現在位置: carview! > カタログ > ホンダ > シビックタイプRユーロ > レビュー・評価一覧 > 冷静になって考えると ずいぶん荒れていますね...

ホンダ シビックタイプRユーロ 「冷静になって考えると ずいぶん荒れていますね。 それだけ期待が大きい車だということでしょう。 冷静になって考えると、「HONDA教」の信者が「最高です」のレビュー

ニックネーム非公開さん

ホンダ シビックタイプRユーロ

グレード:不明(MT) 2009年式

乗車形式:その他

評価

3

走行性能
-
乗り心地
-
燃費
-
デザイン
-
積載性
-
価格
-

冷静になって考えると ずいぶん荒れていますね。 それだけ期待が大きい車だということでしょう。 冷静になって考えると、「HONDA教」の信者が「最高です

2009.11.16

総評
冷静になって考えると
ずいぶん荒れていますね。
それだけ期待が大きい車だということでしょう。
冷静になって考えると、「HONDA教」の信者が「最高です」と崇め奉るほどの車ではないし、もちろんアンチ派が「最低・最悪」とけなすような出来の車でもないと思う。(だいたい、限定車で試乗もできないのによくあそこまで書けるものだ!)
2Lで300万円前後のスポーツカーというと、インプ、ランエボ、アクセラMSなどと比べることになるが、これらは皆ターボ。NAで選ぼうとするとロードスターくらいしかない。デチューンされたとはいえ、リッター当たり100psの「VTECのお約束」はきちんと守られている。そういった意味では他には無い貴重な車だと思う。
TypeRは友達の持っているEP3にしか乗ったことは無いが、クルクルと良く回るエンジンに小気味よく決まるシフト。ハイパワーのターボ車とは違った楽しみのある車だった。300ps、400psオーバーのハイパワーを与えられても、公道では使い道がない。それよりは、若干非力ともいえるエンジンを、高回転で回して走る方がドライブとしてはずっと楽しい。
 EP3よりも14psデチューンされた上に重量アップ、価格アップは、はっきり言って残念だが、スペック命のカタログ小僧、ゼロヨンのコンマ1秒の数値に目を三角にしてこだわる走り屋でなければ、十分楽しめそうなスポーツカーだと思うよ。
満足している点
・デザイン
 個人的には最近のHONDA車としては、アコードツアラーと並んで気に入っている
 街中でも十分目立つし、カッコイイ。
・限定発売というプレミア。
 しかもシリアルナンバー付きというのは、所有欲をくすぐられる。
 オーナになった人にとってはちょっと嬉しい。
・後は乗ってないのでなんとも言えない。
 誰か乗せてくれないかしら・・・・
不満な点
・そうは言ってもやっぱり重くなったね。オープンカーのロードスターでさえ1150kg・・・
 赤バッチはいらなかった。
・価格としてもプレミア分入れてぎりぎり許容範囲。
デザイン

-

走行性能

-

乗り心地

-

積載性

-

燃費

-

価格

-

故障経験

下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

「みんカラ」から、違反報告をする

ホンダ シビックタイプRユーロ レビュー・評価一覧

マイカー登録
ホンダ シビックタイプRユーロ 新型・現行モデル