現在位置: > > > > > 1つのメーカーでなぜ同じような車種を複数販売す...

『1つのメーカーでなぜ同じような車種を複数販売す...』:ダイハツ ミラココア

解決済み1つのメーカーでなぜ同じような車種を複数販売するのでしょうか?

1つのメーカーでなぜ同じような車種を複数販売するのでしょうか?特に軽自動車には規格サイズ制限もあって、同じような車種が多く存在します。
例えば、
●ホンダのライフとゼスト
●スズキのアルトとMRワゴン、パレットとワゴンR、スイフトとスプラッシュ
●ダイハツのエッセとミラ、ムーブとタント、ミラココアとムーブコンテ
などは、デザイン違いだけで中身はさほどかわらないように思えます。車種を絞るよりも同じような車種を複数製造販売するほうが儲かるということでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

ゼストに乗ってますが、ライフと悩みました。 でも値段の高いゼストを買いました。 ゼストの方が質感や新しい車種ということで目新しかったためです。 あとデザインも女性(妻)が乗ってもカッコイイかなと・・・
てことで、同じメーカーで悩んでゼストにしたわけです。 例えばホンダで他に軽自動車が無ければ他社で買っています。
同じメーカーでも種類が多彩にあれば、それだけ購入者は選択の幅が広がります。そこで比べて少しでも高い物を買ってくれればメーカーは御の字ですし、安い方を選択されても、他社製品を買われるよりかメーカーは御の字ですよね☆

単純なことですが、お客さん一人ひとりの選ぶ基準が違いますので(値段?デザイン?質感?機能性?)それに応えるべく
メーカーも多種多彩なラインナップを取り揃えているんだと思います。

買い替えの時も同じですよね☆ 次買い換える時に次は奮発して値段の高い車にしよう!とか、逆に安い車にしよう!とした時に、そのメーカーでラインナップが無ければ他社のものを買ってしまいますしね♪

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • そんな事言ったら ノアとBOXYなんかはライト類グリル周りが違うだけですよ?

    昔から トレノとレビン セドリックとグロリア など
    販売店の意向で名前だけ違う物も存在しましたし

    今は、ここは好きだけどココはこっちが良いって感じで比べさせて
    販売する傾向なんでしょうね・・・

  • hits~さんのコメント通り、昔は車種が少なかったのですが、ユーザーの多様化が影響しているのが原因です。これは軽だけには留まらないのですが、近年の不況・維持費の安さで軽の需要が増えているからだと思います。特にダイハツはムーヴ(リアシートスライド可能でオールマイティー型)とムーヴ・コンテ(前席重視だけどスペースが欲しい型)があり、タント(スライドドアで兎に角広いのが欲しい型)とタント・エグゼ(スライドドアは要らないから兎に角広いのが欲しい型)、エッセ(殆ど前席しか乗らないので小さくても良い型)という様にユーザーの需要に合わせて車種もラインナップしています。※まぁ、本家のトヨタも同じですが… また、あるメーカーでヒットする、或いはそのカテゴリーで1台しか無いと、他メーカーも追従して似た様な車種を発売するので車種も増える訳です。

  • 例に挙げられているクルマも、実はかなり異なった性格を持っており、同じように見えて、けっこう違います。

    軽自動車は昔は車種が絞られていました。スズキといえばアルト、ダイハツはミラくらいなものでした。しかし、当時の軽の販売台数は今とは比べ物にならないくらい少なかったものです。この20年間で軽自動車は限られた規格の中で、さまざまな用途や要望、好みに応えるクルマを豊富に用意してきたことで、販売を大幅に伸ばしてきた経緯があります。

    おっしゃるように車種を絞って今の販売台数を維持できれば、これほど良いことはないですが、現実的にはそんなことはありえません。今は各メーカーがいろんな車種を出して切磋琢磨しているから、軽の人気があるのであって、どこのメーカーも1車種しか置かなくなれば軽は衰退するでしょうし、1車種ではとても開発費を回収できず、軽を作り続けることも無理になります。

    こういったクルマ作りは軽に限らず、どんなクルマでも主流になっています。今販売されている車で車台やエンジンが専用設計というクルマはないと言って良いほどです(本当にごく一部のクルマだけです)。

  • それぞれの弱点を補完し合う車種を用意することで、客が他のメーカーに流れるのを防ぐのが目的です。

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

ネットで選ぶワンランク上のあんしん中古車

pitte

東京モーターショー2019carview!自動車特集

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

新型タント 快適な走りと運転支援に妥協なし!

東京モーターショー2019carview!特集

マイカー登録はこちら

ブランドの美点が凝縮されたSUV Audi Q2

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

みんカラサーキットチャレンジ♯7 意外と手軽な富士の楽しみ方

中古車ダイハツ ミラココアアクセスランキング
  1. 1位 660 X
    660 X
    748,000円(埼玉)
  2. 2位
    660 プラス X
    390,000円(岡山)
  3. 3位
    660 プラス X 4WD
    859,000円(山形)
  4. 4位
    660 プラス X
    450,000円(埼玉)
  5. 5位
    660 プラス X
    798,000円(兵庫)

※2019年10月16日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)