現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > オーリス TRDパフォーマンスラインが見せた街中での乗りやすさと、チューンドサスの片鱗【10年ひと昔の新車】

ここから本文です

オーリス TRDパフォーマンスラインが見せた街中での乗りやすさと、チューンドサスの片鱗【10年ひと昔の新車】

掲載 更新 2
オーリス TRDパフォーマンスラインが見せた街中での乗りやすさと、チューンドサスの片鱗【10年ひと昔の新車】

「10年ひと昔」とはよく言うが、およそ10年前のクルマは環境や安全を重視する傾向が強まっていた。そんな時代のニューモデル試乗記を当時の記事と写真で紹介していこう。今回は、TRDがカスタマイズしたオーリス「トヨタ オーリス TRD パフォーマンスライン」だ。

トヨタ オーリス TRD パフォーマンスライン(カスタムカー:2011年)
2011年の東京オートサロンに出展された「オーリス GTコンセプト」の開発でTRDが培った技術を投入し、空力とシャシのパフォーマンスアップを図ったスペシャルモデルが「TRD パフォーマンスライン」だ。このTRDカスタマイズモデルがついに公道デビューを果たした。オーリス特有の欧州テイストの上質な走りが、さらにスポーティに進化している。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

「オーリス GTコンセプト」は、6速MTを搭載したオーリスの「RS」をベースに、エンジンやサスペンションなどトータルプログラムを組み込んだカスタマイズモデルだ。通常ならならそのままコンセプトカーとして役目を終えるところだが、オーリスのオーナーなどからのリクエストが多かったことから、今回、エンジンチューン系を除いたパーツが市販化されることとなった。

今回発売されたアイテムは、いずれも単品購入も可能だが「トータルで体感して欲しい」という思いが込められて「シャシ パフォーマンスライン」と「エアロ パフォーマンスライン」の2つのパッケージが用意された。

TRDでは開発にあたり、シャシの剛性アップ→空力パッケージ→それに合わせたサスチューンというアプローチで行ってきた。シャシチューニングに関してはメンバーブレースを用意している。

空力面では、TRDのモータースポーツ部門が協力し、CFD(数値流体力学)解析などのシミュレーション技術を用いたほか、実車での風洞実験や感応テストも行ってデザインを完成させている。また、サスペンションに関してはボディ剛性や空力特性が変わるため、オーリス用「TRD スポルティーボ」のリチューンを実施。ショックアブソーバーの内部やスプリングを再設計するという念の入れようだ。

トータルチューンで磨いたハイパフォーマンス
今回の試乗車はスーパーチャージャーを装着した1.6Lエンジンを搭載したスペシャルモデル。したがってエンジンパワーはノーマルとは異なるので、足まわりを中心にチェックしてみたい。完成度の高いRSが、TRDの手によりどこまで進化しているか興味深い。

まず走り始めてすぐに感じたのは、街中を流しているときの乗りやすさだ。比較試乗したノーマルのRSはオプションの215/45R17タイヤを履いていて、コツコツとした突き上げが感じられた。だが、TRD パフォーマンスラインではそれが抑えられ、しっとりとした乗り味になっていた。

タイヤは225/40R18にサイズアップされ、RSの純正サイズである195/65R15からは3インチもサイズアップされているのだが、インチアップによるストレスは微塵も感じられず、深みのあるストローク感で路面のギャップも難なくいなしてくれる。

それでも少しアクセルを踏み込んでコーナーを攻め込んでみると、チューンドサスの片鱗が顔を覗かせる。ドライバーのステアリング操作に対しスムーズに反応し、車両の姿勢を崩すことなくコーナー出口を目指す。神経質な面がなく、きわめて扱いやすい。

エンジンも含めポテンシャルはかなり高いとみた。今回は市街地で短時間の試乗だったのだが、いずれワインディングロードや高速道路など、よりハイレベルなステージでチャレンジしてみたい。そう思わずにはいられない、TRDの技術力の高さを感じさせてくれたカスタマイズモデルだった。

■トヨタ オーリス RS(ベース車両) 主要諸元 ※試乗車の諸元とは異なります
●全長×全幅×全高:4245×1760×1505mm
●ホイールベース:2600mm
●車両重量:1270kg
●エンジン種類:直4 DOHC
●排気量:1797cc
●最高出力:108kW<147ps>/6400rpm
●最大トルク:180Nm<18.4kgm>/4000rpm
●トランスミッション:6速MT
●駆動方式:横置きFF
●10・15モード燃費:15.0km/L
●タイヤ:195/65R15
●当時の車両価格(税込):209万6000円

[ アルバム : オーリス TRD パフォーマンスライン はオリジナルサイトでご覧ください ]

