現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 開けたらスゴイんです! 小柄なボディからは想像できない「でっかいエンジン」を積んだクルマ5選

ここから本文です

開けたらスゴイんです! 小柄なボディからは想像できない「でっかいエンジン」を積んだクルマ5選

掲載 19
開けたらスゴイんです! 小柄なボディからは想像できない「でっかいエンジン」を積んだクルマ5選

 この記事をまとめると

■ボディサイズに見合わないほど大きなエンジンを搭載したクルマを紹介

筆舌に尽くしがたい快感と音! 4気筒から12気筒まで人生一度は味わいたい傑作国産エンジン7選

■ボディの重さに対してエンジンが勝っているので怒涛の加速を楽しめる

■GT-Rのエンジンを搭載し、数台だけ製造されたスペシャルモデルもある

 見た目からは想像できないほど大きいエンジンをインストール!

 この世には、「羊の皮を被った狼」という表現がぴったりな、隠れモンスターマシンがチラホラ存在しています。誰のために、なぜこんなクルマを作ったのか不可解になるほど、乗ってみてビックリするような狼たちです。今回はそんな、単なるコンパクトカーかと思いきや、大排気量エンジンを搭載していて走りは超ホット、というクルマたちをご紹介したいと思います。

 1台目は、オーリスの兄弟車として2007年に日本専用で発売された超ハイパワーマシン、トヨタ・ブレイドマスター。見た目はオーリスよりちょっと高級感があるかな? という感じなのですが、心臓部にはなんと3.5リッターのV6エンジンを搭載!

 これはレクサスGSやカムリなどと同じエンジンですが、なにせ車両重量が1500kgを切るハッチバックボディだけに、その加速はモンスター級。でも、運動性能と乗り心地の両立にこだわったというだけあって、低回転から扱いやすさもあり、まさにブレイドのトップグレードにふさわしい、上質な味付けになっているのが魅力です。

 2台目は、なんとなんと日産が世界に誇るスーパーカー、GT-Rのパワートレインを、コンパクトSUVであるジュークに搭載してしまったという、ちょっと狂ってるとしか思えないモンスターマシン、日産ジュークRです。最高出力は545馬力で、前後重量配分にもこだわったフロントミッドシップ・レイアウトを採用。最高速は250km/hオーバーだといいますから、ちょっとジョークが過ぎているような気もしますね。

 それもそのはず。このジュークRは当初、ル・マンをはじめ世界のモータースポーツシーンで活躍しているレイ・マロック社が製作したモデルで、発売されたのは欧州でわずか5台とも言われています。2015年にはバージョンアップしたジュークR 2.0が、英国のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで初公開され、ピタッと地を這うように疾走するジュークRの姿は意外にも格好よかったものでした。販売されたモデルはいまどこでどうしているのか、もし見かけたらビッグニュースになるかもしれないですね。

 ジャジャ馬っぷりが楽しい!

 3台目は、ATとは思えない速さを見せた隠れホットハッチといえば、3代目のインプレッサWRX STI A-Line。通常の2リッター水平対向4気筒ターボエンジンではなく、2.5リッター水平対抗4気筒ターボエンジンを搭載。トランスミッションにはマニュアルモード付き5速ATを組み合わせていました。

 300馬力/43.0kg-mというパワーは2006年当時、国産車トップクラス。さすがSTIと名がつくだけに、MTモデルとの見た目の差はほとんどないのですが、インテリアではMTでは選択できない本革の電動シートやガラスルーフが設定されていて、ちょっとプレミアムなスポーツモデルという位置付けとなっている印象でした。

 4台目は、日本で「ホットハッチ」と呼ばれるモデルのひとつである、ルノー・クリオV6。1980年代にWRCで大暴れし、数々の伝説を作ったルノー5(サンク)ターボの再来だと、それはそれは注目を集めたものでした。

 ブリッと大きく張り出したリヤフェンダーのラインや、小さなボディにスーパーカーの迫力を備えたところなど、現代のコンパクトカーには真似できない要素がたくさんあります。搭載されるのは、レブリミットが7100rpmという高回転に引き上げられている、3リッターのV6自然吸気エンジン。6速MTでそのパワーを引き出せば、ジャジャ馬ともいえる危うさで駆け抜けていくのです。ドライバーのすぐ後ろから大きな音を響かせるエンジンを感じながら走る、独特の世界観も今のクルマとはまったく違うところです。

 5台目は、コンパクトモデルで「ストレートシックス」が堪能できる数少ないモデル、BMW 135iクーペです。BMWのエントリーモデルであるコンパクトカーに、3リッター直列6気筒エンジンを搭載しており、306馬力/40.8kg-mという怒涛のパワーを秘めたモデルとなっています。

 V6エンジンでは出せないような、スカッと突き抜けた、1本筋が通ったようなエンジンの存在感をヒシヒシと感じながら走るという、直6エンジンならではの味わい。よくこのコンパクトなボディにそれを詰め込んだなと感心するくらい、見た目からは普通の1シリーズの雰囲気を醸し出しているのも、乗ってからの驚きを倍増させているようです。

