現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > フォルクスワーゲン パサート試乗記 (2.0L TDI+7速DSG FFセダン)

ここから本文です

フォルクスワーゲン パサート試乗記 (2.0L TDI+7速DSG FFセダン)

掲載 更新 6
フォルクスワーゲン パサート試乗記 (2.0L TDI+7速DSG FFセダン)

フォルクスワーゲン・パサートは2015年にフルモデルチェンジを行ない、2021年4月にマイナーチェンジを受けている。今回そのMCしたパサートに試乗することができたのでお伝えしよう。

パサートDセグメントサイズの上級セダン。マイナーチェンジでエンジンや装備、デザインを変更 パサートはフォルクスワーゲンの上級モデルでDセグメントに分類されるサイズ。以前は「CC」という名前で販売されていたこともある。現在はさらに上級のアルテオンも登場しているため、フラッグシップではなくなったものの、フォルクスワーゲンを代表する基幹モデルのひとつであることには変わりない。

トヨタ 水素エンジン カローラのレース参戦でH2の可能性を盛り上げる豊田社長の狙い

今回のマイナーチェンジでは主に、エクステリア、インテリアの意匠変更、装備変更とエンジンを始めパワートレーンに変更があった。詳細は既報で下記の記事を参考にして欲しい。

TDIはMCで7速DSGへとかわった 関連記事:フォルクスワーゲン「パサート」をマイナーチェンジ

静粛性の高い2.0Lディーゼルターボを搭載
試乗できたのは2.0Lターボのディーゼルエンジンを搭載するセダンのTDIエレガンス アドバンスグレードで534万9000円。ちなみにエンジンラインアップはガソリンエンジンが1.4Lターボから1.5Lターボとなり、また2.0LディーゼルターボのTDIから選択できる。

そしてTDIは今回のMCで6速DSGから7速DSGへと換装されている。またボディ形状ではヴァリアントとオールトラックも同時にマイナーチェンジを受けている。そしてオールトラックだけAWDの4MOTIONでセダン、ヴァリアントはFFとなっている。

スペックをおさらいすると全長はMC前モデルより+5mmとなり4790mm、全幅1830mm、全高1470mm、ホイールベース2790mm。試乗車のTDIは190ps/400NmでプレミアムDセグメントのディーゼルモデルと横並びのスペックに揃えている。装着するタイヤサイズも235/45-18で外観もパワーもプレミアムモデルと同一だ。また燃費ではWLTCモード平均で16.4km/L、市街地モードで12.7km/L、郊外モードで16.1km/L、高速道路モードで18.9km/Lとなっている。

このTDIエンジンは言うまでもなく静粛性は高く、車内からはガソリンエンジンとの違いを聞き分けるのは難しいほど。これまで静粛性の高いディーゼルでも車外で聞くとそれなりに大きなアイドリング音とディーゼル特有の音がしているモデルは多いが、パサートのTDIは車外で聞いてもそれほど大きな音でもない。

ゆったりとした運転席。上級モデルに相応しい落ち着きがある 後席も広々として大柄な大人4人でも余裕で乗れる 当然、走行シーンでは滑らかに吹け上がり、力強い低速トルクを感じながら走行できる。今回のマイナーチェンジで7速DSGへと換装されているが、より細かく低回転からシフトアップするので尚更エンジン音を聞かずに走行できる。

走行機能では今回から運転支援システムが従来の「トラフィックアシスト」から「トラベルアシスト」へと名称と機能が変更になっている。主な変更点は同一車線内全車速運転支援となり、0-210km/hまで対応する最新の運転支援システムが全車標準設定となった。

18インチサイズは見栄えもよく乗り心地も全くスポイルしていない 乗り心地は18インチサイズのタイヤを装着しているが、快適でハーシュネスも強くは感じない。上級モデルに相応しい乗り心地と言えるだろう。プレミアム御三家は周囲の視線が気になり手を出しにくいという職業や事情があるユーザーには、従来から人気の高いフォールクスワーゲン・ブランドでもあり、この上級パサートであればプレミアムモデルと遜色はない。

フルデジタルのメーターまわりメーターパネルをこんなふうにも表示できるインテリアでは最新のデジタル表示のインフォテイメントへと変更されている。ゴルフ8でも採用されているが、物理スイッチを極力減らしタッチ操作やスワイプ操作などの組み合わせで車内温度や風量、ナビ操作、オーディオ操作などを同じ画面上で操作することになる。

