最高出力は187psを発揮、0-60km/h加速3.9秒、0-100km/h加速7.3秒のパフォーマンスを持つが、次期型ではこれらの数値が向上、最高出力は初の200ps超えも予想される。また MINIブランドでは、高性能JCW(ジョンクーパーワークス)初のEVを開発していることを発表しており、このクーパーSEに設定、さらなるパフォーマンスEVが期待できそうだ。




関連タグ

こんな記事も読まれています

約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
約700馬力! 斬新ロングノーズの新型「FRスポーツカー」初公開! “ツインターボ×手組みエンジン”搭載した「最強・最速モデル」英でお披露目
くるまのニュース
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
ホーナーが“不適切行為”による告発を受けた件について、FIAは「結果が明らかになるまでコメントを差し控える」と声明
AUTOSPORT web
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
トヨタ新型プリウス、約700万円から発売へ! 待望のPHEV導入に英国人の反応は?
AUTOCAR JAPAN
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
アストンマーティンのエンブレムは「鳥」じゃなくてマクラーレンのは「鳥」だった!? 自動車メーカー紋章の意外なトリビア【動物編】
Auto Messe Web
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
Juju、プルシェールといったSFルーキーが雨の鈴鹿で続々スピン。その一因を岩佐歩夢が考察「エンジンレスポンスが良いのがトリッキー」
motorsport.com 日本版
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
王座を守る戦いがまもなく開幕。新戦力を迎えたトヨタGR、装いを新たに第1戦カタールに臨む
AUTOSPORT web
ステアリングスイッチでナビ操作が可能に! データシステムからホンダ「N-BOX」「ステップワゴン」用のステアリングリモコンアダプターが登場
ステアリングスイッチでナビ操作が可能に! データシステムからホンダ「N-BOX」「ステップワゴン」用のステアリングリモコンアダプターが登場
くるまのニュース
SF開幕前テスト、初日のトップは午前も午後も牧野任祐。悲願の優勝&王座に向けて好発進も「悪くはないけど、とにかくドライで走りたい」
SF開幕前テスト、初日のトップは午前も午後も牧野任祐。悲願の優勝&王座に向けて好発進も「悪くはないけど、とにかくドライで走りたい」
motorsport.com 日本版
「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか
「世界で最も醜い車」がEVで復活!? 伝説のフィアット『ムルティプラ』逆襲なるか
レスポンス
「ステルス」感がハンパない斬新「SUVミニバン」実車展示!? ワイドボディ×マットブラックの謎マシン「ブラーバ オーカス」のベース車とは
「ステルス」感がハンパない斬新「SUVミニバン」実車展示!? ワイドボディ×マットブラックの謎マシン「ブラーバ オーカス」のベース車とは
くるまのニュース
マニュアルはやっぱり楽しい!──新型スズキ スイフト ハイブリッドMX(5MT)試乗記
マニュアルはやっぱり楽しい!──新型スズキ スイフト ハイブリッドMX(5MT)試乗記
GQ JAPAN
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
motorsport.com 日本版
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
グーネット
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
くるまのニュース
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
グーネット
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
レスポンス
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
GQ JAPAN
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索
MINIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村