現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 次期ルノートゥインゴ復活は2026年!! 世界一オシャレな大人のコンパクトだ

ここから本文です

次期ルノートゥインゴ復活は2026年!! 世界一オシャレな大人のコンパクトだ

掲載 2
次期ルノートゥインゴ復活は2026年!! 世界一オシャレな大人のコンパクトだ

 2023年内をもって日本向けモデルの生産が終了となってしまった、ルノー「トゥインゴ」。コンパクトカーでありながら、エンジンリア置きのリア駆動という、日本のコンパクトカーにはない個性が際立っていたモデルでした。

 生産終了は実に寂しい限りですが、トゥインゴに関しては、すでに新型の情報もはいってきています。従来型のトゥインゴに関して振り返りながら、明らかとなっている新型の情報についてご紹介しましょう。

次期ルノートゥインゴ復活は2026年!! 世界一オシャレな大人のコンパクトだ

文:立花義人、吉川賢一
写真:RENAULT

伝統とモダンが融合したタイムレスなデザインと、RRレイアウトが特徴だった

 歴代3代目だった従来型トゥインゴが初めて公開となったのは2014年のジュネーブモーターショーです。3ドアハッチバックだった2代目までとは異なり、5ドアハッチバックとなった3代目トゥインゴは、可愛らしいエクステリアデザインが与えられ、鮮やかなボディカラーが複数用意されたことで、女性も含めてファンを増やしていきました。

 フロントグリルの中央にある大きなルノーエンブレムを中心にしたフロントのデザインや、全面がガラスのリアハッチなども印象的ですが、ルノーによると、こうしたデザインは往年の名車である「ルノー5(サンク)ターボ」のイメージを取り入れていたとのこと。

 ただ、3代目トゥインゴで、クルマ好きの心を躍らせたのは、なんといっても、冒頭でも触れたRR(リアエンジン・リアドライブ)レイアウトを採用していたことでしょう。リアのラゲッジ下にエンジンを49度ほど傾けてレイアウトすることで空間を効率的に使い、また、タイヤを車両の四隅に配置したことで、走行性能の向上と地面に踏ん張ったようなデザインを実現。フロント部分からエンジンが後方へ移動したことで、フロントタイヤを大きく転舵することができ、最小回転半径は4.3mと、日本の軽自動車と同じレベルの小回り性能も実現していました。

3代目トゥインゴ。RRレイアウトとしたことで、フロントタイヤの転舵角を大きくすることができ、最小回転半径4.3mという小回り性能を可能に

小ぶりでスタイリッシュなC型コンビネーションランプと、全面ガラスのリアハッチが印象的なリアスタイル

[usedcar-search brand_cd="3515" body_cd="2" car_cd="35151501" keyword="トゥインゴ" limit=30]

おしゃれなデザインながら、コンパクトカーらしからぬ走りも

 パワートレインは0.9Lの直3ターボエンジンに電子制御6速AT、もしくは1.0L直3ガソリンNAに5速MTの組み合わせ。エンジンパワーに余裕があるわけではありませんが、軽量かつコンパクトなボディのおかげで、走りのポテンシャルは高く、キビキビとした楽しい走り心地を実現していました。リア駆動独特の後ろから押し出されるような感覚や、車両前方が軽いことによる独特のハンドリングが気持ちよく、一般的なFFコンパクトカーでは味わえない乗り味が楽しめます。

 足周りのセッティングも秀逸。フランス生まれというだけあり、パリの旧市街でみられるや石畳で荒れた路面や狭い小道も快適に走りながら、アベレージスピードが130km/h程度にもなる郊外の高速道路も快適に走ることができるようセッティングされているので、安定感もばっちりあります。おしゃれなデザインながら、コンパクトカーらしからぬ走りも楽しめる、それがトゥインゴというモデルでした。

トゥインゴはパリのどんな景色にも溶け込む。もちろん日本の大都市や郊外にも不思議にマッチする

新型の登場は2年後か!??

