新車価格(税込)

189.3204.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

7.8130.0万円

中古車を検索

グレード情報フィットシャトル ハイブリッド

歴代モデル1件フィットシャトル ハイブリッド

ユーザーレビュー80件フィットシャトル ハイブリッド

フィットシャトル ハイブリッド

  • 荷物がたくさん積める
  • 燃費が良い
  • エンジンが良い

平均総合評価

4.5
走行性能:
3.7
乗り心地:
3.9
燃費:
4.5
デザイン:
4.0
積載性:
4.6
価格:
4.0

所有者データフィットシャトル ハイブリッド

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. ハイブリッド ナビプレミアムセレクション(CVT_1.3)
    2. ハイブリッド スマートセレクション(CVT_1.3)
    3. ハイブリッド・スマートセレクション(CVT_1.3)
  • 人気のカラー

    1. シルバー
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    89.6%
    女性
    8.7%

    その他 1.5%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 32.9%
    2. 近畿地方 15.6%
    3. 東海地方 11.5%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 フィットシャトルハイブリッド

平均値を表示しています。

フィットシャトルハイブリッド

フィットシャトルハイブリッドの中古車平均本体価格

45.6万円

平均走行距離77,463km

買取情報フィットシャトル ハイブリッド

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値フィットシャトル ハイブリッド

走行距離別リセール価値の推移

フィットシャトル ハイブリッド
グレード:
ハイブリッド ナビプレミアムセレクション(CVT_1.3)

5年後の売却予想価格

新車価格

233.0万円

売却予想価格

14.2万円

新車価格の 6%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 28万円 21万円

14万円

新車価格の
6%

7万円

新車価格の
3%

1万km 28万円 20万円 12万円 4万円
2万km 27万円 17万円 8万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて フィットシャトル ハイブリッド

2013年8月

■2013年8月
ホンダはコンパクトワゴンのフィットシャトルハイブリッドをマイナーチェンジし、燃費を向上させたほか、内外装のデザイン変更や装備の充実化などの改良を加え、2013年8月22日に発売した。

今回のマイナーモデルチェンジでは、制御の改良などにより、ハイブリッド車の燃費を26.0km/Lから26.2km/Lへとわずかながら向上させた。

外観デザインはフロントバンパーとフロントグリルを変更して、よりスタイリッシュなものとした。内装では、主要グレードに設定されるグランスムース&スウェード調ファブリックのコンビシートについて、サイド部に施されたステッチをダブルステッチ化した。同時に本革巻セレクトレバーも採用して質感を向上させた。

装備については、ヒルスタートアシストとセキュリティーアラームを全グレードに標準装備し、主要グレードに運転席&助手席シートヒーターやリアセンターアームレストなどを標準装備した。このほかHYBRIDスマートセレクションに15インチアルミホイールとパドルシフトを標準装備し、HYBRIDにディスチャージヘッドライトを標準装備するなど、グレードに応じて装備を充実化させた。

グレード構成はHYBRID-C、HYBRID、HYBRIDスマートセレクションの3グレードで従来と変わらない。



■2013年12月
ホンダはコンパクトワゴンのフィットシャトルハイブリッドをマイナーチェンジし、燃費を向上させたほか、内外装のデザイン変更や装備の充実化などの改良を加え、2013年8月22日に発売した。

今回のマイナーモデルチェンジでは、制御の改良などにより、ハイブリッド車の燃費を26.0km/Lから26.2km/Lへとわずかながら向上させた。

外観デザインはフロントバンパーとフロントグリルを変更して、よりスタイリッシュなものとした。内装では、主要グレードに設定されるグランスムース&スウェード調ファブリックのコンビシートについて、サイド部に施されたステッチをダブルステッチ化した。同時に本革巻セレクトレバーも採用して質感を向上させた。

装備については、ヒルスタートアシストとセキュリティーアラームを全グレードに標準装備し、主要グレードに運転席&助手席シートヒーターやリアセンターアームレストなどを標準装備した。このほかHYBRIDスマートセレクションに15インチアルミホイールとパドルシフトを標準装備し、HYBRIDにディスチャージヘッドライトを標準装備するなど、グレードに応じて装備を充実化させた。

グレード構成はHYBRID-C、HYBRID、HYBRIDスマートセレクションの3グレードで従来と変わらない。

同年12月19日にはエクステリアの各所にダーククロームメッキを施し、専用のブラックを基調としたインテリアカラーを採用するなどクールなスタイルに仕上げた特別仕様車「クールエディション」を発売した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。