現在位置: > > > > > ルノートゥインゴGT 5MTとルーテシアZEN 5MTで迷っ...

『ルノートゥインゴGT 5MTとルーテシアZEN 5MTで迷っ...』:ルノー トゥインゴ

解決済みルノートゥインゴGT 5MTとルーテシアZEN 5MTで迷っています。 走って面白いのはどちらでしょうか?

ルノートゥインゴGT 5MTとルーテシアZEN 5MTで迷っています。
走って面白いのはどちらでしょうか?安いのはルーテシアで、スタイル的にも気に入っていますが、トゥインゴのRR駆動も気になっています。

ベストアンサーに選ばれた回答

走りの軽快さではトゥインゴですよ。120kg軽いのかな確か。

けど、俺ならルーテシア。

理由は内装の質感。インパネ、ダッシュボード。

ちなみに、トゥインゴGTはレブカウンター着いてませんので。専用アプリを使えば表示は可能らしいですけど、この点は確認してないです。

回答一覧

5件中1~5件を表示

  • ルーテシアZEN 5MTに乗っています。

    トゥインゴはGTではなく1L NAのものに乗って比較したうえでルーテシアに決めました。

    どちらが楽しいかは走る場所、走るスピード、走り方で違うと思います。

    中低速で峠道を一人で走るのであれば、トゥインゴの方が楽しめるかもしれません。

    それ以外ではルーテシアかな?と個人的には思い、ルーテシアに決めました。

    車重はトゥインゴの方が確かに軽いですが、背も高くてトレッドが狭いので、高速コーナーなんかは苦手だと想像します。

    ホイールベースが短く、ハンドルがよく切れるので小回りは利きますが、短いホイールベースはピッチングが目立ちますし、小回りも低速時以外はメリットになりません。

    実用性は二の次なのでしょうけど、実用性はルーテシアの圧勝です。
    トゥインゴに実用性を求めてはいけません。

    質問者さんの体格がわかりませんが、大柄な人にはトゥインゴは狭く感じるでしょう。助手席との間隔も狭く、密着度は高いですが、ルーテシアと比べると軽自動車に近い印象です。

    ルーテシアの後方視界はよくありませんし、太いAピラーはコーナーリング中に首を動かして視界を確保する必要がありますが、いずれも慣れが解決してくれます。

    舗装路で中低速なら駆動方式の差はあまり感じられないでしょう。
    ダートや雪道では顕著に差が出ますので、雪道を安全に走るならルーテシア、ラリーの様に滑らせて走るならトゥインゴでしょう。

    最初にも書きましたが、どこで、どのように走るのか選択のポイントだと思います。

  • ルーテシアRS乗ってます。
    RSならこのクラス最強だと思いますが、ZENはだいぶ非力な気がします。
    ZENとトゥインゴGTなら、走りはトゥインゴGTの方が面白いと思います。

  • RRのGTが気になります
    田舎なのでディラーが無くてアフターサービスが気になり購入出来ません

  • RRは→減速時に安定しますからね
    d( ̄  ̄)
    前につんのめり」な→FFとは違います

    加速時に→接地感が薄い?のが…
    RRの欠点?かな
    フロントの空力は?どーなんだろ
    リフトしやすい?のかな
    ( ̄^ ̄)ゞうーむ
    RSのMT」が無いからなー
    ZEN」なら→トゥインゴにするね

  • 何を面白いと感じるか次第ですね。

    トゥインゴは,仰るとおりRRなのでクルクル回ります。日本の軽自動車より小回りが効きます。一方,直線安定性はありません。コーナリングも,フロント荷重がシビアで,アンダーステア気味から一気にオーバーステアになります。つまり,飛ばすと危ない車になります。ただ,これを面白いと感じる人もいます。ある意味,安全運転するためにはドライブテクニックが必要になります。車重1010kgに対して,109psありますから,5000回転以上回して遊べば,それなりに楽しいと思われます。

    ルーテシアは,FFで直線の安定性に優れます。1130kgで90psですから,パワー感はありませんが,逆に思いっきりアクセルを踏み込めます。コーナリングもコントロールしやすい弱アンダーの仕上げです。フランス車にありがちなちょっと見づらいインパネが気になりますが,慣れの問題とも言えます。

    維持費は,トゥインゴの方がかかるでしょうね。まず,RRはエンジンがリアトランクルーム下ということで整備がしづらく,ディーラー以外では整備点検を断られる可能性が高いです。当然,コストも上がります。また,トゥインゴは前185/45R17後205/40R17というサイズ違いの17インチタイヤ仕様なのに対し,ルーテシアは195/55R16というお財布に優しい仕様でローテーションも可能なためタイヤが長持ちします。スタッドレスタイヤが必要になると,またそのコストの差が広がります。

    ということで,トゥインゴの方が明らかに趣味性が高いと言えます。汗をかきながら運転の上達を感じながら走る方が良いか,少しでも楽をしながら,MTのシフトワークを楽しんだ方が良いか,その辺が分かれ目になるような気がします。とりあえず,ご自身との相性があるでしょうから,試乗は必須だと思います。MTの試乗車が無かったとしても,乗り心地(リアの跳ね具合など)は,少し飛ばして周囲を走ってみればよく分かると思われます。

5件中1~5件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

みんカラサーキットチャレンジ♯7 意外と手軽な富士の楽しみ方

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

新型タント 快適な走りと運転支援に妥協なし!

東京モーターショー2019carview!特集

マイカー登録はこちら

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

ブランドの美点が凝縮されたSUV Audi Q2

ネットで選ぶワンランク上のあんしん中古車

pitte

中古車ルノー トゥインゴアクセスランキング
  1. 1位 GT
    GT
    2,070,000円(大阪)
  2. 2位
    インテンス
    1,480,000円(福岡)
  3. 3位
    インテンス
    1,248,000円(京都)
  4. 4位
    インテンス キャンバストップ
    1,299,000円(千葉)
  5. 5位
    インテンス
    1,290,000円(東京)

※2019年10月22日現在(毎日更新)

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)