フォルクスワーゲン ティグアン 専門家レビュー・評価一覧

マイカー登録
フォルクスワーゲン ティグアン 新型・現行モデル
2 件中 1~2件を表示

※掲載内容は執筆日時点の情報です。

  • 工藤 貴宏
    工藤 貴宏
    自動車ジャーナリスト
    評価

    4

    デザイン
    4
    走行性能
    4
    乗り心地
    4
    積載性
    4
    燃費
    4
    価格
    3

    欧州で人気の好バランスSUV

    2021.10.29

    年式
    2017年1月〜モデル
    総評
    ドイツで2020年にもっとも売れたSUV! その称号は伊達じゃなく、ユーティリティ、走り、快適性、すべてにおいて優等生的なキャラクターだ。確かに国産SUVに比べると価格が高めの印象は否めないが、それも含めての満足度だと感じられるのであれば魅力的な存在だ。
    満足している点
    使いやすいサイズ、上質な雰囲気、そして実用性の高さ。欧州製SUVながら、プレミアムブランドほどかしこまっていないのも“いい”と感じる人も多いのではないだろうか。「ティグアンR」を除けば、エンジンの排気量が1.5Lで自動車税も安い。いっぽうで、ティグアンRは320psエンジンをはじめとする高い走行性能と、運転する歓びを盛り上げる演出が素晴らしい。エンジン音をはじめとするちょっとやんちゃな雰囲気がたまらない。
    不満な点
    国産車に比べると車両価格が高い。実際に購入を考えると、そこが気になるポイントだ。もうひとつ残念というよりは、今後に期待したいのが従来はラインナップしていたディーゼルエンジン搭載車が最新のバリエーションにはないこと。追加されることを切に願うところだ。
    デザイン
    日本で2021年から発売している最新モデルのデザインは、リファインを受けてフォルクスワーゲンの最新テイストになったもの。洗練されただけでなく高級感も増していて、上質な輸入SUVを探している人におすすめできる。

    続きを見る

  • 山田 弘樹
    山田 弘樹
    自動車ジャーナリスト
    評価

    3

    デザイン
    4
    走行性能
    2
    乗り心地
    3
    積載性
    4
    燃費
    2
    価格
    3

    悔しいけれど出来がいい

    2021.9.27

    年式
    2017年1月〜モデル
    総評
    1.5L直列4気筒ターボを搭載するFFとして考えると割高な感じがするが、いざ走らせれば過不足ない加速力と、しっかりとしたボディがもたらす質の高い乗り味には納得できてしまう。長距離移動を視野に入れた使い方をするならやはりお勧めだ。
    満足している点
    走りだけでなく内外装の質感が高い。今回のマイナーチェンジではタッチスクリーン式のセンターパネルも備わり、デジタルメーターと共にインフォテインメントの先進性を高めた。
    不満な点
    ディーゼルモデルがカタログからなくなってしまい、最上級モデル「R」を除き全てFFモデルとなったことはとても残念。
    デザイン
    一見すると派手さはないが、エッジの立ったキャラクターラインは攻めており、全体的にスタイリッシュ。2021年のビッグマイナーチェンジで全長が伸び、優雅さもプラスされた。

    続きを見る

1

ティグアンを見た人はこんな車と比較しています

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。

ユーザーレビューを投稿する

ユーザーレビューを投稿する

※自動車SNSサイト「みんカラ」に遷移します。
みんカラに登録して投稿すると、carview!にも表示されます。

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!