『ティグアンTDI ハイライン 納車しました』 フォルクスワーゲン ティグアン の口コミ・評価 | 自動車情報サイト【新車・中古車】 - carview!

現在位置: carview! > カタログ > フォルクスワーゲン > ティグアン > 口コミ・評価一覧 > ティグアンTDI ハイライン 納車しました

カタログ情報は「カーセンサー.net」から情報提供を受けています。

『ティグアンTDI ハイライン 納車しました』の口コミ

  • ティグアンTDI ハイライン 納車しました

    総合評価: 5.0

    投稿日:2018年11月4日

    投稿者:FB20 さん

    乗車形式:試乗

    メーカー・モデル:フォルクスワーゲン ティグアン
    グレード:TDI 4モーション ハイライン_RHD_4WD(DSG_2.0) (2018年式)

    総評
    1年近く国産、外車問わず、数種類から候補を探しました。
    帯に短く、襷に長しと言った感じで、それぞれの車に良い点と残念な点がありましたが、総合的に見てティグアンがベストチョイスだと考え契約に至りました。
    値段が高いとか、値段の割に内装がチープだという意見もありましたが、購入者の価値観でベストな車を選択すれば良いと思います。
    私は、ティグアンTDI4モーションが、ベストバイでした。
    →納車してみて、、
    ○全てにおいて、オール5と言えるかわかりませんが、点数を付けるなら、どの項目においても、4〜5の間に入る優等生です。ただ、どこか断トツに優れている!という項目はなく、総合得点で何故か1位になる車と言う印象です。そんな車好きな大人な人にはもってこいと思います。

