現在位置: carview! > カタログ > スズキ > アルトワークス > みんなの質問 > スズキ アルトワークス HA22S前期型に乗...

『スズキ アルトワークス HA22S前期型に乗...』:スズキ アルトワークス

解決済みスズキ アルトワークス HA22S前期型に乗っているものです。

スズキ アルトワークス HA22S前期型に乗っているものです。最近アクセルを離してもエンジンの回転数がスッと下がらないなぁと思っていたら、勝手に吹き上がってしまいました。翌日エンジンを始動した直後は問題ありませんでしたが、少し走行すると、前日よりも回転数の下がりが遅く、アイドリング状態で1500回転付近で不安定な挙動を示していました。

以前も勝手にエンジンが吹き上がる現状があり、その時は空気をエンジンに送るホースの途中に亀裂が入っており、すべて交換してもらい症状は治まりました。

今回の症状は気温が高くなってきてエアコンをつけ始めて出始めたような気がします。
また、エンジン始動直後は1500回転ほどでしばらくすると1000回転付近まで下がるのですが、1000回転付近まで下がるのを待たずに走り出すと、エンジンの回転数が下がりにくい症状が出るような気がします。

キノコ型のエアークリーナーがついていますがしばらく交換してません。

回転数に異常があるとき、ブースト計は特に異常な数値は示していませんでした。

症状が出ると、アクセルと軽く踏んだだけで勢いよく回転数が上がっているような気もします。

同じような症状が出たことがある方いらっしゃいましたら原因など考えられるものを教えていただきたいです。

もちろん修理工場にも持っていきます。

補足
その後、アクセルペダルがまったく効かなくなる症状も発症し、修理工場へ連れていかれました。 しかし、修理工場に着いた途端に症状が出なくなるあるある現象発生中です。 おそらくペダル側か電スロ側のセンサーではないかとのことです。

ベストアンサーに選ばれた回答

その症状で点火系は全く関係無いでしょ。ISCV廻りが怪しい、動きが悪いのか?詰まって冷却水が回らない、水温センサーの不良なども考えられる。エンコンなどで過去に清掃してるとISCVのコイル被膜が溶けショートしCPUがバカに成り回転の落ちが悪く成ったりする。

回答一覧

4件中 1~4件
  • 前期型だと電子スロットルなので正常でもそういった症状は出やすいですね。
    勝手に吹き上がる事も少なからずありますが、ゆっくりと吹け上がる様なら問題ありません。

    ただ1500でハンチングする様であればバルブの動きが悪いかも知れませんので、1度スロットルを清掃を試されてもいいかもしれませんね。

    それと剥き出しのエアクリーナーではエアフロセンサーにゴミが着きやすいので、ECUが吸入空気量が足りないと判断しスロットルを多めに開けている可能性もあります。可能であればエアクリーナーやエアフロの清掃も合わせてやってみても良いかもです。

    ちなみに私も電スロ車ですが、この方法で大体は改善しました。

  • 前期だと・・・電スロかなぁ

  • ISCVかバキュームセンサーじゃないですかね。

  • 症状が出ると、アクセルと軽く踏んだだけで勢いよく回転数が上がっているような気もします。

    K6Aエンジン点火系を疑う

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。