風量調整はスワイプ操作すべてタッチ式の操作にかわり、物理スイッチが消えていくすこし癖があり直感的とは言いにくく、慣れが必要だ。アンドロイドやアイフォンで慣れているユーザーでも操作ロジックにわかりにくい部分があり、最初は戸惑う。とくに走行中に何かを変えようとしたときは、一旦停止し一つ一つ確認しながらでないと目的にたどり着けない使いにくさがある。何度操作しても目的を達成できなかったものまでもあった。VWグループでは近い将来、オリジナルのOSを使った車両へとシフトが始まると言われているだけに、HMIに関してはシンプルでわかりやすいものを期待したい。<レポート:高橋明/Akira Takahashi>

価格

The post フォルクスワーゲン パサート試乗記 (2.0L TDI+7速DSG FFセダン) first appeared on オートプルーブ - Auto Prove.

こんな記事も読まれています

もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
もしや未来のレジェンドか!?!? 次世代電気自動車「Honda0(ゼロ)シリーズ」が衝撃 しかもほぼそのまま市販モデルになるってマジか
ベストカーWeb
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
ガルウイングにした本当の理由は? AMG初の独自開発「SLS AMG」はメルセデス・ベンツ「300SL」の再来でした
Auto Messe Web
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
RB、アイウェアブランド『HUGO Eyewear』とのパートナーシップ締結を発表
AUTOSPORT web
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
「見た目」にビビなら買い! 日産ジューク・ハイブリッドへ試乗 内装とデジタル技術をアップデート
AUTOCAR JAPAN
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
フォーミュラEが面白い! 日産とシェルの関係や過去のシーズンを知って、今期後半をもっと楽しもう
Auto Messe Web
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
アストンマーティン代表、ストロールへの裁定は厳しいと語る「しっかりと理解されないまま判定が下された」/F1第5戦
AUTOSPORT web
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
ヨシムラSERTが転倒後に追い上げ優勝、3ART綿貫も3位。TSR、Étoileは無念のリタイア/EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
ホンダの「V8スポーツカー」!? 500馬力超えの「FRマシン」! “NSX後継機”目された「HSV-010」とは
くるまのニュース
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
アルファ・ロメオ 車名に "ケチ" つけた政治家へ苦言「名前より雇用守る努力をせよ」 中国企業に危機感
AUTOCAR JAPAN
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
「彼は僕を見てさえいなかった」リカルド、接触時のストロールのオンボード映像を見て激怒/F1第5戦
AUTOSPORT web
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
ハースのヒュルケンベルグが10位「最大限の結果を出した。重要な1点」小松代表は「完璧なレース」と喜ぶ/F1中国GP
AUTOSPORT web
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
アロンソ「セーフティカーで戦略変更も、良いレースに。1周でいいからトップを走りたかったけどね」/F1中国GP
AUTOSPORT web
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
乗って納得の「ロープライス実力派」 ホンダWR-Vは背伸びしない、等身大のパートナー
AUTOCAR JAPAN
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
ハミルトン「極端なセットアップ変更が、かつてないレベルのアンダーステアを引き起こした」メルセデス/F1中国GP
AUTOSPORT web
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
経験を信じたWRTとリスクを避けたマンタイ。雨中のタイヤ選択がLMGT3上位の明暗分ける/WECイモラ
AUTOSPORT web
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
レクサスが新たな「小さな高級車」展示! 全長4.2m級でも上質さ健在!? 「LBX」の実車見たユーザーの反響は? in 菅生
くるまのニュース
【カーコーティング技術を住宅設備に】総合家庭用品メーカー「レック」と「KeePer技研」が共同企画した家庭用水まわりコーティング剤が販売開始
【カーコーティング技術を住宅設備に】総合家庭用品メーカー「レック」と「KeePer技研」が共同企画した家庭用水まわりコーティング剤が販売開始
driver@web
先行ピットインを決めたディクソンが逆転勝利。初参戦プルシェールは11位完走/インディカー第2戦
先行ピットインを決めたディクソンが逆転勝利。初参戦プルシェールは11位完走/インディカー第2戦
AUTOSPORT web

みんなのコメント

6件
  • 前は良いけど後ろがダメだ。
    アルテオン買うわ。
  • 実はこのオッサン臭い、垢抜けない佇まい、そんなに嫌いではなかったりするのだが。

    とは言え、グローバルでは明らかにカムリやアコードの後塵を輩して投げ売りされてる高齢セダンに、しかも欧州でも今や総スカンのディーゼル車に、乗り出し600万円払う気になる可能性は0パーセントだな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

445.0553.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0410.5万円

中古車を検索
パサート セダンの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

445.0553.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

20.0410.5万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村