現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ライバルが結託!?  「呉越同舟」も致し方なし!? 命運を賭けた共闘の今

ここから本文です

ライバルが結託!?  「呉越同舟」も致し方なし!? 命運を賭けた共闘の今

掲載 4
ライバルが結託!?  「呉越同舟」も致し方なし!? 命運を賭けた共闘の今

 本来ならばライバルのはずの自動車メーカー同士が、共通の目的に向かって提携を行った場合、これが成功につながることがあれば失敗に終わることもある。そんな“呉越同舟”の歴史と成否はいかに?

文/長谷川 敦 写真/スバル、トヨタ、日産、ホンダ

ライバルが結託!?  「呉越同舟」も致し方なし!? 命運を賭けた共闘の今

■なぜ複数のメーカーが共闘するのか?

2024年3月15日、日産とホンダは自動車の電動化・知能化に向けた戦略的パートナーシップの検討を開始する覚書を締結し、それを発表した

 つい先日、日産とホンダの電気自動車(EV)共同開発に関する発表が行われて話題になった。

 正確には「自動車の電動化・知能化時代に向けた戦略的パートナーシップ」の検討を開始したという発表であり、まだ具体的な提携内容は決まっていないとのこと。

 とはいえ、これまであまり接点のなかった国内ビッグメーカー2社の提携は大きなニュースであることに代わりはない。

 普段は仲の悪い別国人が、難を逃れるために共同作業にあたることを指す言葉が「呉越同舟」。紀元前の中国に由来のあるこの故事成語は、自動車メーカーの共闘でも使われることがある。

 そんな呉越同舟の目的はさまざまだが、主に経済的な理由と地理的な理由、そして技術面での理由がある。

 今回の日産・ホンダの提携は、そのテーマにあるとおり技術面に関するものだ。

 現在EVの開発や販売において、中国をはじめとする新勢力の台頭は激しく、これまで上位にいたビッグメーカーがある種のあせりを感じていても不思議はない。

 そこで日産とホンダの両社がそれぞれの技術を合わせることにより、さらなるアドバンテージを確立するのが目的と考えられる。まだ本格的に始まってもいない提携の成否を考えるのは尚早であり、その判断は未来の評論家に任せるしかない。

 そこで我々は歴史に習うことにして、過去に注目された自動車メーカーの呉越同舟がどのような結果になったのかを見ていこう。

[articlelink]

■一定の成果を出せた呉越同舟2選

■日産&ルノー

 1990年代後半、バブル景気崩壊の余波と無理な開発・販売計画の失敗により、それまで国内ナンバー2の地位にいた日産は、国内シェアでホンダに後れをとるなど、深刻な経営危機に陥っていた。

 そこで持ち上がったのがフランスのルノーとの資本提携だ。フランス屈指の自動車メーカーであるルノーが1999年に日産の株式を取得し、日産はルノー傘下の子会社になった。

 ルノーでは日産の経営を立て直すためにルノーの副社長だったカルロス・ゴーン氏をCEOとして送り込み、大胆なリストラをはじめとするコストカットを実施した。

 日産での晩節を汚した感はあるゴーン氏だったが、この時の改革によって日産をよみがえらせたのは事実だ。これで窮地を脱した日産はその後堅実な経営再建を進め、2023年11月にはルノーとの資本関係を見直して、子会社から対等のパートナーとなるまで復活した。

 イーブンの関係になった日産とルノーの今後は不明だが、少なくとも日産にとってルノーとの呉越同舟は成功だったといえるだろう。

■トヨタ&スバル

 2012年、かつての人気スポーティカーの型式名を継承したFR2ドアモデルのトヨタ 86がデビューした。

 現在でも高い人気を保つトヨタのAE86型スプリンタートレノ&カローラレビンに由来する名称を持つ86は、FRということと、2ドアであること以外はAE86と技術的関連のないモデルだったが、ファン待望のFR2ドアモデルは好調なセールスを記録した。

 しかし、この新生86には他メーカーから販売される兄弟車があった。それがスバルのBRZだ。

 トヨタとスバルの業務提携がスタートしたのが2005年。それまで米国のゼネラルモーターズが保有していたスバル株式の一部をトヨタが取得し、スバルの筆頭株主になったのがきっかけだ。

 ここから両社の本格的な提携が始まり、その結果誕生したのがトヨタ 86/スバル BRZだった。この提携は現在も続き、86&BRZは初代と同様の体制でモデルチェンジを実施し、さらに両社はEVの開発・販売でも提携を行っている。

 現時点において、トヨタとスバルの提携は成功といってよいだろう。

こんな記事も読まれています

「一粒で二度美味しい」ってこういうこと【AMG CLAシューティングブレーク】
「一粒で二度美味しい」ってこういうこと【AMG CLAシューティングブレーク】
グーネット
待望のSF初優勝に大号泣。参戦6年目、牧野任祐がついに表彰台の頂点に【第2戦決勝レポート】
待望のSF初優勝に大号泣。参戦6年目、牧野任祐がついに表彰台の頂点に【第2戦決勝レポート】
AUTOSPORT web
レッドブル育成ハジャルが今季2勝目飾る。マクラーレン育成ボルトレートが2位/FIA F2第4戦レース2
レッドブル育成ハジャルが今季2勝目飾る。マクラーレン育成ボルトレートが2位/FIA F2第4戦レース2
AUTOSPORT web
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
世界中で物議を醸した自動車デザイン 20選 今見ると「カッコいい」?
AUTOCAR JAPAN
MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
MスペックのMはミドルハースト? スカイラインGT-Rで成功した男(2) レザーシートはロールス・ロイス製
AUTOCAR JAPAN
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
スカイラインGT-Rで成功した男(1) カーマニアと日産との出会い いしずえ築いたR32型
AUTOCAR JAPAN
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(2)
AUTOSPORT web
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
2024年F1第7戦エミリア・ロマーニャGP予選トップ10ドライバーコメント(1)
AUTOSPORT web
RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
RBのホームレースで2台揃ってQ3進出「今週末の裕毅はとても乗っていた」とHRC折原氏。CEOも称える/F1第7戦
AUTOSPORT web
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
バッテリー駆動より使い勝手ヨシ! 大型“燃料電池トラック”普及のカギは? 出力でも値段でもない
乗りものニュース
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
【正式結果】2024スーパーフォーミュラ第2戦オートポリス 決勝
AUTOSPORT web
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
角田、今季最高グリッド獲得でチームへ感謝「クルマにペースがなければ今日のようなアタックはできなかった」/F1第7戦
AUTOSPORT web
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
大型トラックは基本雪道に強い……が弱点は急勾配にあった!
WEB CARTOP
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
「高齢者の孤独死」年間6.8万人の衝撃! そうなりたくなければ、「公共交通」にもっと関心を持つべきだ
Merkmal
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
愛車の履歴書──Vol37. 君島十和子さん(前編)
GQ JAPAN
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
ジャガー「Fペイス」 ブランド90年祝う特別グレード追加 多彩な人気オプションを標準装備
グーネット
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
ノート「AUTECH CROSSOVER」のマイチェンを事前告知。5月29日に発表へ!
月刊自家用車WEB
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
911カレラに乗って運転スキルを磨く!ポルシェ・エクスペリエンスセンター東京が新プログラム
グーネット

みんなのコメント

4件
  • moo********
    EVシフトする日産とホンダ。EVは普及しないとするカーマニア。どちらの判断が正しいか、数十年後分かるだろう
  • pd*****
    日産は歴史的に相乗りしか生きていく道がない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

72.0847.9万円

中古車を検索
86の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

267.2358.6万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

72.0847.9万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村