現在位置: > > > > > ホンダは1974年に軽自動車市場から撤退したものの1...

『ホンダは1974年に軽自動車市場から撤退したものの1...』:ホンダ N BOX

解決済みホンダは1974年に軽自動車市場から撤退したものの1985年には再参入したようですが、そのときには撤退しておきながら再参入することは身勝手だとして他社の怒りを買い、

ホンダは1974年に軽自動車市場から撤退したものの1985年には再参入したようですが、そのときには撤退しておきながら再参入することは身勝手だとして他社の怒りを買い、販売にあたってはかなりの圧力がかけられたそうです。再参入に最も反対したのはどこのメーカーですか?
最近の車両販売台数ではホンダのN-BOXがトップですから、再参入がなければ他社の軽自動車ももう少し売れたかもしれません。最も反対したメーカーなどは、再参入させなければよかったと今でも考えていたりするでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

撤退してませんよ
アクティーストリート等
現在のバモスやエヌボックスの先祖に当たる車は造り続けてます

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

エナジー セイバー 4は何が進化した? インプレ動画公開中!

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

みんカラサーキットチャレンジ 全国10か所のサーキットを「トヨタ GR」と走る!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車ホンダ N BOXアクセスランキング
  1. 1位 660 G Lパッケージ
    660 G Lパッケージ
    200,000円(福岡)
  2. 2位
    カスタム 660 G L ターボ ホンダセンシング
    2,080,000円(愛知)
  3. 3位
    660 G
    497,000円(埼玉)
  4. 4位
    660 G Lパッケージ
    490,000円(静岡)
  5. 5位
    カスタム 660 G L ホンダセンシング
    1,488,000円(愛媛)

※2020年3月31日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)