新車価格(税込)

175.9330.7万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

42.8165.0万円

中古車を検索

グレード情報オーリス

ユーザーレビュー104件オーリス

オーリス

  • エンジンが良い
  • 運転が楽しい
  • 車高が低い

平均総合評価

4.1
走行性能:
3.9
乗り心地:
3.8
燃費:
3.4
デザイン:
4.3
積載性:
3.4
価格:
3.6

所有者データオーリス

  • グレード所有ランキング上位3位

    1. 150X“Sパッケージ”(CVT_1.5)
    2. 150X“Sパッケージ”(CVT_1.5)
    3. 180S(CVT_1.8)
  • 人気のカラー

  • 人気の駆動方式

    AWD
    全輪駆動
    FF
    前輪駆動
    FR
    後輪駆動
    MR
    後輪駆動(ミッドシップエンジン)
    RR
    後輪駆動(リアエンジン)
    AWD
    9.6%
  • 男女比

    男性
    85.9%
    女性
    11.4%

    その他 2.5%

  • 人気の乗車人数

  • 居住エリア

    1. 関東地方 26.3%
    2. 東海地方 20.3%
    3. 近畿地方 14.0%
  • 年代

  • 年収

車両データと所有者データの数値はマイカーデータとPayPayカードのデータのデータを集計したもの。無回答を除く。

中古車相場 オーリス

平均値を表示しています。

オーリス

オーリスの中古車平均本体価格

98.7万円

平均走行距離55,972km

買取情報オーリス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車、今いくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

リセール価値オーリス

走行距離別リセール価値の推移

オーリス
グレード:
150X“Sパッケージ”(CVT_1.5)

5年後の売却予想価格

新車価格

208.0万円

売却予想価格

11.1万円

新車価格の 5%

年間平均走行距離
  • 5千km
  • 1万km
  • 2万km
年間平均
走行距離
2025年
1年後
2027年
3年後
2029年
5年後
2031年
7年後
5千km 38万円 25万円

11万円

新車価格の
5%

0万円

新車価格の
0%

1万km 38万円 23万円 8万円 0万円
2万km 36万円 19万円 2万円 0万円

リセール価値のデータは、弊社が独自に算出した参考データであり、将来性・正確性等を保証するものではありません。

このクルマについて オーリス

2012年8月

■2012年8月
欧州版カローラの日本仕様車ともいえるオーリスが2012年8月にフルモデルチェンジを受け、2代目モデルが登場した。5月に発売された国内版カローラとは異なるワイドボディに対応した基本プラットホームを採用した5ドアハッチバック車であるのは変わらない。

基本コンセプトは“スポーティ”に置かれ、これをベースに外観デザインや基本パッケージングなどが作り込まれた。全長は前後のオーバーハングの延長で、30mm伸びたが全高は55mmも低くなり、ドライバーの着座位置も40mm下げた低重心パッケージが特徴だ。

外観デザインは低くなった全高によってスポーティなイメージが演出され、前後に台形のデザインを採用することなどによって統一感を持たせている。

インテリアは旧型モデルがブリッジ型のコンソールを採用して特徴を持たせていたのに比べるとやや平凡な感じになった印象もあるが、随所にソフトパッド表皮や金属調オーナメントを採用するなどして、スポーティさと上質さを表現した。

メーターはグレードによって2眼のオプティトロンメーターと3眼のアナログメーターが、またステアリングホイールは同様に本革巻きとウレタンが設定され、さらにシートも標準シートとスポーツシートの設定がある。

旧型オーリスは走り出すとすぐに分かる“直感性能”をテーマに発売されたが、今回のオーリスも“直感性能”を継承し、俊敏なハンドリングやフラットで快適な乗り心地などを実現している。

搭載エンジンは直列4気筒の1.5リッターと1.8リッターの2機種で、1.5リッターはFFと4WDで多少の違いがあるが、FF車は80kW(108ps)/136N・mの、また1.8リッターは106kW(144ps)/180N・mのパワー&トルクを発生する。4WD車は1.5リッターだけの設定だ。逆にアイドリングストップ機構は1.5リッターのFF車だけの設定となる。

CVTとの組み合わせを基本に1.8リッター車はCVTにスポーツモードが付くほか、ギア付きATのようなステップ変速制御も設定されるほか、6速MTを組み合わせたRSも設定されている。さらに1.8リッター車にはダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンションやブラシレスモーターを採用した電動パワーステアリングなどが採用されている。

グレード構成は150X、180G、RSの3グレードが基本で、各グレードにSパッケージが設定され、150XにはCパッケージの設定もある。

装備はグレードによって、スマートエントリー&スタートシステム、左右独立温度調整エアコン、オートマチックハイビーム、インテリジェントAFS付きディスチャージヘッドライト、VSC&TRCなどの快適装備や安全装備が設定されている。


■2013年10月
欧州版カローラの日本仕様車ともいえるオーリスが2012年8月にフルモデルチェンジを受け、2代目モデルが登場した。5月に発売された国内版カローラとは異なるワイドボディに対応した基本プラットホームを採用した5ドアハッチバック車であるのは変わらない。

基本コンセプトは“スポーティ”に置かれ、これをベースに外観デザインや基本パッケージングなどが作り込まれた。全長は前後のオーバーハングの延長で、30mm伸びたが全高は55mmも低くなり、ドライバーの着座位置も40mm下げた低重心パッケージが特徴だ。

