現在位置: > > > > > 超小型車の方が軽より危険ですが、超小型車は速度...

『超小型車の方が軽より危険ですが、超小型車は速度...』:ホンダ N BOX

解決済み超小型車の方が軽より危険ですが、超小型車は速度が出ませんし、走る環境で事故はまず起きませんよね?

超小型車の方が軽より危険ですが、超小型車は速度が出ませんし、走る環境で事故はまず起きませんよね?つまり、超小型車を普通車のように乗っていてはやはり危険ですね。高速の制限速度統一や、追い越し車線の走行など?


物理学による机上の計算でも、実験などによる実際の結果でも、
一般に軽は普通車に比べ安全性が明らかに劣っています。


海外の衝突試験より、衝突速度が低かったり、衝突させる台車が軽かったり、衝突面識が大きかったりする点から、海外の衝突試験よりレベルの低いと言われているJNCAP試験ですら、軽でクリアしているのは、ホンダN-wgnとN-boxだけですよね?
それに対し普通車は海外の試験でも多くがクリアしています。


正面衝突試験は壁に衝突させる試験であり、日本の衝突試験では運動エネルギーをどれだけクラッシュブルゾーンで吸収できるかが重要となります。つまり質量に比例する運動エネルギーが少ない軽の方が、普通車よりクラッシュブルゾーンで吸収できるエネルギーが少なくても同じ評価を取れます。JNCAPでは重さによる多少の加点がありますが、ごくわずかで全く質量の差を埋めれる程の点数では無いです。
つまり、同じ評価の軽と普通車でもクラッシュブルゾーンで吸収できるエネルギーは普通車の方が多いという事です。
実際の正面衝突事故では、車と衝突することが多いので、吸収できるエネルギーが少ない軽の方が危険となります。


サイズに制限があり、それで最大限の室内空間を作ろうとしているので、ドアを薄くしたり、前方や後方のクラッシュブルゾーンを少なくしたりしています。エンジンルームはクラッシュブルゾーンと言いますが、エンジンなどがあるので完全に潰れるという事はありません。つまり軽のクラッシュブルゾーンの長さは10cm程度という事になります。つまり数十cm違えば、軽の数倍も吸収量が高いという事です。鋼を瞬時に数十cmも変形させるエネルギーは甚大です。


軽の最大の魅力は維持費の安さです。また殆ど日本でしか売れないので開発費も分散されません。つまり新車価格、開発費もおのずと制限されます。
よって、キャビンの鋼を強度の高いものにする事ができません。最近スズキが降伏応力(強度)980MPaの超高張力鋼を使いましたが、三菱など殆どが490MPaのハイテンです。
三菱の普通車は490Mpa程度ですが、日本の普通車は基本的に980MPa程度の強度の鋼を使っています。因みにボルボやホンダNSXでは、1500MPaの熱間整形ボロン鋼を使っています。
また、安全装備なども、ホンダがホンダセンシングを搭載したり、エマージェンシーストップシグナルを搭載したりと頑張っていますが、基本的に普通車の後で、普通車で一般的になってからという事が多いです。


一般道で対向車と正面衝突した場合を、完全弾性衝突とし下記のように仮定
普通車の質量M=1.6[ton]、衝突前の速さV=50[km/h]、衝突後の速度V’
軽の質量m=1[ton]、衝突前の速さv=50[km/h]、衝突後の速度v’

運動量保存則よりMV’+mv'=MV-mv
MV’=MV-mv-mv'
(MV’)^2=(MV-mv)^2+(mv')^2-(MV-mv)mv'

エネルギー保存則よりMV'^2+mv'^2=MV^2+mv^2
V'^2=(MV^2+mv^2-mv'^2)/M

M(MV^2+mv^2-mv'^2)=(mv')^2-(MV-mv)mv'+(MV-mv)^2
0=(Mm+m^2)v'^2-(MV-mv)mv'+(MV-mv)^2-M(MV^2+mv^2)
=2.6v'^2-30v'-10310

v'=69km/h
V'=-24km/h

衝撃エネルギーで考えると速度の2乗に比例するので、軽は普通車の2.4倍の衝撃
軽:50^2+69^2=7261
普通車:50^2+24^2=3076



但しこれは一般に軽乗用車と普通乗用車を比較した場合で、例えば軽乗用車で一番安全なN-BOXと、コンパクトカーの三菱i-MIEVを比較すると、圧倒的にN-BOXの方が安全です(予防安全を含めたら比較するのが失礼なら程です)。

論破されると大型とぶつかったらどちらも同じという負け惜しみが出ますが、
大型とぶつかっても大丈夫です。
https://minkara.carview.co.jp/userid/2864920/blog/40575700/

ベストアンサーに選ばれた回答

質問内容はこの二つですよね?

①超小型車の方が軽より危険ですが、超小型車は速度が出ませんし、走る環境で事故はまず起きませんよね?

⇒速度が出ないから事故にならないということではないです。
法令違反となるような事故を見ると、殆どがわき見運転や安全不確認ですので、これらは車のサイズに関係なく発生します。
https://www.ms-ins.com/special/rm_car/accident-data/


②超小型車を普通車のように乗っていてはやはり危険ですね。高速の制限速度統一や、追い越し車線の走行など?
⇒これは質問があいまいで何ともいえません。
超小型車というのが何を指すかです。
軽自動車より小さな普通車ということであれば、軽自動車より危険なことが多いでしょう。
例えば、トヨタのIQみたいな超小型車だと前後方向の衝突は軽より危険なことも多いですが、左右方向については幅があるので安全です。


軽自動車の安全性については、特に左右からの衝突に弱いです。
この部分は幅が広い普通車には勝てない部分です。
ここをカバーするのがサイドエアバッグやカーテンエアバッグです。
最近のHONDAの軽自動車だとこのカーテンエアバッグが標準で装着されていたりするので、そんなグレードだと下手な普通車よりは安全性は高いです。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

マイカー登録はこちら

中古車ホンダ N BOXアクセスランキング
  1. 1位 660 G Lパッケージ
    660 G Lパッケージ
    200,000円(福岡)
  2. 2位
    660 G
    497,000円(埼玉)
  3. 3位
    660 G Lパッケージ
    248,000円(栃木)
  4. 4位
    カスタム 660 G L ホンダセンシング
    1,579,000円(福岡)
  5. 5位
    660 カスタムG
    675,000円(千葉)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)