こんな記事も読まれています

「雨は天然の洗車だろ…」はい、それダメ。梅雨こそ洗車するべき理由。
「雨は天然の洗車だろ…」はい、それダメ。梅雨こそ洗車するべき理由。
月刊自家用車WEB
[バイクDIYメンテ] 作動性低下で乗り心地が悪くなる足まわり。オイル交換だけではなくグリースアップも重要〈スーパーゾイル〉
[バイクDIYメンテ] 作動性低下で乗り心地が悪くなる足まわり。オイル交換だけではなくグリースアップも重要〈スーパーゾイル〉
WEBヤングマシン
重い荷物もマジでラク! 電動アシスト一輪車は一度使ったら手放せない!
重い荷物もマジでラク! 電動アシスト一輪車は一度使ったら手放せない!
月刊自家用車WEB
[ソレ間違ってますよ]車載ジャッキ4つのタブー。正しい使い方を解説
[ソレ間違ってますよ]車載ジャッキ4つのタブー。正しい使い方を解説
月刊自家用車WEB
大手タイヤメーカーはどう考える? 物流業界の課題解決に向けた「ミシュラン」「ダンロップ」の取り組み
大手タイヤメーカーはどう考える? 物流業界の課題解決に向けた「ミシュラン」「ダンロップ」の取り組み
くるまのニュース
ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ホンダ「CB125R」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
新型[アルファード] [ヴェルファイア]人気すぎていまだ受注停止中! ミニバンキングの発売後1年を統括してみた
新型[アルファード] [ヴェルファイア]人気すぎていまだ受注停止中! ミニバンキングの発売後1年を統括してみた
ベストカーWeb
シエンタ大ヒットのヒントはファンカーゴにあった!! 2列グレード「ファンベース」は令和のミニバンの答えが詰まっていた!!
シエンタ大ヒットのヒントはファンカーゴにあった!! 2列グレード「ファンベース」は令和のミニバンの答えが詰まっていた!!
ベストカーWeb
イデミツ/エネオス/トヨタ/三菱重工業の4社がCN燃料導入と普及に向けた検討を開始
イデミツ/エネオス/トヨタ/三菱重工業の4社がCN燃料導入と普及に向けた検討を開始
AUTOSPORT web
5分でフル充電が可能に?! 電気自動車の充電時間を格段に減らしたまさかの方法がヤバすぎる!
5分でフル充電が可能に?! 電気自動車の充電時間を格段に減らしたまさかの方法がヤバすぎる!
ベストカーWeb
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #6 【トヨタ ハイラックス】
キャンパーたちのアウトドア系愛車スナップ #6 【トヨタ ハイラックス】
グーネット
KTC×エヒメマシン 限定コラボツールチェストに鮮やかなブルーの新色が登場!
KTC×エヒメマシン 限定コラボツールチェストに鮮やかなブルーの新色が登場!
グーネット
ベントレー正規輸入60周年!コーンズが3モデル18台の特別限定車を発表
ベントレー正規輸入60周年!コーンズが3モデル18台の特別限定車を発表
グーネット
優れた配光設計で視認性ヨシ!6500K純白色「LEDヘッドバルブ・ヘッド&フォグ」コメリ
優れた配光設計で視認性ヨシ!6500K純白色「LEDヘッドバルブ・ヘッド&フォグ」コメリ
グーネット
もしもの時はスマホにお知らせ!子どもの車内置き去り防止デバイス新発売 KEIYO
もしもの時はスマホにお知らせ!子どもの車内置き去り防止デバイス新発売 KEIYO
グーネット
手軽にホイールのドレスアップ!「リムブレード・オリジナル」新発売【動画あり】
手軽にホイールのドレスアップ!「リムブレード・オリジナル」新発売【動画あり】
グーネット
スバル クロストレック&インプレッサ 「2023ファイブスター大賞」受賞!安全性能が高評価
スバル クロストレック&インプレッサ 「2023ファイブスター大賞」受賞!安全性能が高評価
グーネット
カブト、システムヘルメット『RYUKI』に新色“フラットコヨーテ”を追加。2024年5月下旬に発売
カブト、システムヘルメット『RYUKI』に新色“フラットコヨーテ”を追加。2024年5月下旬に発売
AUTOSPORT web

みんなのコメント

2件
  • いかにもトヨタの2ボックス。

    このキャビンのボリューム感。

    現行ようカローラにも通ずるもの。

    オーリスも魅力的でした。
  • 欧州テイスト
    日本の評論家らしい表現だなw
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

179.0370.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0192.6万円

中古車を検索
オーリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

179.0370.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

26.0192.6万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村