外観デザインは低くなった全高によってスポーティなイメージが演出され、前後に台形のデザインを採用することなどによって統一感を持たせている。

インテリアは旧型モデルがブリッジ型のコンソールを採用して特徴を持たせていたのに比べるとやや平凡な感じになった印象もあるが、随所にソフトパッド表皮や金属調オーナメントを採用するなどして、スポーティさと上質さを表現した。

メーターはグレードによって2眼のオプティトロンメーターと3眼のアナログメーターが、またステアリングホイールは同様に本革巻きとウレタンが設定され、さらにシートも標準シートとスポーツシートの設定がある。

旧型オーリスは走り出すとすぐに分かる“直感性能”をテーマに発売されたが、今回のオーリスも“直感性能”を継承し、俊敏なハンドリングやフラットで快適な乗り心地などを実現している。

搭載エンジンは直列4気筒の1.5リッターと1.8リッターの2機種で、1.5リッターはFFと4WDで多少の違いがあるが、FF車は80kW(108ps)/136N・mの、また1.8リッターは106kW(144ps)/180N・mのパワー&トルクを発生する。4WD車は1.5リッターだけの設定だ。逆にアイドリングストップ機構は1.5リッターのFF車だけの設定となる。

CVTとの組み合わせを基本に1.8リッター車はCVTにスポーツモードが付くほか、ギア付きATのようなステップ変速制御も設定されるほか、6速MTを組み合わせたRSも設定されている。さらに1.8リッター車にはダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンションやブラシレスモーターを採用した電動パワーステアリングなどが採用されている。

グレード構成は150X、180G、RSの3グレードが基本で、各グレードにSパッケージが設定され、150XにはCパッケージの設定もある。

装備はグレードによって、スマートエントリー&スタートシステム、左右独立温度調整エアコン、オートマチックハイビーム、インテリジェントAFS付きディスチャージヘッドライト、VSC&TRCなどの快適装備や安全装備が設定されている。

2013年8月26日には機動戦士ガンダムとコラボレーションした「シャア専用オーリス」の市販モデルの予約を開始し、10月1日より発売した。これは「パーソナルカスタマイズ」と銘打ち、こだわりに合わせてオリジナルパーツを選択、組み合わせてユーザーごとの「シャア専用オーリス」を創り上げることを可能としている。



■2014年5月
欧州版カローラの日本仕様車ともいえるオーリスが2012年8月にフルモデルチェンジを受け、2代目モデルが登場した。5月に発売された国内版カローラとは異なるワイドボディに対応した基本プラットホームを採用した5ドアハッチバック車であるのは変わらない。

基本コンセプトは“スポーティ”に置かれ、これをベースに外観デザインや基本パッケージングなどが作り込まれた。全長は前後のオーバーハングの延長で、30mm伸びたが全高は55mmも低くなり、ドライバーの着座位置も40mm下げた低重心パッケージが特徴だ。

外観デザインは低くなった全高によってスポーティなイメージが演出され、前後に台形のデザインを採用することなどによって統一感を持たせている。

インテリアは旧型モデルがブリッジ型のコンソールを採用して特徴を持たせていたのに比べるとやや平凡な感じになった印象もあるが、随所にソフトパッド表皮や金属調オーナメントを採用するなどして、スポーティさと上質さを表現した。

メーターはグレードによって2眼のオプティトロンメーターと3眼のアナログメーターが、またステアリングホイールは同様に本革巻きとウレタンが設定され、さらにシートも標準シートとスポーツシートの設定がある。

旧型オーリスは走り出すとすぐに分かる“直感性能”をテーマに発売されたが、今回のオーリスも“直感性能”を継承し、俊敏なハンドリングやフラットで快適な乗り心地などを実現している。

搭載エンジンは直列4気筒の1.5リッターと1.8リッターの2機種で、1.5リッターはFFと4WDで多少の違いがあるが、FF車は80kW(108ps)/136N・mの、また1.8リッターは106kW(144ps)/180N・mのパワー&トルクを発生する。4WD車は1.5リッターだけの設定だ。逆にアイドリングストップ機構は1.5リッターのFF車だけの設定となる。

CVTとの組み合わせを基本に1.8リッター車はCVTにスポーツモードが付くほか、ギア付きATのようなステップ変速制御も設定されるほか、6速MTを組み合わせたRSも設定されている。さらに1.8リッター車にはダブルウィッシュボーン式のリヤサスペンションやブラシレスモーターを採用した電動パワーステアリングなどが採用されている。

グレード構成は150X、180G、RSの3グレードが基本で、各グレードにSパッケージが設定され、150XにはCパッケージの設定もある。

装備はグレードによって、スマートエントリー&スタートシステム、左右独立温度調整エアコン、オートマチックハイビーム、インテリジェントAFS付きディスチャージヘッドライト、VSC&TRCなどの快適装備や安全装備が設定されている。

2013年10月1日には機動戦士ガンダムとコラボレーションした「シャア専用オーリス」の市販モデルを発売した。これは「パーソナルカスタマイズ」と銘打ち、こだわりに合わせてオリジナルパーツを選択、組み合わせてユーザーごとの「シャア専用オーリス」を創り上げることを可能としている。

2014年5月7日には新ネッツ店誕生10周年を記念して、150Xをベースに、より上質な室内空間を演出する仕様とした特別仕様車「150X“ブラキッシュラウンジ”」を発売した。

※ 掲載しているすべての情報について保証をいたしかねます。新車価格は発売時の価格のため、掲載価格と実際の価格が異なる場合があります。詳細は、メーカーまたは取扱販売店にてお問い合わせください。