現在位置: carview! > カタログ > トヨタ > 86 > みんなの質問 > 先日、トヨタ86 ZN6 にてスポーツ走行時...

『先日、トヨタ86 ZN6 にてスポーツ走行時...』:トヨタ 86

解決済み先日、トヨタ86 ZN6 にてスポーツ走行時に左Fの足を当ててしまい、左Fの足が後ろに20mm程ズレてしまいました。(アライメントで判明)

先日、トヨタ86 ZN6 にてスポーツ走行時に左Fの足を当ててしまい、左Fの足が後ろに20mm程ズレてしまいました。(アライメントで判明)86のように調整できない足の車で、足を当ててアームやナックルが歪んでキャスターがずれることはありますか?

また、ショックのアッパーマウントから飛び出ている部分(ネジ式減衰調整がある部分)が左右で傾きが僅かに違う気がします。(画像では左が右F、右が左F)
この場合はやはりアッパーマウントのブッシュのヘタリでしょうか?

強度的に歪むほど力がかかると折れると思いますし、ブッシュが傷んだとしても20mmもズレないと思うのですが、詳しい方よろしくお願い申し上げます。

(かなり深刻に悩んでいます。とりあえず純正アームを発注済)

ベストアンサーに選ばれた回答

86のFロアアームは弱いです。アフターで強化品が発売されているくらいですから。
まずはロアアームを交換してホイールベースを測ってください。それでもズレている場合は、メンバーのズレが疑われますので、ホイールアライメントを調整してください。
ホイールアライメントはタイヤ屋では無く、フレーム修正も出来るボディショップの方が良いでしょう!必ずしもフレームを修正する訳では無く、ボディ構造を理解しているお店という意味です。
あと、ピロアッパーですが、M5程度のボルトで止まっているだけなので、力の向きによってはすぐズレます。
まずは、ホイールベースを合わせる事です。

回答一覧

3件中 1~3件
  • 故にストラットの足は、痛めたらモロにボディにくるからなぁ

    下の方が正解書いてますが、最悪 ピロアッパーの歪みは覚悟したほうがいいような

    しばらくしてハンドルが片方にいったり、タイヤの片減りなどかあれば、ロアアームのブッシュの傷みやホイールのベアリングなどもチェックです

    オイラのようにピロアッパーの調整で誤魔化していると、ボディに傷みが着ます

  • 軽く縁石にヒットするだけで、足回り簡単に歪みます。

    歪んで力を吸収しています。

    歪まなかったら、折れたりシャシーが歪みます。

    サーキット走行されるのであれば、ショックアブソーバーとスプリング、サスペンションアームストロング類は、消耗品と考えて下さい。

  • キャスター角はズレますし、ピロアッパーを使っているならブッシュのヘタり(ピロボール劣化or損傷)ならガタガタと音が出ますし、調整式なら衝撃でズレた等の可能性もありますよ。


    サスペンション系は簡単に歪むと言えば歪みますよ。
    アーム類は歪み易くもありますし、アームが歪みキャスター角が狂うならホイールベースも狂いますよ。
    但しアッパー側で狂うならピロアッパーのズレやボディ歪み。

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。