現在位置: > > > > > 名門マクラーレンの開発力はメルセデスワークスを...

『名門マクラーレンの開発力はメルセデスワークスを...』:ホンダ N BOX

解決済み名門マクラーレンの開発力はメルセデスワークスを超える! マクラーレンがポンコツエンジンのホンダに足を引きずられ失速したが、本当の開発力の高さを知ってるかな?

名門マクラーレンの開発力はメルセデスワークスを超える!

マクラーレンがポンコツエンジンのホンダに足を引きずられ失速したが、本当の開発力の高さを知ってるかな?マクラーレンがメルセデスエンジンを積むとメルセデスワークスを超え、開発力の高さから2倍以上のポイントを取れた実績がある。

フェルナンド・アロンソが
”マクラーレンは長い歴史がありNO2の開発力がある!”
との発言が、非難混じりで疑問視されているが嘘では無い。
アロンソの発言には根拠があるが、川井でさえビッグスポンサーであるホンダを敵に回したくないので口を濁し避けたがる。
F1ホンダの兼ね合いからトヨタ系ともコネを強く持てないので、話を避けたがり口を濁して語らない。
聞いていて、都合が悪くなると便秘で詰まったような気分の解説になる。

おまけに、
アロンソがコメントする度に日本のモータースポーツの情報筋は、日本の自動車メーカーの広告によるスポンサーがらみからマクラーレン側を非難をする。
日本のF1情報筋は2流のゴシップ系雑誌というレベルで、それを信じる知恵袋のアホは3流レベル。
良くないな。

2010年を参考に解説すると、

メルセデスGPペトロナスはメルセデスワークスで、エンジンはワークス版を搭載していた。
これに対し、
ボーダフォンマクラーレンは同エンジンのデチューンのカスタマー版を積んでいた。

だが、ワークスエンジンの214ポイントに対し、マクラーレンはカスタマーチームでありながら2倍以上の454ポイントを獲得し、常勝チームのレッドブルと優勝争いをしていた。

マクラーレンが2015年、2016年、2017年の3年間にホンダを使用せずメルセデスが搭載出来ていれば、カスタマー版によるハンディーがあろうとも、アロンソとのタッグによりメルセデスワークスに負けない、あるいは超えているタイムを叩き出していたことになる。

メルセデスワークスはコースにより得意不得意が顕著に現れ、エンジン特性やシャーシ特性に問題を抱えているからだ。
ハミルトンも悩んでいるが未だ解消されていない。

名門マクラーレンにはワークスに負けない実戦での長い歴史とノウハウ、さらに優秀な設備と大量の従業員を抱え開発力の凄さがある。
このマクラーレンが設計するボディーワークやサスは、F1ドライバーやデザイナーやエンジニア達から優秀だと評価されている。

たかがホンダの軽自動車に乗っているからオタクになり、情けないホンダを見限ったマクラーレンやアロンソを非難する為に知恵袋でウンチク書く奴も多いが迷惑だよな。

知恵袋ではマクラーレンのシャーシが糞だとホンダ擁護派達から叩かれているが、事実は糞なのはホンダエンジンだったのである。
マクラーレンの優秀なシャーシですら、まともなタイムも出ないほど無様なホンダエンジンだった。

F1業界筋では誰もがマクラーレンのシャーシは優秀だと認めている。
知恵袋って誹謗中傷やガセネタばかりで怖いよな~。

マクラーレンチームがホンダエンジンを搭載することで、レッドブルとの優勝争いの454ポイントからブービー賞となる30ポイントの下位争いに転落している。

実はマクラーレン・ホンダって、ホンダN-BOXの軽自動車のエンジン載せているんじゃないかと思ってしまうのは俺だけかな?

本当はIDを非公開にしたくはないが、マクラーレンとアロンソネタになると
yahho_yahho_0123 が集団で攻撃してくるから非公開にしているだけ。

補足
F1オタクは初心者が多いので補足。

2009年度マクラーレンとフェラーリが2008年度と比較しコンストラクターズが大きく下落。
この年はKESRが任意解禁となり、コンストラクターズ1位ブラウンGPワークスと2位レッドブルは、非搭載の軽量型エンジンにより、開発中のマクラーレンやフェラーリよりアドバンテージがあった。

