新車価格(税込)

519.9579.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

109.8410.5万円

中古車を検索

グレード情報パサート GTE

歴代モデル1件パサート GTE

マイナーチェンジ一覧2件2016年6月〜デビュー パサート GTE

ユーザーレビュー2件パサート GTE

パサート GTE

  • 見た目のデザインが良い

平均総合評価

4.5
走行性能:
0.0
乗り心地:
0.0
燃費:
0.0
デザイン:
0.0
積載性:
0.0
価格:
0.0

所有者データパサート GTE

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. GTE アドバンス_RHD(DSG_1.4)
    2. GTE アドバンス_RHD(DSG_1.4)
    3. GTE_RHD(DSG_1.4)
  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
  • 男女比

    男性
    91.3%
    女性
    8.6%

    その他 0.0%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 近畿地方 30.4%
    2. 関東地方 26.0%
    3. 東海地方 8.6%
  • 年代

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 パサート

平均値を表示しています。

パサート

パサートの中古車平均本体価格

260.4万円

平均走行距離29,370km

買取情報パサート GTE

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

このクルマについて パサート GTE

2016年6月

■2016年6月
フォルクスワーゲンはゴルフGTEに続くプラグインハイブリッド(PHEV)モデルの第2弾、パサートGTE(4ドアセダン)を2016年6月7日に発表、同日に販売を開始した。

基本的にスタイリングはガソリン車と共通。ただし、内外装にはフォルクスワーゲンのe-mobilityを象徴するブルーを用いたパーツが装着される。エクステリアではフロント部分に青のGTEエンブレムと、LEDヘッドライトからラジエターグリルの上部に伸びる水平ラインが特徴。フロントバンパー左右に埋め込まれたC字型LEDランプはe-mobilityシリーズに共通で用いられているもの。インテリアもGTE専用のレザー3本スポークマルチファンクションステアリングやシフトノブなどにブルーのステッチが入る。

パワートレインにはスタート/ストップシステム(アイドリングストップ機能)、ブレーキエネルギー回生システムの「ブルーモーションテクノロジー」付きの1.4リッター直4TSIガソリンエンジン(115kW/156ps)と、PHEV用として専用開発された6速DSGが組み合わされる。このエンジンとトランスミッションの間に発電機を兼ねたモーター(85kW/116ps)が挟み込まれている。駆動用バッテリーは外部充電が可能な9.9kW/hの容量を持つリチウムイオンバッテリーだ。

GTEの特徴となっているのが「EV」、「ハイブリッド」、「GTE」の3つの走行モードを備えていること。ゼロエミッションの電気自動車、「EV」モードでは現時点で国内で販売されているPHEV(セダン/ステーションワゴン)では最長となる51.7㎞の航続距離が可能。最高速は130㎞/hに達するという。

「ハイブリッド」モードではエンジンとモーターを効率よく駆動することでJC08モード21.4㎞/Lの経済性を実現。「GTE」モードはエンジンとモーターのパワーを最大限に引き出し、アクセルレスポンス、ギヤのシフトタイミング、ステアリングが自動的にスポーティな特性に切り替わる。動力性能も0-100km/h加速7.4秒(欧州公表値)の俊足ぶりだ。これらモードに加え、駆動用バッテリーの充電を優先して走行したい時には、インフォテイメントシステムの画面から「バッテリーチャージ」モードを個別に選択することもできる。

先進装備も充実しており、上級グレードのGTEアドバンスにはデジタルメータークラスターの「アクティブインフォディスプレイ」や「ヘッドアップディスプレイ」を他のフォルクスワーゲンモデルに先駆けて採用されている。機能向上を果たした駐車支援システムの「パークアシスト」、アラウンドビューカメラの「エリアビュー」といった先進技術も新たに採用。フォルクスワーゲンが提唱する総合安全コンセプト「オールインセーフティ」に基づき、新型パサートから採用されている渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」、アダプティブクルーズコントロールの「ACC(全車速追従機能付き)」などの全方位アドバンスドセーフティは全車に標準装備となる。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。