現在位置: > > > > > スバルのインプレッサXVとマツダのCX-3は競...

『スバルのインプレッサXVとマツダのCX-3は競...』:スバル XV

解決済みスバルのインプレッサXVとマツダのCX-3は競合車種ですか?どちらがより先進技術を搭載していて買い得だと思いますか?

スバルのインプレッサXVとマツダのCX-3は競合車種ですか?どちらがより先進技術を搭載していて買い得だと思いますか?

ベストアンサーに選ばれた回答

インプレッサXVではなく、スバルXVですね。

ジャンル、車格、価格帯からして、完全に競合と言って良いでしょう。

装備的にかなり近いですが、設計が新しい分、CX-3が勝っていると言って良いのではないでしょうか。最新のディーゼルエンジンと後方警戒システムはCX-3が勝っている部分かと思います。

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • CX-5に乗っています。
    両方とも試乗しました。
    インプレッサXVハイブリットがいいですね

  • 次世代自動車のカテゴリーに入ってるCX3と
    スバルXVとは、カテゴリーが違うけどね。

    燃料(パワーユニット)片や・軽油ですし、
    片やガソリン&ハイブリッド
    その意味では全く別ジャンルですね。

    マツダ「CX-3」とSUBARU「XV」の大きな違いとは?

    昨年11月にマイナーチェンジされたSUBARU XV。
    少し高めのアイポイントと機械式立体駐車場に入る
    1550mmの全高など、
    都市部で使いやすいクロスオーバーSUVといえば、
    最近ではマツダCX-3がデビューしました。

    SUBARU XVは、CX-3よりも175mm長い全長4275mm、
    全幅は15mmワイドな1780mm、
    全高はCX-3と同値1550mmで
    機械式立体駐車場に入る利点は同じ。

    175mmも全長が違いますから
    同じ都市型コンパクトSUVといっても
    クラスが少し違うように思えますが、
    このクラスを検討している人にとっては
    大差とはいえないかもしれません。

    2.0Lガソリンと2.0L+モーターのハイブリッドを設定するSUBARU XVは、
    コストを抑えられる純ガソリン仕様がありますから、
    そのエントリーグレードは225万7200円〜、
    同じエントリー仕様のCX-3「XD」が237万6000円〜と
    単純比較はあまり意味がないとはいえ、
    12万円近い差はやはり気になります。

    しかし、こちらでも紹介したように
    クリーンディーゼルエンジンのみのCX-3は、
    「免税」対象車になるのに加えて、
    全車CEVによる補助金の対象で、
    13〜16万円の補助金が受けられます。

    少なくても価格面ではSUBARU XVハイブリッドや
    ヴェゼル・ハイブリッドがマツダCX-3の比較対象になると思われます。

    カタログ燃費はXVのガソリンが16.0km/L、
    XVハイブリッドが20.0km/Lで、
    CX-3は2WDの6ATが23.0km/L、
    6MTが25.0km/L、4WDはそれぞれ21.0km/L、23.4km/Lと、
    燃費の良さに加えて軽油を指定するCX-3の利点が光ります。

    さて、今回SUBARU XVに改めて乗ってみて、
    CX-3との大きな違いを紹介すると、
    後席の居住性に無視できない差が感じられます。

    175mm全長の差はとくにリヤシートの足元空間に表れていて、
    Bセグメントのハッチバック並のCX-3に対し、
    インプレッサをベースとするSUBARU XVからは
    こぶし1つ分ほどの余裕が感じられます。

    さらに、CX-3の後席座面はややフロアからの高さが低めで、
    身長171cmの筆者にとってはXVの方が
    しっかりとした姿勢で座ることができます。

    また、CX-3は後席左右席を中央寄りにオフセットすることで、
    会話しやすい空間作りなど従来とは違ったアプローチをしている分、
    横方向のゆとりもXVの方がかなり大きい印象。

    荷室容量はSUBARU XVが344L、
    CX-3がサブトランクを含めて容量350Lですからこちらは大差ないでしょう。

    そのほかでは同じ1550mmという全高ながら、
    ロードクリアランスはXVが200mm、
    CX-3はSUVとしては低めの160mmで、
    悪路でのロードクリアランスを重視するなら確認したいポイント。


    検索 ↓

    一般社団法人・次世代自動車振興センター

    クリーンエネルギー自動車

  • どちらも良いところがあるので迷いますよね~
    僕なら、アイサイトに魅力を感じない、お住まいが雪の心配が無いなら、マツダの先進技術スカイアクティブ、通称「第四のエコカー」を選びます。ランニングコストがかからなさそうですし!

    でもスバルのアイサイトは似たものはありますが、唯一無二のなかなか高度な技術が使われていますよ!非常に便利です!

  • 先進的技術と言う話でしたらCX-3ですが、その技術が必要/不要、使える/使えないは別の話です。
    ただオプションで高額ですが、走行中のディーゼル音を小さくする技術は、エンジン単体なら同クラスのガソリンエンジンより、エンジン音は数値的に小さくなり画期的らしいです。(停車中や出だしは駄目らしいけど)

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車スバル XVアクセスランキング
  1. 1位 1.6i アイサイト 4WD
    1.6i アイサイト 4WD
    2,299,000円(大阪)
  2. 2位
    2.0 アドバンス 4WD
    2,598,000円(愛知)
  3. 3位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,298,000円(千葉)
  4. 4位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,200,000円(北海道)
  5. 5位
    1.6i-L アイサイト 4WD
    2,399,000円(千葉)

※2020年4月1日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)