現在位置: > > > > > スバルWRX STIはもうハッチバック出さないでしょう...

『スバルWRX STIはもうハッチバック出さないでしょう...』:スバル WRX

解決済みスバルWRX STIはもうハッチバック出さないでしょうか?またランエボのようにDCTを採用する事は無いでしょうか?

スバルWRX STIはもうハッチバック出さないでしょうか?またランエボのようにDCTを採用する事は無いでしょうか?

ベストアンサーに選ばれた回答

日本勢のDCTは、
三菱は、ゲトラグから購入
日産は、ボルグワーナーから購入
ホンダは、シェフラーから購入
DCTは純日本技術では無く、調達でしかありません。

スバルが拘りを持って採用するなら、開発投資が必要になります。
トヨタ傘下で再編中の企業が、自由な開発は無理でしょう。
CVTの採用も何らかの意向があったのでは?
北米市場で利益を上げているのですから、多段ステップATを採用するのがベストでしょう。
それさえも許されないというのが現状だと思います。

(mumewo_deathさんへ)

回答一覧

4件中1~4件を表示

  • DCTは導入コストと6MTとの両立が難しいのでないかと。
    縦置きFFベースの4WDなので、ランエボやGT-Rの使いまわしなんて出来ません。
    アイシンのATも使えないと思いますが。
    可能性があるとすれば、アウディのクワトロでしょうが、まぁ、無いのでは。

  • 元々ハッチバックは、ハッチバック全盛のWRCで勝つために採用されたものなのでWRCから撤退した今となっては出る可能性は低いと思います。ハッチバック発売当時、国内では4ドアモデルの販売待望論が出るくらい5ドアモデルは人気なかったですし。

    DCTは特許の多くが1社に独占され、多額の特許使用料を払うため高額になり旨味が無いです。またインプのAラインやWRX S4は、廉価モデルであり足回りやエンジンは普通の乗用車と変わらない仕様で、ランエボのAT(SST)と違ってサーキットを走るような造りにはなってないため採用する意味も薄いので採用されません。

    インプのAラインやWRX S4は、サーキット走行前提のランエボのAT(SST)とは想定する顧客層が違いますから。

  • スバルのCVTは世界的にも実用化初期からの物でもうひとつの伝統と言ってもいい物なので、欠点が致命的な事にならない限りは続くんじゃないでしょうか。

    今はどうか知りませんが、かつてはフィアットはじめ輸出してましたし。

    三菱のランエボ以外の対米輸出については、現地に工場があるんですから輸出する訳ありません。

  • スバルには金が無い。だから300psでもATにはクソCVTを載せる。
    アイシン系多段ATを載せる金すら無いのにどうやってDCT載せるのか?

    アメリカ向いて車作ってたらATをアメリカン向けに統一しなければならない。アメリカンな適当な乗り方でDCTは故障の元になるのでトルコンかクソCVTになってしまう。ミツビシはエボしか輸出考えないのでその点は楽。

4件中1~4件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

レクサスの流儀が随所に宿る UX200“Blue Edition”登場

マイカー登録はこちら

ダイハツロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

実力検証! リーフe+はドライブも楽しめるのか?

中古車選びの不安にサヨナラ! Hondaの「U-Select」に注目の理由

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

中古車スバル WRXアクセスランキング
  1. 1位 S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    S4 2.0GT-S アイサイト 4WD
    3,678,000円(大阪)
  2. 2位
    EJ20 ファイナルエディション
    6,780,000円(熊本)
  3. 3位
    STI 2.0 4WD
    3,379,000円(兵庫)
  4. 4位
    EJ20 ファイナルエディション
    5,999,000円(愛知)
  5. 5位
    STI 2.0 S208 NBR チャレンジ パッケージ カーボンリアウイング 4WD
    8,570,000円(神奈川)

※2020年4月3日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)