現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 2023年に発売される次期型MINIのプロトタイプが公開される。主力はやはり電気自動車?

ここから本文です

2023年に発売される次期型MINIのプロトタイプが公開される。主力はやはり電気自動車?

掲載 更新 7
2023年に発売される次期型MINIのプロトタイプが公開される。主力はやはり電気自動車?

最初に登場するのは3ドア
BMWは現在開発中の新型「MINI」(3ドア)の画像を初公開した。公開されたのは、新型に設定されるフルEV(BEV)のプロトタイプで、ウインターテストの模様だ。

テストが実施されているのは、北欧スウェーデンのアルイェプログ。厳重な擬装に包まれた新型MINIは、北極圏の厳しい寒さの中でパワートレーンや高電圧バッテリーの信頼性をチェックしている。BMWによると、アレック・イシゴニスの手になるオリジナルMINIから数えて5世代目となる新型は、原点というべき3ドアハッチが最初にデビューするとのことで、新型の登場は2023年と公式にアナウンスされている。来年にはBEVも含めて我々の前に姿を表すこととなる。

>>ミニ(ハッチバック)のおすすめグレードとユーザーの評価を見てみる

エンジンを搭載するのは次期型が最後か
現状のラインナップでは、ハッチバックとSUVのカントリーマン(日本名:クロスオーバー)にプラグインハイブリッド(PHEV)が設定されているものの、既にMINIは2030年台初頭までにフルEVのみのブランドとなることをアナウンス済み。さらに、内燃機関を搭載した車種は2025年のリリースで終了するとのことだから、おそらく第5世代が最後の内燃機関搭載モデルになるとみられ、そのBEVバージョンは正に世代交代を印象付けるモデルとなりそうだ。

メーカーによると、新型MINIは刺激的なドライビング特性を持つとされ、オリジナルの時代からのアイデンティティでもある独特のゴーカート・フィーリングは、パワートレーンの電動化によってもネガティブな変化を受けないようだ。さらに、モーターの出力、サスペンションとダンピング特性などをシャシーシステムも含めて統合制御する機能も備えている。

現状でBEVバージョンのMINIについて、スペック等の情報はないが、MINIでは今年、プレミアム・スモール・カー・セグメント向けのクロスオーバー・モデルのコンセプト・スタディも発表する予定とのことだから、こちらも要注目。燃料高騰のなか、サイズの大きなクルマからコンパクトカーに乗り換えるユーザーの需要も増加するとみられる。そうしたなか登場する新型MINI。発表が今から楽しみだ。

こんな記事も読まれています

マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
マシン大変更のレッドブルに死角なし? 後続に大差つけるトップタイムをマーク。発表会では隠された秘密も明らかに|F1バーレーンテスト初日午前
motorsport.com 日本版
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
純正モニター対応!車載用地デジチューナー発売 HDMI出力OKで高画質を実現 KEIYO
グーネット
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
車中泊も可能!? 丸目ライトがカッコいいスズキ「軽商用バン」登場! オシャな「レトロスタイル」お披露目!
くるまのニュース
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
ソロキャンプの味方に!小型ポータブル電源が新登場 2.85kgのお手軽ブックサイズ
グーネット
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
市販ナビやディスプレイオーディオもステアリングスイッチで操作可能、N-BOX用とステップワゴン用のアダプターが発売
レスポンス
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
クロスオーバーから名前も中身も大きく変わりました──新型ミニ カントリーマンJCW試乗記
GQ JAPAN
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
Juju、雨のテストでスーパーフォーミュラ初のスピンアウトも経験「何が良いかを色々試した。明日はもっともっと成長できたら」
motorsport.com 日本版
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
トヨタ「ハイエース“レガンス”」登場!? 10人乗りの超豪華仕様! まるで“高級ラウンジ”な「4列ミニバン」に反響集まる
くるまのニュース
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
過去最多の入場者でにぎわった! ノスタルジック2デイズ 2024
レスポンス
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
ついに明らかとなったレッドブルRB20の本当の姿。極小の開口部、コックピット後方にはふたつの穴
motorsport.com 日本版
2024年インディカー最終戦ナッシュビルの開催地が変更。シーズン終盤がオーバル3連戦に
2024年インディカー最終戦ナッシュビルの開催地が変更。シーズン終盤がオーバル3連戦に
AUTOSPORT web
【試乗記】BMW523i Exclusive 守るべきものを守るこだわりとその完成度の高さ
【試乗記】BMW523i Exclusive 守るべきものを守るこだわりとその完成度の高さ
Auto Prove
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
スズキ新型「ジムニー5ドア」日本発売! 並行輸入で国内上陸!? “謎の専用サイト”で受付開始 395万円から
くるまのニュース
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
[音響機材・チョイスの勘どころ]アンプ内蔵DSPの導入時には、注意すべきポイントがある!?
レスポンス
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
5メーカーがトップ10入り。ドゥカティのバニャイア&マルティンが1-2/MotoGPカタール公式テスト1日目
AUTOSPORT web
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
ウイリアムズF1、新車FW46はメルセデスの”旧型”リヤサスペンションを継続使用。プルロッド式にこだわる
motorsport.com 日本版
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
新ハイブリッドシステムで大幅パワーアップ──ポルシェ、新型パナメーラにPHEVモデルを導入|Porsche
OPENERS
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
第3世代の新型ポルシェ・パナメーラの「E-ハイブリッド」モデルが本国デビュー
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

7件
  • エンジンのモデルにはMTを復活させて欲しいですね。
  • エンジンが残る内はFFなんだろうが、その次にモーターだけになったら、FFを続けるのかは難しいな。

    FFはミニのアイデンティティだけど、嵩張るエンジンと変速機がコンパクトな電気モーターだけに変われば、FFであることの意味って残るだろうか。

    1シリーズなんかはRWDの方が合ってそうだし。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索
MINIの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

298.0490.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.0800.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村