 近年はエンジンのダウンサイジングがどんどん進み、大排気量エンジンの時代は終焉を迎えつつありますが、だからこそ今一度は乗っておいて損はないモデルたちとも言えそうです。

こんな記事も読まれています

まるで見た目は新幹線のような理想汽車のミニバン[MEGA]! 2列目シートでの乗り心地はサイコーなんだけど……
まるで見た目は新幹線のような理想汽車のミニバン[MEGA]! 2列目シートでの乗り心地はサイコーなんだけど……
ベストカーWeb
真似した[ウィッシュ]に対し「ポリシーは、あるか」で反撃! でも悲しいかな販売台数では大負けした[ストリーム]の嘆き
真似した[ウィッシュ]に対し「ポリシーは、あるか」で反撃! でも悲しいかな販売台数では大負けした[ストリーム]の嘆き
ベストカーWeb
カワサキ「Ninja e-1」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
カワサキ「Ninja e-1」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
米西海岸の雰囲気満点! 爽やかで個性的なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
米西海岸の雰囲気満点! 爽やかで個性的なトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
新車価格700万円がいまや[100万円台]!! トヨタが世界初の市販車として発売[水素MIRAI]は買いなのか!?
新車価格700万円がいまや[100万円台]!! トヨタが世界初の市販車として発売[水素MIRAI]は買いなのか!?
ベストカーWeb
シックな雰囲気に無骨さをプラス! 男心をくすぐるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
シックな雰囲気に無骨さをプラス! 男心をくすぐるトヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
今のマツダじゃ考えられなくない!? [プロシードマービー]が泥くさすぎて超絶イイやんけ
ベストカーWeb
角田裕毅、F1モナコGP初日の走行に手応え「今回も良い初日になりました。ペースもあります!」
角田裕毅、F1モナコGP初日の走行に手応え「今回も良い初日になりました。ペースもあります!」
motorsport.com 日本版
ヘビーウエットのなかマルタンスが最速。モナコ初走行の宮田莉朋は20番手/FIA F2第5戦フリー走行
ヘビーウエットのなかマルタンスが最速。モナコ初走行の宮田莉朋は20番手/FIA F2第5戦フリー走行
AUTOSPORT web
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
嗚呼我が愛しの[初代NSX]……スーパーカーガチ勢に嫌われる部分が最高だった! 元オーナーのベストカー編集部員が振り返る初代NSXならではの魅力
ベストカーWeb
【中古車選びお悩み相談】認定中古車って何?メリットとデメリットは?
【中古車選びお悩み相談】認定中古車って何?メリットとデメリットは?
グーネット
アレイシ・エスパルガロ、MotoGP現役引退を地元カタルーニャGPで発表。スズキやアプリリアで活躍、昨年は2勝
アレイシ・エスパルガロ、MotoGP現役引退を地元カタルーニャGPで発表。スズキやアプリリアで活躍、昨年は2勝
AUTOSPORT web
ヒョンデ「アイオニック5N」×「攻殻機動隊」 草薙素子が新型EVで疾走!【動画あり】
ヒョンデ「アイオニック5N」×「攻殻機動隊」 草薙素子が新型EVで疾走!【動画あり】
グーネット
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」3
SUBARUサンバーを快走仕様!「誰もやらないスピーカー修復」3
グーネット
フェラーリF1の精密なレプリカステアリングが発売。コントローラーとしてゲームプレイにも使用可能
フェラーリF1の精密なレプリカステアリングが発売。コントローラーとしてゲームプレイにも使用可能
AUTOSPORT web
母国初優勝目指すルクレール、FP2最速。ベテランふたりが続く……角田裕毅はソフトタイヤ使わず11番手|F1モナコGP
母国初優勝目指すルクレール、FP2最速。ベテランふたりが続く……角田裕毅はソフトタイヤ使わず11番手|F1モナコGP
motorsport.com 日本版
[故障車]の紙貼っとけば違反にならない!? ウソかマコトか!? [駐車や停車]にまつわる噂話の真相を探る
[故障車]の紙貼っとけば違反にならない!? ウソかマコトか!? [駐車や停車]にまつわる噂話の真相を探る
ベストカーWeb
F1モナコGP FP2速報|ルクレールが母国グランプリ初日最速。ハミルトン&アロンソのベテラン勢が続く……角田裕毅は11番手
F1モナコGP FP2速報|ルクレールが母国グランプリ初日最速。ハミルトン&アロンソのベテラン勢が続く……角田裕毅は11番手
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

19件
  • ブレイドマスターに今も乗ってます。来月、車検受けるだけどね。楽しんでます。
  • 11年目135iクーペ直6シングルターボ6mt乗りです。
    背の高い高級SUVやミニバンから見下ろされても全く気になりません。我が道を行きます。ついでにおひとり様です。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

179.0370.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0170.0万円

中古車を検索
オーリスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

179.0370.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

28.0170.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村