マクラーレンとフェラーリは大きな重量ハンディーとKESR開発をしながら走行。
将来を見据えての早期テストの実戦投入したチーム。

2010年度マクラーレンとフェラーリはアホらしくなり中止し、他のKERS搭載チームも中止し全チームがKERS非搭載により公平な評価が出来る年となった。
カスタマーのマクラーレンメルセデスとフェラーリのアロンソも再び優勝争いに加わっている。
だが、メルセデス搭載のブラウンGPワークスは一気に4位まで落ち込んでいる。

2011年には不公平を是正する為に、重量制限上限を引き上げたことからKERSの開発と搭載が加速した。

2009年度ブラウンGPワークスがマクラーレンより速い理由は、マクラーレンがKERSを搭載し重い重量と共にKERSのテストしていた年によるもの。

この頃からレッドブルが頭角を現し開発力の高さを示し始めた。

ベストアンサーに選ばれた回答

1.2010年度のコンストラクターズ順位を見て、アロンソがドライブしていないワークスを超えるマクラーレンメルセデスの順位からシャーシ性能の評価が高いことが分かる。

2.同じ2010年度でマクラーレンメルセデスに乗っていないアロンソが、フェラーリに乗ってドライバーズチャンピオン争いをしていている。
しかも、レッドブルやメルセデスよりコンストラクターズ順位が低いフェラーリにアロンソが乗って、ドライバーズチャンピオン争いをしていること。

3.フェルナンド・アロンソと同じフェラーリに乗るフェリペマッサに2倍近くのドライバーズポイントを獲得し、同じチーム内でも圧倒的な実力差を証明している。
フェラーリのコンストラクターズポイントも、これによってアロンソが多くのポイントを稼ぎ出している。

よって、マクラーレンとアロンソは最強の組み合わせとなる。
ルノーエンジンの開発次第では、ハミルトンを倒すことが出来る唯一のチームとドライバーとなる。
”自分を倒すことが出来るのはアロンソだけ”
とハミルトンが話している理由として、この現実の中でハミルトンはアロンソと共に戦い身近な存在として知っているから。

知恵袋に参加している連中は単細胞だから分析や理解も出来ないよ。
難しすぎるんじゃないの?

回答一覧

6件中1~6件を表示

  • 最強のシャーシーメーカー
    最強のエンジンメーカー
    最強のドライバー
    出会う時期が違ってたらネ〜

  • アロンソはチーム開発能力がNo.2とコメントしたのではなく現在、参戦するコンストラクター中では2番目に長い歴史を誇るチームとコメントしただけですよ。

    それに2010年はメルセデスワークスチーム復活の初年度ですから、既にトップチームのマクラーレンと比較するのは可哀想かも。

    それを例えにしてしまうと2009年初参戦チームのブラウンGPに同じメルセデスエンジンでマクラーレンはワークス扱いなのに負けちゃってます。

    色々とお詳しそうなので多分、これ解っていてコメントしてますよね。

    マクラーレンと言うチームは唯一、フェラーリと共に伝説的なチームだと思うので復活してもらいたいですね。

  • >マクラーレンが2015年、2016年、2017年の3年間にホンダを使用せずメルセデスが搭載出来ていれば、カスタマー版によるハンディーがあろうとも、アロンソとのタッグによりメルセデスワークスに負けない、あるいは超えているタイムを叩き出していたことになる。

    2011〜2014年はどうだったの?

  • >”マクラーレンは長い歴史がありNO2の開発力がある!”その栄光の歴史を糞まみれにするアロンソとデブ!!!!開幕でパパイヤ焼き美味しく焼けるといいね。楽しみにしてるよww

  • マクラーレンは、エンジンはずーっとメルセデスを積みたがっていたが、資金難からスポンサー兼エンジンサプライヤーとして組んだ経緯が有りますから、仕方ないのかもね?

    ロンデニスが引退しなければ、あの失態は無かったかも?

  • 質問はなに?

6件中1~6件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

マイカー登録はこちら

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車ホンダ N BOXアクセスランキング
  1. 1位 660 G Lパッケージ
    660 G Lパッケージ
    490,000円(静岡)
  2. 2位
    カスタム 660 G L ターボ ホンダセンシング
    2,080,000円(愛知)
  3. 3位
    660 G ホンダセンシング
    1,197,000円(愛媛)
  4. 4位
    カスタム 660 G L ターボ ホンダセンシング
    2,050,000円(愛知)
  5. 5位
    660 G
    497,000円(埼玉)

※2020年3月30日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)