    購入検討されている方のお役に立てばと思います。
    満足している点
    1日試乗の感想です(現在納車待ち)→2019モデルイヤー納車しました。
    購入を検討されている方のお役に立てばと思います。長文となり申し訳ありません。
    ☆優れている点☆
    ①室内の静寂性
    室内の静寂性は優れていて街乗りだとほぼノイズは入ってきません。エンジン音もディーゼル独特のカラカラ音やガラガラ音はなく、低音のサウンドで高出力のスポーツカーのような音に近いです。回転数を上げてもガソリン車のような頑張ってる音とは違うと思います。納車後も同じでした。
    ②ロールの少ないコーナリング、乗り心地
    コーナリングのロールは通常運転では皆無に近いです。体や頭が左右に振られることが非常に少ないです。突き上げも少なく凹凸も軽くいなします。ロールと突き上げが抑えられている分、ハンドル操作とアクセルワークに余裕が生まれます。
    納車後→ハンドリングが素晴らしい。特に90度の右左折は非常に扱いやすく、思った通りに車が挙動します。
    ③先進の安全装備
    1.自然なACC +レーンAC
    ACCは0速からの復帰もボタン一つ、またはアクセルのちょい踏みで復帰。レーンキープ機能も秀逸で自然な感覚で中央をキープしてくれます。機械的な介入という印象は少ないです。
    2.実用性の高いアラウンドカメラ
    駐車の時以外にも、ボタン一つ押せば、左右、前方、後方などの様子が大画面に表示され安心です。対物等に接近すると表示と合わせて音も鳴るため安心です。
    ④後席と荷室の快適性
    後席のロードスルー(スキー板が乗る)、スライド機能、リクライニング機能がありサイズの割には上手に空間が作られていると思います。足を組めるくらい足元が広い。
    ⑤トルクフルなディーゼル
    必要十分なディーゼルエンジン。通常使用では困ることはありません。登坂の急激な追い越しや、スタートダッシュはDSGか電子スロットルの関係からか、やや苦手と思われます。
    納車後→低速のモッサリは、スポーツカーに求めるものでなければ、街乗りでは遅れを取ることはなさそうです。一気に踏み込むことなく、徐々にアクセルを開ければ問題ありませんでした。
    不満な点
    ▲契約前に気になっていた点2018モデル▲ と納車後2019モデルの印象
    〜購入検討されている方は気にされる方が多いと思います〜
    ①出足のモッサリ感と、DSGの成熟性
    モッサリ感は、DSGの癖でしょうか?電子スロットルの影響?なのかわかりませんが、1速と2速の加速感はアクセルに軽く足を置く程度であれば、すーっと加速するイメージはありません。踏めば若干タイムラグはあるものの加速感は十分に味わえます。DSGですが速度10キロ前後では、ややギクシャクした動きになりそうです。これは、MT車を1速とか2速に繋いだままギアチェンジなしに加減速を行う場合とよく似た動きです。30キロ過ぎあたりから3速に入れば、胸のすくような加速感を味わえます。2000回転から上の伸びはノーマルモードでもスポーツライクな加速ができました。DSGの特性により超低速での渋滞運転の際にややぎこちない感じがあるかも知れません。アクセルを踏まず疑似クリープで動かしている分にはギクシャク感はほぼありません。また出足は、対向車線を見て僅かなタイミングで右折するような場面では、車の特性に応じたゆったりしたタイミングでの発進が必要と感じました。個人的にはネットで書かれているような酷い出来ではないと思いました。フラストレーションが溜まるような事はなかったです。
    納車後→2018年の試乗車に比べるとギクシャク感は、かなり取れたように思います。年次改良?。ただ出だしは全般的に、ジェントルな走りになります。ギラギラした加速を期待される方は、物足りないと思います。
    ②臭いについて
    甘酸っぱい匂いがするとの事で、気にしていましたが、私の鼻が悪いのかどうか分かりませんが、ガソリン車の方が臭いが強いと思いました。心配は杞憂に終わりました。
    納車後→匂いは全く気になりません。臭いと思ったことはありません。アイドリング時は、ディーゼル車の音はしますが、ガソリン車とそんなに変わらないと思います。
    ③パワー不足
    急勾配を登りましたが、きびきび登ってくれました。高速合流や追い越し時のパワー不足との情報もありましたが、100キロ前後の法定内であれば何ら不満はありませんでした。
    納車後→ガツガツ攻める運転をするわけではないので、必要十分です。懐が深いエンジンとパワーです。
    ④静寂性
    ドの音がする、他車種より音量大きいとのことでしたが、BMWX1、プジョー3008、CX5と8とも比較しますと私の感想では非常に静寂性は高いと感じました。ボルボXC60とは比較していませんが、エンジン音、ロードノイズともに気になるレベルではありません。
    エンジンは2500回転あたりから低音の心地よいサウンドが聞こえてきますが、エンジンが頑張ってる音とは違い、トルクフルな低音サウンドと言った感じでした。ロードノイズは少なからずありますがきわめて静かな方だと思います。室内の堅牢性と静音感はとても高いと思います。室内の音質にはこだわりはないのですが、標準でも音楽はとても良い音がしました。
    納車後→低速でも静音性は高いです。低い音はやや聞こえますが、気になるレベルではないと思います。
    ⑤後席のバタつき
    後部座席がバタバタする意見も見ましたが、これも杞憂に終わりました。乗り心地は非常に良いと思います。ロールや突き上げは非常によく抑えられてあると感じました。道路の継ぎ目はトンっといなしてくれました。右左折のロールは通常運転では、ほぼ感じませんでした。体が左右に振られないので、右左折中に目視でリアガラス越しの歩行者などの確認もしやすいです。乗り心地に関してはこのクラスではトップクラスで良いと思います。
    ⑥ディスカバープロ
    一つ前に戻る時に、どうする?となりましたが、普通にmenuボタンからトップに戻り再度進めば大丈夫でした。操作が複雑との口コミもありましたが、車両設定等において、それほど深い階層まで進む事はないため、普通に機械が使える人なら問題ないと思いました。メディアの使い方も特別使いにくいことはありませんでした。ナビは国産メーカーに比べると表示項目等が少ないように思えるくらいで、再検索は早いです。
    納車後→カーネットの接続にやや戸惑いましたが、無事完了。
    ナビはCarPlayのグーグルマップの方が見やすいです。

    下記のリンクから「みんカラ」に遷移して、違反報告ができます。

    「みんカラ」から、違反報告をする