 そんなトゥインゴですが、冒頭でも触れたように、実はすでに次期型モデルの姿が明らかになっています。ルノーの新会社であるアンペアが、2023年11月に「トゥインゴレジェンド」というコンセプトモデルを発表したのです。アンペアはBEV製造に特化した会社ですので、つまり4代目のトゥインゴはバッテリーEVとして誕生するということ。初代を彷彿とさせるデザインの4代目トゥインゴは、これまた人気が出そうな予感。このほかルノーは、往年の名車である「5(サンク)」の名を与えたコンパクトBEVも発表しています

 4代目のトゥインゴは欧州市場で2026年ごろにデビューとのこと。日本市場にはさらに一年後となる2027年あたりに導入されると予測しています。登場まであと2年、どのような内容に仕上げられるのか、登場が非常に楽しみです。

2023年11月15日にルノーのBEV用の新会社「アンペア」が発表したコンセプトモデルの「トゥインゴレジェンド」。ヘッドライトや丸型アウタードアハンドルなど、初代のデザインが感じられる

こんな記事も読まれています

「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
「復活発売」までは間違いない新型プレリュードに「タイプR」は設定されるのか?
ベストカーWeb
威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
威風堂々! 18年ぶりフルモデルチェンジのセンチュリーに試乗したテリーさんが「つくづく思ったこと」【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
電気自動車で復活する(!??)新型マーチはどんなクルマになるか妄想してみた
電気自動車で復活する(!??)新型マーチはどんなクルマになるか妄想してみた
ベストカーWeb
3代目[プレリュード]人気爆発に納得!! 何故か3代目がハンパなく良かった国産車たち
3代目[プレリュード]人気爆発に納得!! 何故か3代目がハンパなく良かった国産車たち
ベストカーWeb
三菱から消えたのは惜しかった……伝統のコンパクトカー[ミラージュ]はなぜ44年の歴史に幕を閉じたのか?
三菱から消えたのは惜しかった……伝統のコンパクトカー[ミラージュ]はなぜ44年の歴史に幕を閉じたのか?
ベストカーWeb
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
え、軽なのにセルシオ並のシートってマジ!? 超絶斬新だった[ソニカ]が鳴かず飛ばずに終わったワケ
ベストカーWeb
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
初代キューブに触発!? キャパってコスパ最強じゃない!? 
ベストカーWeb
日産はなぜ日本で出さない? 早く乗りたいVCターボ!! 中国仕様[パスファインダー]試乗したらスゴかった
日産はなぜ日本で出さない? 早く乗りたいVCターボ!! 中国仕様[パスファインダー]試乗したらスゴかった
ベストカーWeb
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
元ホンダ社員も驚き……なんとサイズアップしてきた[新型フリード]! 果たして吉と出るか凶と出るか? 実はライバルのシエンタと逆張り!?
ベストカーWeb
もし今あったらけっこういいかも!!……[珍車]から[名車]まで!! [異端児]と呼ばれたクルマ5選
もし今あったらけっこういいかも!!……[珍車]から[名車]まで!! [異端児]と呼ばれたクルマ5選
ベストカーWeb
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
可憐な[カレン]を知っているか! ST200系セリカの兄弟車は端正なフロントマスクのノッチバッククーペだった!!
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】新しいプレミアムSUVスタイルを提案したスカイラインクロスオーバー!
ベストカーWeb
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
試乗プレイバック いいクルマだった!! VWゴルフVIIはクラウンより乗り心地がよかったのはウソ偽り誇張じゃない!!
ベストカーWeb
クラウン エステートの登場間近でブーム再来!? 一時代を築いた[ステーションワゴン]
クラウン エステートの登場間近でブーム再来!? 一時代を築いた[ステーションワゴン]
ベストカーWeb
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
トヨタ[新型FRスポーツ]爆誕!! 車重1トンちょいの超絶楽しいクルマ[S-FR]は2026年に登場か!?
ベストカーWeb
なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
なぜホンダは日本で売らないのか? [インスパイア]PHEVは乗り味滑らかなFFサルーンに仕上がっているのに!!!
ベストカーWeb
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
70年代のクルマは真っ直ぐ走らない!? 高レスポンス[セリカ リフトバック2000GT]がカッコ良すぎる!
ベストカーWeb
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ホンダの[英断]がマジで凄い!! [SUV販売トップ]のヤリスクロス超えなるか? 300万円以下コンパクトSUVを徹底比較
ベストカーWeb

みんなのコメント

2件
  • tos********
    よほどネタに困ってるんだね。
    つまらん、憶測だけの、意味のない記事だ。
  • BPM4403
    ごみのような記事。
    マスタングにしろ”完全に新しいデザイン”を生み出すこともせず、原点回帰だの先祖返りだのしているデザインで出してくることこそ愚の骨頂。
    そんなものを”おしゃれで大人の車”などというなんて、どうしようもなくセンスがない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.0289.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.9290.4万円

中古車を検索
トゥインゴの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

250.0289.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

49.9290.4万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村